無理やり連れて行かれた異世界で私はカースト最下位でした。でも好きな人がいるから頑張れるます!

太もやし

語尾がすごいっす

 ハルトさんと別れて、部屋に帰ったあと、すぐにベッドに向かった。そして枕に顔を沈めて唸っていると、ブリジットちゃんがカーテンの隙間から顔を出した。

「おかえりなさい、リンカちゃん。教室で話しかけられなくて、ごめんね」

 すまなそうな顔のブリジットちゃんに、わたしは飛び起きて、何度も首を横に振った。

「ううん、大丈夫だよ、ブリジットちゃん。こっちこそ心配かけて、ごめんね。ブリジットちゃんも板挟みになって辛かったよね」

 ブリジットちゃんに謝ると、ブリジットちゃんはカーテンを超えてきて私を抱きしめた。ブリジットちゃんは、めっちゃいい匂いがした。

「クラスの雰囲気が最悪だったよね。私もなんとかしたいんだけど、みんなヴァンの子を怖がっていて、どうにもなりそうにないの……」

 ブリジットちゃんは悲しそうな顔をしているが、私はそれどころではなかった。

「ううん、それは大丈夫! それよりも私、恋しちゃった! ああ、口に出すとホントなんだってなる! でも、この気持ちは絶対に恋だ!」

 ブリジットちゃんは私から少し離れた。そして心底ホッとした顔をしたあと、ギョッと目を見開いた。

「えっ、誰に!?」

「一昨日もお世話になった男の人、覚えてる? 黒髪のイケメンで、ハルトさんって言うんだけど……」

 自分で言ってて、恥ずかしくなってきた。熱くなる頬を両手で押さえて、少しでも冷やそうとする。

「ハルトさんって、あの白の神子のハルトさまのこと!? ……そういえばなんでリンカちゃんは、ハルトさまと知り合いなの?」

 ハルトさんって白の神子って呼ばれてるんだ。そういえば最高位って、自分でもはっきり言ってたし、すごい人なんだろうな。

「イルドから迎えに来てくれた人が、ハルトさんだったの。あのときはイケメンだなとしか思ってなかったけど、なんか色々話す内に段々、ああ、この人のこと好きだなあ、ってなって……」

「ハルトさまって女性に対してキツイって噂を聞いていたけど、リンカちゃんには柔らかそうに見えたわ。ねえ、ハルトさまってリンカちゃんといるときは、どんな感じなの?」

 どんな感じって……

「口は悪いけど、すっごい優しくて、色んな笑顔を見せてくれて、その笑顔がもう素敵なの。それに……」

 手のひらにある太陽を見る。さっき見たの夕焼けに染まるハルトさんを思い出して、思わずにやけてしまった。

「……リンカちゃんはハルトさまのこと、とっても好きなんだね」

 ブリジットちゃんは柔らかく微笑んだ。その嬉しそうな笑顔に、私も頷いて答える。

「……うん、私、リンカちゃんの恋を応援するよ! きっとうまくいくよ!」

「ありがとう、ブリジットちゃん! 私、頑張る!」

 私はブリジットちゃんに抱きついた。きゃーと2人で声を上げて喜んでいたら、また壁ドンされた。

 しーと2人で口に手を当てて楽しむことでさえ面白くて、私たちの笑顔が消えることはなかった。



 お風呂に入ったあと、ベッドでくつろいでいると、部屋の扉がバンッと大きな音を立てて開いた。

「短いスカートさんはいるっすか!?」

 その大声に私の体がビクッと魚みたいに跳ねた。扉の方を向くと、そこには金髪の腰まである長くて編み目が大きい三つ編みで、爛々と輝く緑の目の美少女がいた。生気が溢れる彼女の後ろには、ヒマワリの幻覚が見えた気がした。

「はい、それはたぶん私のことですけど……」

 美少女が着ている制服の襟の色は白、つまりエトワールだ。胸元に大事そうに抱えた薄く大きな本は、スケッチブックに見える。

 ブリジットちゃんに助けを求めたいけど、ブリジットちゃんは今、お風呂に行っていた。

「あたしの名前はミレイユ・ダナーっす。あなたのこと尊敬してるんで、あたしのことはミレイユって気安く呼んでいいっすよ。それで、あなたの制服をぜひ見せてほしいっす。お願いするっす!」

