話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Lv.1なのにLv.MAXよりステ値が高いのはなんでですか? 〜転移特典のスキルがどれも神引き過ぎた件〜

ニムル

付与魔法って便利すぎませんか?

 おいおい、やっと数が減ってきたと思ったらあんたらが手出ししてくるのか……しかもイースベルが4人?

 ……ちょっと頭おかしいんじゃないのかな。属性有利で勝てれば良かったけど、氷の剣に炎なんて付与したら溶けて武器がなくなってしまう。

「おいミツアキ! 雑魚は全部任せていいか!?」

「了解、ただ、こちらも長くは持たないんで早めにお願いします」

「わかった」

 あちゃー、長く持たないのかー。まぁ、これだけ派手にどんちゃん騒ぎをしていればキャンプにいるシルティスとヤン兄は気づいてくれるはずなので、いずれは加勢に来てくれると思うのだけれど。

『んー、僕達に勝てると思ってるのー?』

「そりゃ思ってるさ」

 1番近くにいたイースベルに返答をする。どうやらあいつの複製というよりは別個体のようだ。まだはっきりとは分からないけれど。

「ハァッ!」

 とりあえず風を使ってイースベルの頭上に飛び、氷の剣で上から突き刺そうという算段だ。

『そんなに甘く行かないよっ!』

 そう言うと、イースベルはスライムのように軟体を大きくその場からずらしその場に氷の剣山を作る。

 俺の防御力と回復力的には無傷だけれど、相手の間合いに入るというのがどうにも危ない……一か八かだがやって見るか?

 拳に炎と熱の2属性を付与する。付与魔法が無機物の物体にしかかけられることがないのは、有機物、主に生き物に属性を付与するとすぐに壊れて使い物にならなくなってしまうかららしい。

 こういう時こそ俺の持つ耐性スキルの出番だろう。幸い、死にそうになってもまた途中からやり直せると考えれば気が楽だ。

 ミツアキが耐えてくれている間になんとかこの戦いを終わらせなくてはならない。

「右手拳に付与……」

 付与魔法を空中で発動させると、周囲の温度と空気、そして吹雪というに反応してか、しゅうしゅうと音を立てて蒸気があたりに充満する。

「つっ……」

 付与をした右手を今までに感じたことのない熱さが、まるで俺の腕を焼き尽くすと言わんばかりに痛みを与えてくる。

 おいおい耐性スキルさんや、仕事してくれませんかねぇ……だいぶ痛みは引いてきたけど、最初から仕事してくれないと俺の体が持たない。

「オラァ!」

 今までに叫んだことのないような雄叫びをあげて、思い切り剣山を殴って溶かす。

『付与魔法:熱属性の経験値がMAXになったため、炎属性と合成し、炎熱属性を習得しました。
付与魔法:氷属性を習得しました。
付与魔法:溶解属性を習得しました。
付与魔法:溶解属性の経験値がMAXになったため、腐食属性を習得しました。
付与魔法:破壊属性を習得しました。
付与魔法:土属性を習得しました。
付与魔法:風属性を習得しました。
付与魔法:霧属性の習得条件を1部満たしたため、優先的に水属性を習得しました。
付与魔法:霧属性を習得しました』

 なんじゃこりゃ、久しぶりにアナウンス流れてきたと思ったら長いな、聞くのめんどくさいから後で確認な。

 お、これは使えるんじゃないか?

 土属性と水属性。このふたつをうまく使えばイースベルの体から水分を抜き去って、幾分か戦いやすく出来るかもしれない。

 たしか浸透率とかいったか。あれを使えば行けるだろう。多分! 多分、ここ重要、テストに出るぞ、俺の多分って言葉を聴き逃してはいけない! できないことに100%の肯定をしないのが俺流だ。

 とりあえず右手に土属性、左手に水属性を追加で付与する。なぜ追加かというと、周辺に多くの水、もとい雪が残っているのでそれを溶かして気化してしまった方が楽だと考えたからだ。

 相変わらずスライムみたいな気持ち悪い軟体の体をうねうねと動かしてこちらをニヤニヤとしながら見つめるイースベル。どうやら個体は違っても基本的な気色悪さは変わらないらしい。

 大きく地面に突き出した拳が、炎熱属性と相まって周囲の水を吸収していく。その吸収した水を、水属性の付与で俺の魔力へと変換。あれ、なんだこれ、豪雪地帯や水が豊かな土地だと、この魔法って半永久機関になるんじゃなかろうか。

『へぇー、色々な魔法が使えたんだねー』

「何を当たり前のことを……」

 どうやら俺は相当舐められていたらしい。あいつらの仲間1人酷くぶっ倒してるんだけど、それでも舐められるのかよ。なんかちょっと癪に障るぞこれ。あ、キレるかも……キレるわ、もう疲れたからさ、早く終わらせたいんだよね。

「しにさらせぇぇ!」

 俺みたいな情緒不安定なヲタクソ野郎を相手にするなんて部が悪かったようだな、妄想癖といらない知識を12分に使ってお前らのことをボコボコにしてやんよォ!

 地面伝いに、1番近くにいた俺をキレさせたイースベルの水分をすべて抜ききり、炎熱属性で抜け殻のように残ったその薄い膜を焼き消す。

 あっれれぇー、おっかしいなー、君たちそんな簡単に倒されるようなやわな奴らだったっけ〜?

 もう腹たったからとことん煽り倒してやるよ! まぁ、頭の中でいくら考えてても実際に喋る余裕はないんだけどね!

 さぁ、次だ次! てめぇら全員末代まで命はないと思えよ!? 心身疲弊気味のヲタクソ野郎の理不尽さを思い知りやがれ!

「Lv.1なのにLv.MAXよりステ値が高いのはなんでですか? 〜転移特典のスキルがどれも神引き過ぎた件〜 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー191157

    あっれれぇーのとこコナンやw

    2
コメントを書く