悪役令嬢がでれでれに溺愛されるまでの話

ててて

3 状況確認

さて、あのゲームの悪役令嬢リオーネはどの攻略対象でもハッピーエンドには処刑されていた。

まぁ、何故だか知らんがヒロインが好きになった攻略対象を何故だか知らんが悪役令嬢も好きになってしまうという強制当て馬状態であり、どのルートでもリオーネはヒロインを暗殺しようとして、返り討ちに合うというものだった。

(…ということは、私は攻略対象に関わらずヒロインを殺そうと思わなければいいということか。)

大したことではない。だって、前世の記憶が戻ったリオーネ・ヴェルナーは見た目4歳でも中身は17歳であり、
とても平和だった日本生まれだから人を殺そうとは微塵も思わなかった。

(さて、落ち着いてきたからか喉が乾いたな)

ガチャ。

「お、お嬢様!!起きて大丈夫なんですか???」

ビクビクしながらも心配そうに駆け寄ってきたコレットは私の新しいメイドである。次々に辞めていくメイド達と比べたら1ヶ月という驚異の数字で働いているメイドだ。
髪と目が茶色の顔にソバカスのある地味な印象を持っている。

「えぇ…大丈夫よ。少し頭がズキズキするけど
特に外傷は見当たらないわ。心配してくれたのね。
ありがとう」

4歳の幼女が鏡を見て立ち尽くしているのだ。
まるで、自分に見惚れているみたいに見える状況を
打破しようと ニコッと笑ってごまかす。

コレットの目が大きく見開いた。
「お、おお嬢様が……ありがとうだなんて……」

あ、まずい。
今まで素直な言葉も言わず悪態をつき
4歳とは思えぬ真顔で愛嬌もなかった幼女が
突然、笑顔で素直に感謝したのだ。

キャラ崩壊をいいところである。

「悪役令嬢がでれでれに溺愛されるまでの話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 伊予二名

    キャラの通りで行くと死亡しちゃうんだから、キャラ崩壊は寧ろドンと来いじゃないのかな?マズイの?

    0
コメントを書く