無理やり連れて行かれた異世界で私はカースト最下位でした。でも好きな人がいるから頑張れるます!

太もやし

階級の話

 校舎に劣らず、綺麗で豪華な寮は学校のすぐそばにあった。これなら朝はギリギリまで眠られるかな。

 女子寮は男子禁制だから、と入口でハリアー先生と別れたあと、私は教えられた道順通りに寮母室へ向かった。
 ドアをノックして、中に聞こえるように大声を出す。

「こんにちは、今日からここでお世話になる、リンカ・ハルゾノです!」

 すると、勢いよくドアが開いた。私の反射神経が良くなければ、ドアにぶつかっていただろうスピードだった。

「レディなら、もっと静かな声で話しなさい。まあ、ソルのあなたはレディにはなれませんけど、レディ候補の前では慎みを持つのですよ」

 質素なドレスを着た女性が、怒った顔で私を見下ろした。相手がヒールを履いているから身長の関係で見下ろされたのもあるけど、精神的にも見下された気がした。美人だけど、嫌味な感じがする女性だった。

 そして、また階級の話をされた。顔をしかめそうになるのを我慢して、笑顔をつくった。

「ここに来たばかりなんで、そういうのはまだわからないんですよね。あなたは?」

 女性は胸元のブローチを指さした。それは風がモチーフされたブローチだった。

わたくしは第3階級、ヴァンですわ。夫と共に、寮の管理人をしておりますの。私のことはピーテット夫人と呼びなさい。そして、あなたはソルですから、階級を示すアクセサリーは支給されませんけど、第5階級から支給されますからアクセサリーで相手の立場を即座に判断し、身の程をわきまえることですね」

 この世界では身の程がよほど大事らしい。でも郷に入っては郷に従え、とか言うらしいし、従っておくべきだよね?

「わかりました! わきまえます!」

 元気に答えたら、ピーテット夫人は満足気な顔で頷いた。

「あなたの前に来た第1階級、エトワールの子は嫌そうにしていましたけど、あなたは素直でよろしいわね」

「はい、ありがとうございます」

 そういえば、イルドに来たときから前の子がずっと話題にされているけど、どんなすごい子なんだろう。ちょっと気になるな。

「さあ、立ち話はやめにして、部屋に入りなさい」

 ピーテット夫人に促されるまま、部屋に入った。中には、可愛らしいけどかっちりとしたワンピースを来た、赤毛の女の子が居心地悪そうに立っていた。

「寮の説明は、あなたと同室で同じソルのブリジット・ボワローにしてもらいます。同じ歳の子のほうが話しやすいでしょうからね」

 巻き毛で量が多い赤毛は可愛らしく、真夏のプールみたいに青い瞳は怯えているのか、少し揺れていた。真っ白な肌だから、鼻周りのソバカスがよく目立つけど、それすらも可愛い女の子だった。

「私はリンカ・ハルゾノだよ。よろしくね」

「よ、よろしく、ハルゾノさん……」

 小さな声だったけど、とっても可愛い声だった。

「リンカでいいよ。私もブリジットちゃんって呼んでいい?」

 ブリジットちゃんは頬を染めて頷いた。なんて可愛い子なんだろう!

「自己紹介が終わったなら、昼食に間に合うよう、時間に気を付けながら、寮の案内をしてきてちょうだい」

 そして私たちは、ピーテット夫人に追い払うように部屋が出された。
 

「無理やり連れて行かれた異世界で私はカースト最下位でした。でも好きな人がいるから頑張れるます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く