悪役令嬢がでれでれに溺愛されるまでの話

ててて

21 晩御飯

前回までの簡単なあらすじ☆

「全力で仕事片付けました。」




「なぁ、まじリオーネ様やばいよ。外見た?月がまだ出てなかったよ!?夕焼けだよ!夕焼け!!何年ぶりにあの風景見たかな…」

「私もびっくりしてるよ。こんなに明るい家に家に帰れるなんて…しかも、今日は子供たちとご飯。緊張するよ…味するかなぁ?」

「いや、どんな心配してんだよ。」

はしゃぐ大人2人を連れて屋敷に帰る。

(どんだけ嬉しいんだ…)

「ただいま戻りました。」

「おかえりなさいませ。旦那様、お嬢様」

メイドのコレットが出迎えてくれる。

「あぁ、今日は私も子供たちと食事をするよ。」

「……!はい、かしこまりました。そのようにシェフに伝えておきます。それでは…」

コレットが急ぎ足で厨房に向かう。今日は屋敷全体が少し賑やかに見える。

(私がお父様の職場についって言ったから噂が広がったのかな?)

「あ!帰ってきた!!リオーネ!!僕の事をおいて1人でお父様の所に行くなんてずるいじゃないか!!…あ、お父様、おかえりなさい。お久しぶりです!」

子供との挨拶がお久しぶりって…

「ごめんなさい、お兄様。もともと連れてってもらえるかわからなかっから、ダメ元だったのでお兄様は誘わなかったの。でも、今日はお父様と一緒に晩御飯が食べれますよ!!」

「え!!!本当?お父様」

「あ、あぁ。もちろんだ。一緒に食べよう。私が仕事に行ってる間の事を色々聞かせてくれるかい?」

「……!!はい!!もちろんです!」

お兄様めっちゃかわいいいい!なんやこれ!かっわいいいいー!もう、本当にいい笑顔!!!にぱぁーって!

そして、晩御飯。いつもより豪勢なのは気のせいではないと思う。そして、使用人達の笑顔も気のせいではないと思う。

「それでですね…!」

お兄様は剣術の稽古やウィル様との話をそりゃあもういい笑顔でしている。

「うんうん」

お父様もそれをニコニコてしながら聞いている。

「リオーネはどうなんだい?」

「え、私ですか?私は最近、マナーレッスンのイザベル先生に社交ダンスを褒めていただきました。」

「そうかい、そうかい。それはいいことだね!」


あぁ、懐かしいな。昔もこうやって他愛のない話を家族みんなで話した。

「あのね、少し聞いてくれるかい?」

お父様が真剣な顔をする。私とお兄様もナイフとフォークをおき、話を聞く。

「私は、彼女…マリアが亡くなってから悲しくて悲しくて仕事で忘れようとしたんだ。君たちを放ってほいて。でも、もう逃げるのはやめるよ。私は前を向く。1年も君たちを放ってしまったダメな父親だがやり直させてほしい。また、君たちの父親になってもいいだろうか…」


「「当たり前です!」」

「私達のお父様はお父様しかいませんもの!もちろん、お母様もお母様だけですわ!!もう一度やり直しましょう」

「そうですよ!お父様!!一緒に頑張りましょう!!あ、今度僕と剣術の手合わせしてくださいね!」

ちゃっかりお願いするお兄様

「…っはは、いい子供たちを持ったな。ありがとう。これからも頑張るよ。…ただ、最近デスクワークばっかりで腕が鈍ってるから少し鍛え直さなくてはいけないなぁ…」

そうして、私たちの食事は久しぶりに笑顔が絶えないものとなった。

そこから我がヴェルナー家の後退説の噂は徐々に薄まることとなる。

「悪役令嬢がでれでれに溺愛されるまでの話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 華羅朱

    最近、まったく更新してないですね!
    忙しいと思いますが、
    頑張ってください

    0
  • うたたか

    こーゆー系ほんと好きです!
    もう投稿しないのでしょうか?
    早く続きが読みたいです!!

    3
  • 佐奈音

    とっても面白いです!

    3
コメントを書く