悪役令嬢がでれでれに溺愛されるまでの話

ててて

20 一日仕事見学会③

前回までの簡単なあらすじ☆

「私のお弁当は爆発しません」




そして、昼食も終わり午後の仕事が始まった。
午後の仕事も書類整理。ひとまずお願いされた書類の山だけ分けていく。

すると、ギルから話しかけられた。

「なぁ、そう言えばなんでリオーネ様は今日、仕事見学に来たんだ?」

「ん?あぁ、それはお父様の仕事がどんなのかを、見るためというのは建前で…」

お父様の前に立つ。

「お父様、今日は一緒に晩御飯を食べましょう?」

「………晩御飯かい?昔のように?」

「はい。昔のように。ただ、お母様は居ませんが」

お父様の、手が止まる。

「お父様、私はこれから酷なこと聞きますがどうかお答えください。」

「………うん、いいよ。言ってごらん。」

「お父様はお母様を愛してますよね?」

「あぁ、もちろんだ。今もだよ、これから先も」  

「では、私たちは?私たちとアルベルトお兄様は?」

「愛してるよ!愛しているに決まってる。」

「では、お母様が亡くなっても私たちの事を愛してますか?」

「………あぁ、もちろんだ。君たちは私の宝だからね。」

目を合わせて、微笑みながら、想いを告げる。

「だったらなんでこんなに仕事してるの?昔は帰ってきてくれたじゃない。確かに今日一日でどれだけ大変かはわかった。でも、昔だって忙しい時はあったでしょう?昔はどんな日でも毎日帰ってきてくれたじゃない。」

「……ここまで仕事を増やしたのは私なんだ。私が自分で増やした、彼女の事を考えないように。忘れるように。君たちは私の宝だ。でも、一緒に居ると嫌でも感じてしまう。彼女がいないことを。もう、逝っしまった事を。もう、昔とは違うことを。だから、私は逃げたんだ。仕事に逃げた。私は臆病な人間だよ。」

「お母様が亡くなってから、みんな変わってしまったわ。私は悪態をつくようになった。お兄様は部屋から出てこなくなった。お父様は仕事人間になった。でも、お兄様は昔と変わらず外で遊ぶのか好き。私は最近そんなお兄様を見るのが好き。お父様も昔から臆病よ。でも、お父様逃げるのもう辞めましょう?もう、止めてくれるお母様はいないんだから。

私とお兄様は約束しました。お母様と次、天国で会った時に自分達の人生をお土産話に持っていこうって。いつまでも止まってたらお母様に怒られちゃうって。だから、お父様もお土産話たくさん作ろう?私たちと、晩御飯を食べてないってら知られるとお母様に怒られますよ。」

「ふっ…そうか。怒られちゃうか。いや、もう怒られるかな。1年も宝をほかっといたんだから。」

お父様は私を抱きしめる。

「だったら1年分これから私たちに愛を注いでくださいね!私たちもお母様の分まであげますから!」



そうして、そのあとマッハで仕事を終わらせてみんなで晩御飯を食べることになった。



ここまでありがとうございます!!

お父様、結構ほわほわ系なんですよ 。たぶん
従者のギルとは幼馴染なのでタメです。


「悪役令嬢がでれでれに溺愛されるまでの話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く