話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Lv.1なのにLv.MAXよりステ値が高いのはなんでですか? 〜転移特典のスキルがどれも神引き過ぎた件〜

ニムル

つかの間の休息のようですが?

 目が覚めると、何故かテントの入口にはつららが出来ていた。

「どうやったらこんなもんできるんだよ、一晩で」

「ここはいつもこんなものですよ」

 同じテントで寝ていた若い、恐らく10代くらいであろう整った顔立ちの兵士がそう答える。

「我々としてはあのバルトラの荒野に行った格好そのままでこちらにいらっしゃるという御三方に、少し異常性を感じるところです」

「こっちに来てから初めてまともな人を見た気がするよ……残念ながら服のことまで考えられてなかったみたいで、追加の荷物になかったんだ……」

 初めて話す同年代と同じような対応でさりげなく返すと、

「まぁ、ここにいらっしゃる老兵の皆様は少々頭がぶっ飛んでいらっしゃるところがありますからね、自分たちのものと勘違いして着ているかもしれませんね」

 と言って、寝所においてあった刀を引き抜いてつららを降り始めた。

「すみませんが、お暇なら手伝っていただけませんか? 朝のこの作業は少々手間でして」

「ああ、分かった」

 枕元に束ねておいてあった紅羽と黄羽を構え、軽く振り落とす。

「……よくそんな重たいもの振って、こんな硬い氷全部折れますね……」

「……まぁ、一応勇者だからね」

「一応勇者とかいうレベルじゃないですよね、それ」

「ほかの勇者のレベルをよくわかってないからねぇ」

「……はぁ」

 呆れたようにこちらを見て、ため息をつく彼。

「度を越した強さは人を間違いに導きます。ゆめゆめ自信がただの人間であることを忘れぬようにと僭越ながら言わせていただきます」

「結構辛辣だな……」

 いやまあいいんだけど、初めて話すようなやつにそんな事言われてもね。

 だってこのテントで寝てねって言われた時には既に君寝てたから昨晩話すとかできなかったし。

「そういう風になった人間を1度見ているので、あなたにそうなって欲しくないだけです」

「……とりあえず君からの素直な心配の言葉として受け取っておくよ」

「君じゃなく、ミツアキとフランクに及びください」

「ミツアキ?」

「ええ、転生者です。あちらでの名前、と言っておきます」

 そう言い残すとその場を去っていったミツアキを目で追いつつ、この世界には転生者って奴らもいるんだな、とこの世界に来て久々に得る新しい豆知識のようなものに感心していた。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




「いいのか? あんなふうに冷たく当たっても」

雪花せっか、その状態で話すなって……」

 少年が腰に下げた刀。西洋甲冑には明らかに似合わない和柄の刀がそこにはあった。

「じゃが、光明がここでは人化しちゃいけんって言うから……」

「ここで変なふうに見られたら俺が職を失うんだよ……」

「むぅ、ちょっとくらい構ってくれてもいいじゃろ!」

「あぁ、はいはい。今度の休暇の時にな」

「そのセリフ40回目じゃ! 何回言質取らせれば気が済むのじゃ!?」

 そこにあったのは、かつて異なる世界で世界を救ったものの成れの果てと、その愛刀であった少女の姿だった。

「もうっ、この世界には神様も成爲も、ホノカもフィナもいないのじゃぞ!? 光明とわしの2人で来ておるのに現地で仲間を作ることすらもする気は無いのか?」

「あの世界は成爲さんが何とかしてくれた。俺が人柱になってすべて終わったんだよ。他のみんなまで巻き込むわけには行かない」

「じゃが、ネオンワールドは……」

「あぁ、ここから1番近い。だからこそあいつらの復活はここで食い止めなくちゃあ行けないだろ? そのためにもエスメラルダの暴走は止めなきゃいけない」

「……」

 深刻そうに会話を続ける少年と刀。しかし、そんな少年の異様な光景を誰も気に止めることはなく、ただただベースキャンプのいつもの1日がすぎていくのだった。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




『ねえー、みんなー』

『ん、なぁに?♡』

『あの人間だよねー、多分ー』

『ん? ああ、1号を殺したやつのことか』

『そうー』

『人間のくせに強そうねぇ♡』

『どうだ、『魔力感知』にはなにか引っかかったか?』

『一人の人間の魔力がね、私たちのところよりも遠くまで届いてるわ♡』

『……ほう?』

『これは久しぶりに食べがいがある子が来たかも♡』

『一人でやるのはさー、危険じゃないー?』

『……んなもん、みんなまとめてぶっ潰せばいいだけだ』

 ベースキャンプが麓にある山の頂上で、イースベルたちがエイジについての会話を交わす。

 その会話は、北の魔王軍と遠征隊の戦いの火種となるものだった。魔族なのに人間の魔力が感知できるのは、魔王に作り出された存在だからこそその能力を付与されたと言わざるを得ない。

 人間を倒すためだけに作られた殺戮兵器。魔王自らが赴かなくともいいようにと白の周囲に配置された五体の守護獣。

『バルトラが王紋を失くしたからな、流石に同時期に2つの王紋の喪失はまずいだろう』

『いやあねぇ、いくらなんでもそんなことは無いわよ♡』

『そうそうー、いくら強くてもあの人は倒せないよー、かーいさ満点だもの』

『……』

 自分を生み出した母のことを完全に信じきっているイースベルたち。

 8人の魔王の中でも序列は7位ながら、その類まれなる知力と美貌で多くの勇者を屠ってきた稀代の魔女。

 そんな母が倒される可能性を考慮することが出来たのは、5号のみ。

 後に彼女ら全員の考えが大きく外れることは、この時はまだ誰も知る由もない。

『うふふ、美味しく食べてあげる♡』

 嬉しそうに体をプルプル震わすその姿は、まるで風前の灯火のように、自らの終わりをその身で表しているかのようだった。

「Lv.1なのにLv.MAXよりステ値が高いのはなんでですか? 〜転移特典のスキルがどれも神引き過ぎた件〜 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • みな

    最初の方でルビが上手く打てていないと思われる箇所がありました。

    世界 ほし のところです。

    2
コメントを書く