話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Lv.1なのにLv.MAXよりステ値が高いのはなんでですか? 〜転移特典のスキルがどれも神引き過ぎた件〜

ニムル

シルティスさんが幼児化していくのはなんでですか?

 西のベースキャンプを目指して、街道という名前のただの草のない地面を馬車で進む。

「ねぇ、ご主人。ステータスちゃんと確認した?」

「ん? あぁ、したよしたした……」

 突然に俺の袖を引いて話しかけてきたシルティスを適当にあしらいながら、俺は車内で本日分最後のパンを食べ終える。ちなみにシルティスの俺の呼び方を『ご主人』にしてみました。この世界で萌え成分を作り出そうとしたんだけど、何かが違う……さすがに無理があったわ……今更だけど。

「ステータスと言えば、そろそろか」

 道中何度か魔物に襲われたことがあったのだけど、殴ったら消滅して経験値に変わりました。わーい、たーのしー! レベルアップしても限界は見えているので、ていうかヤン兄という実例が近くにいるので、さっさと『自決』でLvを1に戻します。

 んじゃ、みんな、ちょっと死んでくるわおやすみなさい

「んぷっ、う、うぐっ……」

 意識を失う間際、真横にに座っていたシルティスが血を吐いて倒れた。

 ……え?




◇◇◇




 目覚めたのでステータスの確認。何か忘れてる気がするけど、後でいいか。


『【ステータス】
速水(ハヤミ) 映士(エイジ)   (17)
Lv1(13D(死亡回数))
体力:9780000/9780000
魔力:1980000/1980000
攻撃:2890000
防御:1210000
魔攻:1145000
魔防:1419000
知能ランクSS
(契約魔物のスキルを2分の1の力で扱うことが出来る)

《契約魔物》
シルティス・ゲオルギウス   (72)
Lv1(1D)
体力:970000/970000
魔力:108000/108000
攻撃:920000
防御:872000
魔攻:198100
魔防:724500
知能ランクS
(主人に対する一切の攻撃手段を持たない)
(主人が許可したスキルのみ共有可能。効力が数値化できるものは5分の1の効果に限られる。
主人の『超再生』時、自身にも無条件で『超再生』が行われるため強制的に死亡する)

《自身所持スキル》スキル数〈1000〉
・『極運』→運気が常に最大になる。

・『超再生』→超再生(死んだ後に10分1の確率で蘇る。基本的にはステータスが死ぬ前の2倍になる。死ぬ前に得た経験値量が1以上1000以下だと、いずれかのステータスを2乗する事がある。ただし、蘇るとレベルが1になる。

・『超回復』→10秒につき体力が3000回復する。

・『超成長』→経験値取得量が常に3倍。

・『状況対応』→本来職業がないと行えないことを、一度見るだけで達人の域までに達することが出来る。

・『セラピスト』→触れるだけで相手の疲労度や状態を見ることが出来る。

・『シンクロ』→ランダムに毎回設定される条件を達成すれば、指定の相手と一分の間、一心同体になれる。

・『文化順応』→突然に環境が変化しても、状態異常などが起こることがなくなる。

・『想いの力』→大切なものを1つランダムで忘れてしまう代わりに指定したスキルの効果をその忘れたものへの想いの強さ分増加させる

ーーーーーーーーー(一部カット)ーーーーーーーーー

『コネクト』→五感に反応して、直感的かつ反射的に体を動かせるようになる。

『思考加速』→自分の思考を数倍に加速させることにより、時間が遅く流れているように感じられる。

『オーバーライト』→何かを強く思い込むことによって、それを現実にする。

『覚醒』→5分間、自身のすべて能力を極大上昇。しかし効果が切れると死亡する。この効果で死亡した場合、蘇生効果のあるスキルの発動確率を大きく下げる。

『被罪』→自分にとって不都合なことを一つを近くにいる誰かに強制的に負わせる。ただし、1日一回までそれ以上使おうとすると、一週間の間この世界の全ての罪に対する罰が自分にかかる。

『正偽判決』→指定した相手が嘘をついたとき、相手のステータスを全て奪い去って朽ち果てさせる。ただし効果時間は5分。発動中は発動者と指定された人物の攻撃、魔攻のステータスが一時的にゼロになる。

『自決』→自ら命を絶つ。初同時苦しみなく逝くことが出来る。蘇りの効果を持つスキルや魔法の発生倍率が5倍になる。

『ポジティブ』→自分にとって理のあることしか起きなくなる。

『全属性特攻』→全属性に対してダメージ率が6倍。

『神獣召喚』→魔力を80%消費する代わりに神や神獣をこの世に召喚する。

《契約魔物所持スキル》
『魔属性超特攻』→魔属性に対する攻撃が10倍になる。
『実態分身』→自分と同じステータスの分身を50まで作り出すことが出来る。本体が倒されてしまうとすべて消滅する』


 ……あ。




◇◇◇




「おぉのぉれぇぇぇぇぇぇ!」

 その小さな腕で俺の背をぽかぽか叩いてくるシルティス。

 ……やめてください、いくら小柄であろうともお前の攻撃力は案外馬鹿にならんのだよ……

「ちゃんとステータス確認してって言ったじゃないの、バカっ、バカっ! 恥を知れっ!」

「いやもうホントマジですみませんでした」

 俺がシルティスに対して超再生コンボのスキルたちの許可をしていなかったので、俺がいつものようにスキルを使った時に、彼女は超再生の発生時、強制的に死亡させられたらしい。

