悪役令嬢がでれでれに溺愛されるまでの話

ててて

16 訳あり人①

前回までの簡単なあらすじ☆

「ウィルさんが攻略対象だったけど関わらなければ色々と大丈夫だよね☆」




「リオーネ様!リオーネ様!」

私はただいま廊下を淑女らしく焦らず音を立てず美しく小走り中である。もし、ここでマナーレッスンのイザベル先生が居たらとても怒られるがバレなきゃいいのだ。

そして、小走りする理由は私を追いかけてくるこの人にある。

「もー!なんですの!ウィル様、あなたお兄様の剣術の稽古があるでしょう!なぜ私のことを追いかけてくるのです!?」

立ち止まり彼の方へ向く。私は武術とか剣術とか習っていないので体力があまりないのだ。小走りでも時間が経つとへばってくる。

「もちろんこれから稽古もあるのですが、最近リオーネ様を稽古に誘っても見に来てくれないとアルベルト君が寂しがっていまして、中々集中できないみたいで…一度でいいので見に来てもらえませんか?お願い致します」

綺麗な礼(90°)で頭を下げられる。

(お兄様ぁぁぁ!寂しがってるって可愛いけど今はあかんんん)

「寂しがってるって…それでも稽古は稽古でしょう!妹が見にこないと言って出来ないのはダメでは?貴方も講師という立場ならガツンと言いなさい!!」

口調が素に近いがそれどころではない。

(これ以上私に話しかけないでー!変な風に関わってゲームのイベントが始まったらめっちゃ困るって!)

「それは…確かにその通りです。私がしっかりしないと…。わかりました、ですがせめて何故来られないのかだけでも教えていただけませんか?」

「レッスンと講義が多いからです。」

これは即答ですね。他に言いようがないし。

「それは存じ上げております、なら言い方を変えましょう。

何故私を避けているのでしょうか?私は気づからないうちに何か貴方に失礼なことでも?」

急に核心を突いてくる。

「いいえ、何もされてないですよ。大丈夫です、最近レッスンや講義が忙しいのでまた機会が会ったら伺いますね。それでは、ごきげんよう」

そそくさと早歩きをしてその場から立ち去ろうとする。すると、急に右手を取られ壁際に責められる。

「きゃっ」

(わぁーこれが壁ドンかぁ)

めんどくさい男は嫌われますよって言ってやりたい。

「どうせ…どうせ貴方もなんでしょう?どうせ俺は愛人の子なんだ…。貴方も俺の事を馬鹿にしているのでしょう?だから、俺が講師と紹介を受けたとき不思議そうに俺を見たんだ。はいはい、どうせ俺は愛人の子。みんなの嫌われ者なんだよぉぉ」

13歳のウィリアム・カイザー君。人に壁ドンをかましたくせに急に1人で怒り急に泣き出しています。

(やばい、私が泣きそう)

なんでこう私の周りには泣き叫んで黒歴史を作る男が多いのか。

ひとまず、前のお兄様同様に背中をポンポンする。

この人、これからどうしようか…

「悪役令嬢がでれでれに溺愛されるまでの話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く