悪役令嬢がでれでれに溺愛されるまでの話

ててて

10 アルベルト・ヴェルナー


涙がポロポロ溢れる。お兄様がギョッとして焦り出す。

「どどど、どうしたんだ?どこか怪我でもしたのか?痛い?」


「……(ふるふる)」

首を振って否定する。
別にどこも痛くない、怪我もしていない。

ただ、思い出してしまったのだ。
お兄様と同じ色の瞳。優しかったお母様。

お母様はあまりベットから出れない人だった。でも、体調がいいときは一緒に遊んでくれた。本を読んでくれた。話を聞かしてくれた。
まだお母様が元気な時はお父様も一緒に遊んでくれてお兄様とも仲が良くて毎日が楽しくて笑って、そんな私たちを見て使用人も笑って、暖かい家だった。

なのに、なんでこんなに変わってしまったのだろうか。

お兄様が、私をそっと壊れ物のように床に下ろしてくれる。
コレットがハンカチで涙を拭く。
その後ろで、お兄様がウロウロしている。何かをしようとこちらに歩き出して来てふと、足を止める。すると、自分の両手を見つめて悔しそうに握りしめる。
何か言おうとしてこっちを向き口をパクパクさせるが声は出ず、また悔しそうに目に皺を寄せ全力疾走で部屋へ走っていった。

(……え?)
 
私はお兄様が一体何がしたかったのか。私には分からない。

「お嬢様、どうされたんですか?やはり、どこか怪我を?」
コレットが心配そうに顔を覗き込んでくる。

「っいえ、転んだ時に目にゴミが入ってしまったのよ」
お兄様を見て泣いてしまったなんて言えるわけがない。

「でも…」

「何も無いわ。気にしないで」

これ以上聞くなという意味で目で訴えながらいう。

「…はい、わかりました。」
渋々、コレットも理解してくれた。

「まだ、本調子では無いみたい。部屋に戻って休むわ。」

「かしこまりました。ほかの使用人に部屋の片付けを言っておきます。」

「えぇ、お願いね。」



部屋に戻ってきた私はコレットに着替えを手伝ってもらい、ベットに体を沈める。コレットには下がってもらい部屋は私だけ。少し状況を整理したい。その前に頭を休めよう。そろそろ重量オーバーで爆発しそうだ。

(あぁ、疲れた…一旦寝ないとムリ)

そのまま、息をするように眠りに落ちた。





更新遅くなりました。すいません!
今週にまた1.2話更新できたら凄いな…って思ってます。

お気に入り登録ありがとうございます!
誤字脱字の指摘お願いします。

「悪役令嬢がでれでれに溺愛されるまでの話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く