 復活したのは俺が死ぬ直前に無意識的に彼女に対して超再生とポジティブの許可を出したから、ということだそうだ。

 仕方ないよね。俺基本ゲームの説明書は読まないからさ。攻略本は読むことあるけど。

「めちゃくちゃ苦しかったわ……」

 そう言えば、初めてシルティスとあった時とだいぶ性格が変わった気がする。前はこんなに大騒ぎするような印象はなかったんだけど……

「ねぇ、ちょっと性格変わってない?」

「いや、だからそれはご主人と契約したからあなたのイメージ通りの性格に変わってるのよ……」

「……ふっ、冗談はよしてくれ」

 ……思い当たることしかない……嫁たちの妄想ばかりしていたのがたたって、彼女にそのしわ寄せがいったようだ……

 ついでに彼女に俺のスキルの使用許可を出す。もちろん全て。だって俺に対する攻撃はできないし、俺の命令には従順だからコウジ立ちを攻撃することはないからね。

「いやいやいや、全部OKって、何考えてるのご主人?」

「まぁ、俺なりの考えがあるわけよ」

「ふーん? 何も考えていないだけじゃなくて?」

 くっ、ちっこい癖に言いおるな、流石BBA。BBA、年季が入ってるだけに頭が回るのか。

「……今ババアって言わなかった?」

「……いえいえ全く、そのような事実はどこにもございません……」

 早くも主従逆転ですか? やめようよそういうの……

「まぁ、それならいいわ。ご主人、ちょっと」

「ん? どうした?」

「『一心同体』」

 あ。やべ、やられた、これ頭の中見られるやつや。待って、ロリババアと一心同体は精神的にきついからやめよう?

―へぇ? ババアって言ってないって言ってたのになぁ―

 ……は、はい12秒たったんだお!

「ちっ……」

 シルティスが、言わせたいことを言わせきれなかったという悔しそうな目でこちらを睨んでますがそんなことは知りません。何も言ってないから俺は謝りません。

「効果時間が5分の1になるから大して使えないだろ?」

 やられた時は大焦りだったけど、うん、そうだわ。俺の劣化だもの。対処方法わかってればなんとでもなるね。

「……うーっ!」

 俺の影響を受けまくっているのか、性格がかなり幼くなったシルティスがぽかぽかと俺の肩を叩いてくる。

 ……しかし肩たたきは俺にはご褒美なんだなぁ……毎日のようにPCに向かっていたせいで肩こりがひどいんだ。

「せいっ!」

「ぶふぉっ!?」
 
 背後から平手打ちを首にくらい、一瞬意識が飛んだ……やるな、こいつ……

「なにやってんのさ、2人とも。三谷チン起こしてよ、そろそろベースキャンプに着くから」

 御者台からコウジが、もうすぐ目的地につくのだと告げる。

「シルティス、ヤン兄を起こしてあげなさい」

「……あいあいさー」

 ものすごく怠そうにヤン兄のところに向かうシルティス。俺との決着がつかなかったことに苛立っているのだろうか?

「うぃ、おらおら、起きんかワレ!」

 そう叫びながら何度もヤン兄の腹に軽く蹴りを入れるシルティス。

 ……シルティスさんや、いくら面倒くさいからってそれは雑すぎやしませんかね? まぁ、軽くってところに死なないようにしてあげてる配慮が、まだ見えるからいいけども。

「さぁ、着いたよ!」

 なかなか起きないヤン兄をシルティスが蹴り続ける中、御者台からコウジが再び俺たちに声をかける。

 車内から少し身を乗り出して外を見ると、そこには淡いオレンジの光で照らされたテント群があった。

 しかし、どうも様子がおかしいのだが? 一切人の気配がない。

「おい、コウジ。なにかおかしくないか? 人の気配がなさすぎる」

「……だね。いつもなら必ず見張りの兵が5人以上は外に出てるはずなんだけど……さっきから馬たちも少し怯えてるんだ……なにかあったのかもしれないな」

「うわぁ、まじかぁ」

 久しぶりに酔わずにねれそうだと思ったのに、今度は面倒ごとに巻き込まれそうです。極運もっと役に立ってくんない?

 そう思っている俺のことなどお構い無しに、ゆっくりと馬車は悪運とともにベースキャンプに近づいていくのだった。

「Lv.1なのにLv.MAXよりステ値が高いのはなんでですか? 〜転移特典のスキルがどれも神引き過ぎた件〜 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 羚羊

    《自決》の説明の発動時が初同時になってます

    0
  • ニムル

    《コメント返信》
    ノベルバユーザー127649さん
    そうです。
    この世界のレベルアップ判定は割とシビアで、そんなホイホイ上がるものではないです。そこに至るまでの経験値の量が多いのであのような結果になりました。
    エイジの場合は経験値も大幅に増加されるので2乗になることはほとんどありません。
    コウジやカスカは長期間ダンジョンにこもったり魔族狩りをしたりという生活に身を置いており、エイジよりも1日に狩る平均量が多かったことからレベルマックスという結果になっています。

    1
  • ノベルバユーザー127649

    レベルが上がって自決して2乗にならないのは経験値が1000以上あったからですか?

    2
コメントを書く