話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Lv.1なのにLv.MAXよりステ値が高いのはなんでですか? 〜転移特典のスキルがどれも神引き過ぎた件〜

ニムル

ちょっとオーバーキルじゃないですか?

「あっははははは、オラオラオラァ、どうしたよォ、さっきまでの威勢はよォ!」

「ちょっと、どこの悪人ですかそのセリフ」

 あれま、ミツアキに突っ込まれてしまった。しかし俺は止まらない、人の怒りは簡単には止まれねぇ!

 周囲の水分を根こそぎ吸い取ってどんどん魔力に変換、その魔力で水分を吸い取っての繰り返しをしつつ、時折現れ敵共に炎熱の一撃を食らわせて焼失させる。

 まぁ、なんてお手軽な作業なんでしょう、先のイースベルとの戦いの時にこれを考えついていれば、あんなに面倒くさい思いせずに済んだのにね。

「さぁゴミ共死に晒せェ!」

「どっちが人類の敵ですか、全く」

 ミツアキに小声で叩かれながらも、ただひたすらに両手の付与魔法を発動させて周囲の状態を変える。相手に適していてこちらに適していないフィールドだというのなら、まずフィールドから作り替えてやる。

「……はァ、うちのご主人は一体何をやってるのかしら……」

「なんかよくわからないところでキレてます。情緒不安定すぎません? あそこまで色々ひどいと人としてどうかと思うんですが」

「まぁ、一人の人間があれだけの力を持ってしまった時点で人間はやめてるわよ。力に溺れてないとか思ってるつもりだったろうけど、いざ生活していくのに力がないとまるでダメなんだから」

「ねぇ、シルティスさん聞こえてるよ!? 流石にちょっと辛辣すぎないかなぁ!?」

 増援に来てくれたかと思ったら悪口ですか、そうですか。あ、ミツアキ、後で覚えてろよ。まるで人間の仕打ちとは思えないくらいにズタズタにしてやるから。

「とりあえず今はそのことは置いといて、ご主人、これ持ってきたわよ」

 そう言うと、シルティスは俺のいる場所に向かって紅羽と黄羽を投げてきた。

「おー、さんくす」

 両手の付与魔法を一時的に解除して双剣を受け取ると、更にその双剣に付与魔法をもう一度かけ直す。

 やはりと言うべきか、何か物に付与魔法をかける方が性能は安定するようで、両拳に付与魔法をかけていた時よりも出力が10倍ほど、燃費が3分の1程に減ったようだ。

 ねぇ、そういうこと体でわかるようになってきた俺ってすごくない? あ、別にナルシストなんかじゃないんだからねっ!

『な、なんなのよ、あの化け物……私たちに勝てるわけないわ!』

『5号、5号! お前の魔法であいつの動きを止めるんだ!』

 あわてふためくイースベルたちの声を遠くに聴きつつ、炎熱属性を持った剣を大きく空に向かって振る。

 一気に気温を上げられた雲の中の水蒸気は、行き場を失ったと言わんばかりに唐突に大粒の雨となって地に降り落ちてくる。

「さぁもう1発!」

 先程振った剣とは異なる剣で今度は自分の周囲360度を大きく薙ぐ。

 土属性と水属性を同時に付与された黄羽は、水を吸い込んだ瞬間に魔力に変えていた拳のようなら段階をふむことなく、斬撃の風が届いた範囲の雨全てを、一瞬にして俺の魔力へと変換した。

『親愛なる我が娘達よ、そのものを何としてでも抑えなさい! 殺害も許可します!』

 戦闘を始める前に聞こえた、魔王と名乗った奴の声がもう一度周囲に大きく響き渡る。何かのあん時でもかかったかのように、宙を飛ぶ魔法使いの群れとイースベルたちは、俺に一斉に氷の魔法をかけてくる。

 流石にこうなると全方向避けるのはめんどくさいんだけど、さっきから音が聞こえてるから大丈夫そうだ。

「俺のことを忘れてもらっちゃあ困るぜ」

 ほら来てたわ、1番面倒くさいけど、対イースベルに対してはチートだったトンデモ野郎が。

「『善悪隔てしラスト・神の大聖火ジャッジメント』」

 背後から聞こえたその声に反応し、空から赤々と輝くマグマのようなものが垂れ落ちてくる。

 俺の体にも当たったが不思議と痛みや熱さはなく、むしろ体が休まるような気さえした。

 一方、飲み込まれた魔法使い共やイースベルは、最初こそ雄叫びをあげていたが、しばらくするとその声も消えて、敵感知のスキルにも反応がなくなっていた。

「『ゾロアスター』に加えて『神の審判』と来たか。どこのゲームのチートキャラだよ、ヤン兄。てか、ヤン兄暴走した時悪神の方じゃんかよ、姿」

 いろいろ突っ込んでみたけれど、そもそも、後方とは言ったけれど近くはなかったので聞こえなかったようだ。

 それにしても、『魔力喰らい』、チート過ぎない? 敵認定されて万全の状態でこられたら俺勝てないかもね、ちょっと舐め腐りすぎてたわ。

「おいおい、歴代最強の勇者さんよォ、これくらいチャチャッと片付けろよ」

「何ニヤニヤ煽ってきてんだ、ヤン兄のクセして。てめぇまた暴走させられてぇのか? あぁ? お前への信頼なんて、俺の心境しだいで一瞬で変わるんだぞ? 肝に銘じとけクソ雑魚が」

 あー、なんかもういいや、あいつやっぱ嫌いだわ。

「ご主人、説明も聞かずに外に出てっちゃうから何事かと思ったわよ」

「あの引きこもり状態でもなお説明を続けてたのかね、君は」

「もちろんよ、それこそ外にイースベルがいるということををエルンが教えてくれたんだから、どうやって倒すかの作戦会議的なものをするところだったわよ」

「その教えて暗た当の本人はどうしてる」

「あの子にはキャンプ地を守らせてるわよ、あのこの能力だとイースベルたちに不利だし、戦い向きの力じゃないから」

「最初にあった時はバリバリ戦闘タイプだと思ったんだけどな?」

「まぁ、その理由はおいおいね」

 その後、シルティスに色々と話を聞きつつ、周囲からマグマがすべて消失したのを確認して俺たちはキャンプ地へと徒歩で戻っていくのだった。

「Lv.1なのにLv.MAXよりステ値が高いのはなんでですか? 〜転移特典のスキルがどれも神引き過ぎた件〜 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く