選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜

アキ・焔

紹介

スノーとの勝負が終わった後スノーも部屋に連れ帰り起きるまで待つことにした

「スノーの獣化状態は始めて会ったとき以来だがもしかしてそうなる方が強かったりするのか?」

「んー、戦ってみた感じだと強くなっていると思うよ、ただ威力の制御が難しくて本能のままに戦うって感じだと思うよ、僕とかアキが相手じゃないと多分相手を殺す危険性があるから使えないんじゃないかな」

なるほどな、ホムラの推理は合っていると思う、身内武道大会の時も使わなかった辺りそういう理由があって使えなかったんだろう
そう考えているとスノーが目を覚ましたようだ、目を覚ましてすぐに人化をして元の姿?に戻っていた

「私は負けたのですね、本気を出して負けるとは思ってませんでした」

「そうでもないよ、僕はインテリジェンスウェポンの中でもトップクラスの性能を持つからね、その僕とこれだけ打ち合えるのなら誇ってもいい強さだよ」

「インテリジェンスウェポンですか、信じられない話しですがアキ様が使っている剣だと考えるなら本当だと思えますね」

「ちょっと待て、俺がとんでもないやつみたいな言い方じゃなかったか?」

「だってアキだもん」

「そうですね、アキ様ですから」

何か仲良くないか?さっきまで戦っていたのが嘘みたいだな、でも俺がそんな風に思われていたとは…まぁ魔王になったりしている時点で普通ではないんだろうけど…あ、俺とんでもない奴だったのか

「アキが変な笑い方してる、ついに壊れてしまったのか…」

「多分自分がとんでもない存在だと気づいたんじゃないでしょうか、アキ様安心して下さい、アキ様がとんでもない存在でも私はついていくので!」

それはようするに俺がとんでもない存在だと言うことか…
この後吹っ切れてもうとんでもない存在でいいやと思い気にしないことにした

その後、皆試し終わったようで一旦俺の部屋に集まってもらった
理由はホムラの事についてと皆の現状の力がどれくらいなのかを知るためだ

「皆集まったな、それじゃあ皆気づいていると思うけど彼女は俺達の仲間になる、いや元から仲間なのか?まぁいいか仲間になるホムラだ」

「よろしくね、僕はアキの剣だよ」

「いつの間に新しい女を連れてきたのじゃ?妾達が外に行っている間にそういうことをしていたとは思わなかったのじゃ」

「えーっとリアンだっけ?君はアキを信じられないのかな?アキを信じているのにそういう発言は冗談でもあまりいい気分ではないかな」

「ふむ、確かに信じているのじゃ、それでも新しい女がいるのは事実、そしてその説明がされていないのならばそう誤解するのも仕方のないことではないのか?それともアキが言った事全てを信じるたけでいいと思っておるのか?妾はアキを信頼しているが疑うべき所はしっかりと疑うべきだと思うのじゃ」

「そういう考えがあるならいいけど、説明前に言っちゃだめでしょ」

「話を続けるぞホムラは黒焔と言う武器が進化した存在だ、そしてインテリジェンスウェポンでもある、実際に強さはこの目でみたし保証できるよ、まぁ俺は既に仲間だと思っているが皆の意見も聞きたくてね」

「私はアキ様に賛成ですよ」

「私も別にいいのよ」

「マスターがいいならいいの~」

「妾もかまわないのじゃ」

「私もそれでいい」

「ありがとう、これでホムラも俺達の新しい仲間だ、これからよろしく頼む」

「こちらこそよろしくね、僕も君達と同じくらいにはアキのことを支えたいと思ってるからね、まぁ牽制はこのぐらいでいっか」

何だか妙な空気になっているがこれでホムラも俺達の正式な仲間になったんだし今度は皆の変化について聞くことにした

「皆何か変わっておかしな所はあったか?マリンとフレアは人化出来るようになったようだけどまだ慣れてないだろ?もし何かあるなら言ってくれ」

「私は大丈夫なの~、今までよりも動きやすくて助かるの~」

「私も問題ないのよ、最初は少し違和感があったけれど今は段々慣れてきたから平気なのよ、でもまだ元の姿の方が動きやすいのよ」

「そうか、徐々に慣れてくれればいいから今は元に戻っていてもいいよ、リアンとレミアは何かある?」

「妾は単純に強くなっただけなのじゃ、ステータスも上昇したが一番はユニークスキルが強くなったことなのじゃ、後々見せるつもりだから今はまだ言わないのじゃ」

「私も同じでユニークスキルが強くなった」

皆強くなっているようだな、スノーも前よりも技のレパートリーが増えていたしよかった

「アキ、スノーには何故聞かないのじゃ?」

「スノーには既に見せてもらったからね」

「私はホムラと戦ったのでその際に見てもらいましたよ」

「ま、まぁ妾のは今度見せるから今は見てもらわなくてもいいのじゃ、だがスノーには後で話があるのじゃ」

「私にはないですよ、話が終わりならこれで失礼します」

その後、スノーが部屋を出ると従魔はスノーを追いかけるように部屋を出ていった

「なら僕はここに座ろうかなぁ」

そう言ってホムラは俺の膝の上に座った
何が起きてるか分からないけど、まぁ確認事項は終わったし気にしないことにしよう




今回はここまでです
感想や指摘等ありましたらコメントお願いします!

「選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く