話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転移〜チートすぎました!〜

影狼

プロローグ




‥‥‥おもんない‥‥

俺はいつもそう思っていた‥‥


--————





まずは自己紹介でもしておこうかね
俺の名前は八雲   禅
やくも      ぜん


ものすごく古風な名前だと思うだろう?俺もそう思う。

まぁそんなことはどうでもいい。自己紹介の続きを話すぞ。俺はな、とある高校に通う高校生だ。ちなみに高2(17)

好きな食べ物は肉だな。嫌いな食べ物は・・・多分ないな。本当だぞ?おい!怪しいとか言わない。

閑話休題wwww

とまぁ自己紹介はこれくらいでいいだろ。え?はっ?もっと知りたい?それは追々知っていくといい

おっと、また話が逸れたな。これ俺の悪い癖なんだす。で、話を戻すが、俺はいつも通り学校に行き、いつも通り授業を受け、そしていつも通りおもんないと思っていたのだが、さて冒頭に繋がるわけだが・・・そんなことはどうでもいいだろう。
さっきからどうでもいいが多い気がするな‥‥


・・・実は俺は異世界というものに興味があるんだす。最近友達に勧められたラノベや電子小説などよんでそれで、この普通の日常から抜け出し、異世界転移でもしないかなぁ、と授業を聞きながら思っていたら‥‥
‥‥‥ね?


突然、クラス全体が光に包まれたのだよ!




てかだすってなんだ?



「異世界転移〜チートすぎました!〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く