 ミレイユさんから放たれる気迫は、動物の咆哮みたいだった。目は血走り、よく見ると髪は乱れている。私は大人しく制服を渡すことにした。

 だけど受け取ってもらえず、ミレイユさんは首を振った。

「悪いんすけど、着たところを見せてくれるっすか?」

 一旦彼女に部屋の外に出てもらい、しぶしぶ部屋着を脱いで、制服を着た。いったい何が目的なんだろう……

「ミレイユさん、着ましたけど……」

 部屋の外にいるミレイユさんを呼ぶ。ミレイユさんは鉛筆で本に何か書き込んでいたけど、すぐに立ち上がって部屋に入ってきた。

「ありがとうございます、リンカさん! さっそく取り掛かりましょう!」

 そしてミレイユさんは部屋の扉を閉める私を、上から下まで目線を何度も往復させた。

「回ってみせてくれないっすか? 1回目はゆっくりと、2回目は少し早めに、3回目はもっと早くでお願いするっす」

 鋭い目つきでお願いされた私は、大人しく従うことにした。もし私が犬なら寝転んでお腹を見せる服従のポーズをするぐらい、ミレイユさんの気迫に負けていた。

 1回目、ゆっくりと回る。

「縫製がちょっと荒いっすね。パニエみたいなのを身につけてスカートを膨らませたら、可愛いかも?」

「スカートを膨らませる? 確かにいいですね。でもそれならレースのついたペチコートの方が可愛くなりそうですね」

 動きを止めて、話を聞こうとする。スカートの下にはスパッツを履いているけど、確かにスカートを膨らませた方が可愛いかも。

「ペチコートを単体で履くんすか? その発想はなかったっす。さすが私が見込んだ人っすね」

 お、急に雰囲気が柔らかくなった。見せてくれた笑顔はヒマワリみたいで可愛かった。と思っていたら、またプロの目つきになった。

「あ、回っててくださいっす」

「……はい」

 真剣な顔のミレイユさんに言われ、私はもう一度回りだした。

 2回目、ちょっと早く回る。

「ブレザーを着ているからバランスは悪く見えないっすけど、ブレザーを脱いだらバランスが悪くなりっすね……うーん、悩みどころっす」

 うう、制服を改造してすみませんでした。

 3回目、だいぶ早く回る。

「やっぱりスカートがふんわりすると可愛いっすね。それに短いけど、スカートの下が見えるわけじゃないんすね……うん、やっぱりいいっす」

 あ、褒められてる? 私は向こうから持ってきた、制服のスカートの下に着る予定だったペチコートをミレイユさんに見せた。

「ペチコートを履いてみてもいいですか? ミレイユさん、オシャレに詳しいみたいだから感想ください」

「それがあっちのペチコートっすか? こんなの見たことなかったっす、まるで下着っすね!」

 ああ、うるさくすると壁ドンが……壁ドンされない? 今はお風呂に行っていて、部屋にいないのかな?

「ぜひ履いてみてくださいっす! そんでもって、ちょっと貸してほしいっす!」

 ハイテンションなミレイユさんに促されるまま、ペチコートを履くと、凄まじい歓声を浴びせられた。

「ああ、いいっす、いいっすね、最高っす! 想像してた通りっすよ!」

 そんなに言われると嬉しくて、ふわりとスカートが持ち上がるスピードで回った。

「チラッと見えるペチコートも可愛いっす! はあ、やっぱり異世界交流はいいっすね! インスピレーション、バリバリっす!」

「へへっ、ありがとうございます、ミレイユさん」

 そしてもう一枚持っていたペチコートを、ミレイユさんに渡す。ミレイユさんは嬉しそうにペチコートを持ち上げた。

「これはミシン縫いの既製品っすね。もしあたしが作るんなら、こういうところで低コストにして生地は良いのを使いたいっす。これ、もらってもいいっすか?」

「はい、大丈夫っす」

 しまった、口調がうつった。

「ありがとうっす。じゃ、できたらまた来るっす。それじゃ!」

 私の口調写りを全く気にすることなく、ミレイユさんは意気揚々と部屋から出ていった。まるで嵐のような女性だった。

「バランスの悪さを直すなら、上をどうにかするしかないっすね。そでを切るとか? うん、そうするっす。ノーマルな半袖にするのもいいし、パフスリーブもいいっすね……それでシャツのえりみたいな襟を首元から出すのもいいかも……あー、バリバリっす!」

 廊下を歩くミレイユさんの姿を見る。何かブツブツ話し、大声を上げている。本当にすごい人だ。

 あ、お風呂から帰ってきたブリジットちゃんが、ビクビクと怯えながらミレイユさんの横を通る。ミレイユさんは全く気にした様子はなく、ズンズンと寮の廊下を歩いていった。

「無理やり連れて行かれた異世界で私はカースト最下位でした。でも好きな人がいるから頑張れるます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く