悪役令嬢がでれでれに溺愛されるまでの話

ててて

13 お兄様の苦痛

前回までの簡単なあらすじ☆

「お兄様がお母様を殺したかもしれない説」

ちょっと苦手なシリアスを試してみました。




「どういうことですの?」

「それは……。お母様の容体が悪くなられてから僕たち子供が部屋に入れてもらえなかっただろう?」

「…はい。そうでしたわね。」

どれだけお母様に会いたいと使用人達に文句を言っても泣きわめいても絶対に会わせてもらえなかった。

「それはね、お母様は本当は身体が辛いのに僕たちの前だと無理をしてしまうんだって。
今までも僕たちと遊びに行ってた時は無理してたこともあったんだって。だがらお医者さんが長生きしたいならこれ以上は無理をしてはいけないと言ったからお父様がくじゅう?の判断をしたんだって。じいやから聞いたんだ。」

(そうだったのか…。)

道理であの時どんだけ悪態をつこうと使用人達が頑なにして会わせなかったわけだ。

「だとしたら、お兄様だけの責任ではないわ。私だってたくさんお母様に我儘を言ったもの。私だって…」

「いや!ちがうんだ!!僕は…ぼくは!!我慢ができなかったんだ。どうしても、どうしても講習のテストで取った点数を見せたくて使用人達の目を盗んでお母様に会いに行ったんだ。

でも!!
そこにはお母様が…あんなに元気だったのに!お母様はやせ細って顔色が悪くて…でも僕の顔を見たときに笑ってくれて…僕はお母様の姿をみてビックリしてしまって逃げたんだ。
そして、次の日にお母様は天に行ってしまった。」

涙を流し手で顔を覆い懺悔するように泣き叫ぶ。
私はあまりの衝撃にお兄様が見られなくなっていた。

「僕が悪いんだ!僕が!!僕があの時会いに行かなかったら!!今頃お母様が…!」

(あぁ、なんて悲しい話だろうか。)

「なぜ僕はあの時逃げてしまったんだ…!」

私は何も言わず、いや何も言えずただお兄様へと手を伸ばし抱きしめた。
お兄様は少し目を見開いて私の背中に手を回し抱き合うように二人で泣いた。

「お兄様。ごめんなさい、お兄様がこんなに苦しんでいるのに私全然知らなかった。」

「…ううん。僕だって言わなかった。知らないのは当然だ。怖かったんだ。まだ幼い君にこんなことを伝えて苦しませることが。でも、結局は自分の事を伝えて君に嫌われるのが嫌だったんだ。だから僕は兄なんて大層なもんじゃない」

私はお兄様の背中を撫でながら言った

「嫌いになんてならないわ。私はお兄様が大好きなんだから。いっぱい遊んでくれたし、絵本だって読んでくれた。そして、たくさんたくさん苦しんで悩み続けたことを私に話さなかったのも巻き込まないためなんでしょう?そんなに妹思いのお兄様が兄失格なんてありえないわ。」

「でも!僕はもう部屋から出ないほうがいい。みんなに迷惑をかける。」 

お兄様が逃げるように私を押す

「お兄様。お母様のことはもうわからないですが…これを罪というならば私も背負います。二人で償うのです。」

「償う?」

「はい。部屋に引きこもってるなんて、お母様に知られたら怒られてしまいますよ!いいですか。お母様は天にいるのだから私たちをいつでも見ているのです!今も!だから、私たちは将来天に行った時にお母様に二人で謝りましょう。無理をさせてごめんなさいと。それまでは、お母様にお土産話を聞かせれるように恥ずかしくないように生きるのです。それが私たちのできる精一杯の償いでしょう。」

こんな事しか言えない、だって本当にわからないもの。本当にお母様はお兄様に会ったせいで亡くなった?
そんなわけはないでしょう。と思うが、今は何を言ってもしょうがない。だってもうお母様はこの世には居なくて今更何を言ったってしょうがないのだから。

「そうか…。お母様が見てるのか。天から…」

お兄様は少し仰ぐように上を見上げる。もちろん天井には何も居ない。だが、私たちの心にはお母様との思い出がある。

「お兄様、一緒に頑張りましょう。私たちは家族なんですから。」

また、お兄様が泣きそうになる。私だって泣きそうだ。

「…そうだな。これで僕たちの罪が消えた訳ではないけど引きこもっていてもしょうがないよな。お母様に合わせる顔がますます無くなる。これから一緒に頑張ろう、リオーネ。」

そう言ってまた抱き合う。久々に家族から呼ばれる名前は少し、くすぐったく感じるものがあった。

その後、お兄様は部屋から出て来られるようになった。





はい!ひとまずお兄様おしまい!
なっがいですねー笑
読んでくれた皆様ありがとうございます!

❁ 実はもう1つ作品を書いてまして、そちらも是非ご贔屓に!!

『悪役令嬢は趣味に没頭する』
 

「悪役令嬢がでれでれに溺愛されるまでの話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く