話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Lv.1なのにLv.MAXよりステ値が高いのはなんでですか? 〜転移特典のスキルがどれも神引き過ぎた件〜

ニムル

打倒魔神軍ってスケール大きすぎやしませんか? 3

 自分の記憶なんかよりもはるかに密度が濃く、それでいて膨大な量のシルティスの記憶の中で、重要そうな部分を一つ一つ手繰り寄せるようにして自分の中に収めていく。

 本来ならばそんな意識もなく、心そのものが完全に同化してしまうのだが、今回はそれをシルティスが激しく拒んだようでこちらが一方的に記憶を引き出すことができるという不思議状況に陥っていた。

 ところどころ鍵がかかったかのように閉ざされた記憶があるのだが、よく覗いてみるとそれはどうやら最近の記憶であり、パッと見今回の件には関係がなさそうだった。

 閉ざされた記憶の中から時折漏れてくる声は、まさになにかに甘える猫なで声のようであり、聞いていて心落ち着くものではない。

『お兄ちゃんっ♪』

 ……塞がれた記憶の端から、人そんな声が漏れた。瞬間、なにかが大きく音を立てて崩れる音が聞こえた。シルティス本人が漏らすまいと必死になって隠していた記憶も、やはり『シンクロ』の力の前では無力なようで、完全には塞ぎきれなかったらしい。

『あ、あぁもう好きにして!』

 ヤケになったシルティスが、記憶の開閉の主導権をすべて俺に委ねた。今更そうするのなら最初からそうして頂けるとありがたかったんですが?

『……うー……』

 何も言えない、という感じで。しかしすこぶる怒っています、という意思を思い切りこちらにぶつけてくる。

 プライベートは見ないにしても重要なとこほだけ抜き取るのは至難の業なのですけど?




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




 ……何とか必要な記憶を見つけながら、現在の状況を把握し終え、シンクロもちょうど解けた。

 ……シルティスよ、自分にとって都合が悪い記憶は勝手にでも俺にシンクロして消しなさい……さ俺も色々見たかないものを見てしまった……俺はお前がそんなやつだとは思わなかったよ……

 シルティスが俺に対して抱いていたのは家族の、それも兄妹のそれだったが、俺にそんな趣味はない。妹はいらないな、出来ればヲタトークができる弟が欲しい。

 そんな俺の思考を読みとってか否か、シルティスは先程からこちらを睨んでは「シャーッ」と、猫のようにガン飛ばしてくる。

「あぁもうわかったわかった、もう無理矢理シンクロはしないし、変に色々探ったりしないから」

 なぜ俺が下手に出ているのだろう。女子はいまいちわからんな。

「次やったらもう許さないから……」

 それだけ言うとそそくさとキャンプの中に入っていってしまった。

「あそこまであの子を怒らす人は初めて見たよ」

「割としょっちゅう怒ってると思うんだが」

 あってからご主人ご主人と呼ばれる割には、俺が叱られる立場なきがする。

「……あー、君すかれてるんだn」

 その瞬間、それは空をヒュンッと音を鳴らして横切った。

「エルン、余計なことは言わなくていいのよ……」

 漫画ならばゴゴゴゴゴゴゴゴゴと間違いなく物騒な擬音が当てられそうなほどに、シルティスのいる場所がどす黒く見える。

「今日は最初から何もなかった。いいわね?」

『は、はい……』

 テントの入口から圧倒的貫禄でこちらを見つめているシルティスに、一同全員で必死の返事をする。

 先ほどと飛ばされてきた氷の刃は、見るも無残に粉々になっていた。俺が握って相当な硬さだと思ったので、一体シルティスがどれくらいの強さで投げたのか、少し恐怖を感じる。

「……あー、俺ちょっと外回りしてくるわ……


 そう一言残し、俺は周囲の状況を見張りつつ今後のことを考えていた。

 打倒魔神軍、そんな目標を掲げている魔族の集団がいるだなんてことは明らかに予想外だったし、シルティスがそんなことをしていたというのも予想外だった。

 この手のジャンルのゲームを多くこなしてこなかった俺にとって、今までやってこなかったことが大きく裏目に出たということだろう。

 この先の展開が全く読めないのだ。

 このあとどうなるか、なんてことは、今まである程度予想がついていた。しかし、今回のイレギュラーなじたいあの発生から何もかもが大きく一変している。

 【打倒魔神軍】、面倒くさいことに片足を突っ込んでしまったなぁ……あぁ、早く家に帰りたい……

 それにしても周りが静かだな。夜だからだろうか、来る時には聞こえていた動物達の何声もすっかり消え失せている。

「!?」

 唐突に敵感知に何かが引っかかる。

 先程シルティスとシンクロした時に自動的に発動をしてたらしい。周囲に敵がいなかったので気が付かなかったが。

 ……後方から向かってくる2つ、左斜め前方から向かってくる1つ、右斜め前方に動かない敵影が1つ。パーティースタイルか。面倒くさい……

 紅羽と黄羽もないし、ここはとりあえずさっきの氷で急造の剣でも作って戦うか。

「Lv.1なのにLv.MAXよりステ値が高いのはなんでですか? 〜転移特典のスキルがどれも神引き過ぎた件〜 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く