悪役令嬢がでれでれに溺愛されるまでの話

ててて

2 前世

目がさめると私はベッドの上にいた。

頭がズキズキする。なんだか変な感じだ。
いつもより手足が小さく肌が白い。
(あれ?私ってもっと大きくなかった?)
なんだろう…心臓がバクバク行っている。
見たくはないが見なくてはいけない。
恐る恐る私は気だるげな体を起こし大きな鏡の前に立つ。


そこには、髪は青みがかった黒。目はコバルトブルーの猫目でいかにも気の強そうな幼女が立っていた。

一度整理しようと大きく深呼吸をする。
すーはー…すーはー…

(えっと、この子…私はリオーネ・ヴェルナーよね。
そして、記憶が正しければ先ほど見た夢は私の前世。)

前世は日本という国で17歳の女子高生だった。
普通の女子高生と比べると成績は優秀でたくさんの習い事をしてたようだ。
当初はゲームや漫画にも趣味を広げていて、ケータイでハマっていた乙女ゲーム
「乙女恋記」をやりつつ歩いていて、そこに車が……

(なるほど。車に引かれて死に、この世界に転生したのね。)

そして、もう一度鏡を見る。

(この顔…とても幼いけれど、乙女恋記の悪役令嬢リオーネに似ている。あぁ、そういうことか…。)

どうやら日本で成績優秀だったワタシはゲームをしながら歩いていたせいで、車に引かれて死んでしまい、何故だかゲームの悪役令嬢に転生したようだ。

(………はぁ。) 

「悪役令嬢がでれでれに溺愛されるまでの話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く