異世界転移〜チートすぎました!〜

影狼

シルベア王国編第1章第1話





眩しい光が収まった‥‥

目を開けるとそこは城?いやまあ豪華な部屋だった‥

「ん・・・ここは?いったい‥‥」

誰かの声?たしかこの声は確か委員長の水影  瑠璃  みずかげ   るり  だったかな?

瑠璃はクラスでもかなりの人気者でスタイルは良く、胸もDあたりはありそうだな。

さらには性格まで良いと来た!顔も美少女すぎるしな‥‥‥ちなみに髪は少し茶色がかった黒だぞ‥‥

「ここは・・・どこかのお城の中?いや?まあ豪華なお部屋だねえ〜」

そう発言したのはの宵闇 清月(よいやみ せいげつ)、このクラスの副委員長だ。

名前からしてやる悪そうだとか、暗そうだなとかあるけど、こいつも瑠璃と同じで人気があるのだ………一部の男子にも人気があるんだがな‥‥まあわかるだろ?

こいつはこいつで絵に書いたようなイケメンで、時々街で人を困らせてるヤンキーとかを見つけてはヒーローみたいな事をして撃退している。…………実はこいつ顔に似合わず喧嘩がかなり強いんだよ。
だいだいテンプレ系に言うと弱いから脇役に任すみたいなのあるけど現実はそうじゃないだってあいつ柔道黒帯だし、剣道4段だぞ?まあだから俺みたいなやつの影が薄れていくんだがな……あれ?目から汗が出てきたぞ…(><)


おっとまたしても話が逸れてしまった。それとな、ちなみに清月はハーフだ。髪が赤髪なんだよ、どことのハーフなんだろな?多分ヨーロッパ方面だと思うけど。1回もに教えてもらったことないな。

‥‥‥‥まあこいつの紹介はここまでにしておいて、俺も何か言おうか…………と思ったら、

「おぉ、よく来て下さいました勇者様方!」

突然のても綺麗な音色のような声が響いた。その声がした方向を向くとそこには、銀髪蒼眼の美少女がいた。

もう一度言おう。銀髪蒼眼の美少女がいた。

‥‥なん‥‥‥だと?!

作[一護乙]

ん?なんだ?なんか声が‥‥

ていうか何でこんな所に明らかに日本人離れした美少女がいんだよ!てか今更だけどここ何処だよ!え?清月も日本人離れしてる?知らんがな!


「皆様申し訳ありません。突然このような場所に連れてこられ混乱されているかとは思います。しかしその点はお父様…………この国の国王様がご説明するので、ですから今はわたどうか、どうか私に付いてきて頂けませんか?」

うん、見事に全員ポカンとしてるわ。という訳で俺が皆の代わりに答えようではないか!普段あまり話さんがな!

「分かりました。皆もそれでいいよな?」

「え?あ、お、おう。」

「あ、うん。それもそうだね。」

とりあえず現状が分からないことにはどうしようもないのだよ!まずは付いて行くべきだろう。

「ありがとうございます!それではこちらへ。」

そして俺達はその娘に付いて行った。


さてさて一体どんなことが待っているのやら…

「異世界転移〜チートすぎました!〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 鬼怒川 ますず

    話の最初は他と同じのように思えるが、随所に著者様の意図的な表現があり、今後の展開に期待ができる作品です。
    今後の活躍ご期待してます!

    4
コメントを書く