悪役令嬢がでれでれに溺愛されるまでの話

ててて

4 メイドのコレット

「コレット、教えて欲しいのですが私は階段から落ちたということで間違いないのよね?」

「…はい。お嬢様はちょうど掃除が終わって片付けをしていたメイドのミサとぶつかってしまい、そのまま階段に落ちて少し脳しんとうを起こしていたようです。 」

「…そう。」

(なるほど。階段から落ちたショックから前世を思い出したわけか。さて、これからどうしようか…)

と、私が思い老けていると急に私の下で手を組み涙ぐみながらコレットは懇願してきた。

「お嬢様!使用人の分際ですが、どうかお願いです!
ミサを許してやってください!! 彼女はとても真面目でしっかりした子なんです!!どうかお願いします!!」

(おぉう…)

まったくコレットの勢いについていけない。

確かに、彼女がこれだけ懇願するのは
私の今までの悪態のせいだろう。
その結果どれだけの使用人をクビにしたか。。

「コレット落ち着いてちょうだい。
大丈夫よ。ミサをクビになんてしないわ。絶対に」

前のリオーネだったらどうするかなんて知らないが
少なくとも、前世の記憶が戻った私ならそんな事はしない。

(小さい頃から悪役令嬢になるなんてごめんだわ)

「コレット、ミサがいるところを案内してちょうだい。」

「はい!お嬢様!!ありがどうございばず」

泣きながら言うから鼻水でぐちゃぐちゃの顔だ。

(きったねー)

「ミサは今、牢屋に幽閉されてます!ご案内しますね!」

「そう…」ん?


牢屋?

「悪役令嬢がでれでれに溺愛されるまでの話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く