話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Lv.1なのにLv.MAXよりステ値が高いのはなんでですか? 〜転移特典のスキルがどれも神引き過ぎた件〜

ニムル

健太郎さんどうしたんですか?

「エイジどのぉっ! あ、あれはどういうことなのです……ダンジョン内のありとあらゆる壁が傷つけられ、最下層まで我々は1度も魔物と遭遇することがありませんでしたぞ!」

 洞窟からヒィヒィいいながらはい出てきた鎧姿の3人組。そう言えば昨晩洞窟にあの3人入ってったけど、そんなに登ってくるのに時間がかかるようなところだろうか? ワープを使えないなんてことはないと思うのだが……

 それにしても、あー、あの人たちほんとに最下層まで見に行ったんだー。てか、あんと俺の実力を見て危ない仕事頼み込んできたんじゃなかったんですか? ちょっと信頼されてなかったことに幻滅。後でボコっちゃおうかな!

「まぁ、さんざん魔物湧かないようにしてきましたからね。それの何か問題でも?」

「問題多ありです! ここで勇者達の訓練をしようと思っていたのに、このようなことになるとは……」

「そんなこと言わても、こちらにあなたが教えてきた事前計画にそのようなものはありませんでしたから」

「うっ……」

 まるでおしいところを疲れたとでも言いたそうに、こちらを恨めしく睨む騎士団長。

「……その点に関しましては申し訳ございませんでした……」

 なんなんだろう、この人。団長のクセに脳足リンなのかな馬鹿なんだね。

「暴帝さまぁ……もっ、もうやめてくださいよぉ……」

「ふぉっふぉっふぉっ、ここがいいんじゃろ? ここしかないんじゃろぉぉぉぉ!?」

 久しぶりにシルティスたちのじゃれ合い中のセリフがあたりに響き渡る。

「な、なんと卑猥な!?」

「はい、家の隷属魔物達がお取り込み中なのでさっさと帰ってください」

「……行きますよ、二人共」

「「はっ」」

 なんか騎士団長の目がキラキラしていた。危ないものに目覚めてしまったかもしれないな、王国の勇者たちが同人誌即売会を始めるのもそのうちだったりして。

 朝食を食べ終えて腰を上げた頃には、疲れ果てたマキナと以上に肌ツヤのいいシルティスが寝袋の上に横たわっていた。

「……おい、そろそろ出発するから移動の準備しとけー」

 はい、もう何も驚きません。人数が増えた件に関してもノータッチ、戦力が増えた程度のプラスの思考で行きましょう。

「……ぼうてぇいしゃまぁぁ……」

「うふふふ、かーわいっ!」

 ……いいからもう支度してください、3次元でその花を咲かせるとちょっと生々しいんだよ。

 すっかりお楽しみなシルティスを横目に、男3人は旅の準備を進めるのだった。




◇◇◇




「さぁ、そろそろ出るか。団長たちが追いついてるってことは俺らが相当遅いペースだったってことだろうからなぁ」

 ヤン兄がそういうが、あいつらが早すぎただけだと思う。だって俺たちは元ここに来る予定がなかったとはいえ、ベースキャンプに滞在していない分かなり時間的余裕があったはずなのだ。

 絶対王国のヤツらなんか馬車よりいいもん隠し持ってたぞ、こら。

 なんやかんや言いながら出発の準備を終わらせ、ちょうど出るという時に、洞窟の方から走ってくる一段が現れた。

「おーい、エイジー! どこ行くんだよ?」

 先頭を走るのは、我らがクラス委員の健太郎。

「どこ行くって、騎士団長に頼まれたことをやりに行くだけだけど?」

「は? 頼まれたこと?」

「おう。魔王たちの偵察」

「……」

 口を大きく開けて唖然としている健太郎。大体のことは聞いていたのだろうが、やはり俺の口から聞くとポカンとしてしまうのだろう。俺自体そんなことをやるキャラじゃあないからな。

「じゃ。俺らもう行くからさ。お前も頑張れよ」

「お、おい、ちょっと待てよ。なんでお前がそんなことを……」

「なんだよ、俺は早く魔王共をぶっ飛ばして元の世界に帰らなきゃいけないの。その為になら偵察でもなんでもするさ。そういうことだから早く行かせてくれない?」

 なにが言いたかったのかはわからないが、健太郎は何かを言おうとしてやめた。

「じゃあな、久しぶりに会えてよかったよ」

 俺はそう一言だけいうと、そのまま次の目的地である西の魔王のダンジョンの方に向かう。

 先に止めてあった馬車にいつものように乗り込み、コウジが御者台に座って馬たちに目的地を伝える。

「……またか、またなのか……俺は何度エイジに先を越されればいいんだァ! 兄としてのメンツが立たないだろうがァァァ!」

「……何言ってんだ、こいつ」

 ヤン兄が冷めた目で的確なツッコミを入れている。ほんと、何言ってんだ、こいつ。

「ま、まってくれよ、弟よ、俺も冒険に連れて行ってくれないか?」

「いや冒険しないし、そもそもお前俺の兄貴じゃないだろうが。俺は長男だわ」

「うぐっ……」

「ケンタロウ殿、何をしておられるか!」

「ほら、お迎えが来たぞ」

 健太郎の後方から全力でダッシュしてくる1団。え、なにあの馬、飛んでね? てか早くね?

「さぁ、王国に帰りますぞ。国の地下に保有していた人工の低レベルのもので申し訳ないが、そこで実践訓練をしていただきます」

「くっ、エイジっ! お前のその辛い試練は、兄ちゃんが何とかしてやるからな、まってろよぉぉぉお!」

 騎士団長の小脇に抱えられ連れ去られた健太郎は、悲痛な叫びをあげながら遠い空に飛んでいき、最終的に見えなくなってしまった。

「……キモかったな……」

「……あれみたいなのをホモっていうのか?」

「……俺にはわからない次元だ」

 ヤン兄にホモについて詳しく聞こうとして見たのだが、やはり詳しくないらしい。

 脳内が百合レズで汚染されたあとのオスのやばいやつの出現は、いろんな意味でかなり応えた。

「……もう出発していい?」

 複雑な顔で俺のことを見つめるコウジ。やめてください、情の目を向けるのはっ!

「あんなやつじゃなかったと思うんだけどなぁ……」

 走り始めた馬車の中、地球にいた頃の健太郎を思い出し、どうしてああなってしまったのかを真剣に考えてしまった




◇◇◇




「おおあえおエイジぃぃぃぃ!」

「ケンタロウ殿、うるさいですぞ!」

「わがこころのおとうとよぉぉぉ!」

 エイジがドン引きしているとはつゆ知らず、当の健太郎本人は騎士団長に抱えられたまま、エイジへの愛を叫び続けていた。

「俺の弟は、おれがまもるぅぅ!」

「……私、なんでこんなやつ好きだったんだろう……」

 隣を走っていた愛菜はそんな彼の姿を見て、これからは相手の性格をちゃんと見ようと思ったそうだ。

 風が強い王国の上空で、小脇に抱えられながら暴れる健太郎。到着直前に王宮の時計塔に向かって勢いよく落ちていって大怪我を負ったのはまた別のお話。

「Lv.1なのにLv.MAXよりステ値が高いのはなんでですか? 〜転移特典のスキルがどれも神引き過ぎた件〜 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く