選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜

アキ・焔

黒焔

早速行くことにしたのだが、始めて行く場所なので徒歩で行くしかなかった
途中でベルモンドに送って貰えば良かったと後悔したがそこまで遠くはないので運動になるやと思うことにした

数十分全力で走って到着したのは森だった
ここの森は冥府の森と名付けられていて入れば帰ってくることは出来ない森となっている
仕掛けとして入ると反転しても外には出られず奥にいる魔物を倒さなければならないらしい、実際にロープを持って中に入った時には入った瞬間にロープが引きちぎられたようになっていたらしい
つまり、転移魔法みたいな物なのだろう、それにより距離が離れたせいで引きちぎられたようになったと推測できる

「まぁ俺の場合転移魔法使えば帰れるからなぁ、特に気負わずにいけそうだな」

そんな感じて中にはいると、外から見えていた光景と中の光景は若干違かった
森ではあるが明らかに正面に巨大な木が見えるようになったからだ、他にも少しずつ違いがあるため転移したのだろうと思う
まぁ、これで今回の目標も見つけることが出来たため楽に終われそうだな

今回の目的は冥府の森にある巨大樹から取れる冥府の枝というネーミングセンスの欠片もない代物だ
直線に進んでいこうとすると、迷路みたいな構図を取っており時間がかかるだろうと思ったので短距離転移を繰り返し空から行くことにした
下を見ると物凄い巨大な迷路になっていた、そして最悪なのが正解ルートには紫色の沼や迷路の通路の左右に槍を持った魔物が隠れていたりと攻略させる気ないのが丸分かりだ

結局そのまま迷路はスルーして巨大樹にたどり着いた
早く次の素材も取りに行こうと巨大樹を伐ろうとしたタイミングで危険を察知したので後ろに飛んで回避した

「貴様、どうやってここまで来た」

そちらを見ると髪が緑で尻尾も同じ色で生えている人がいた

「え?空飛んで来た」

「貴様人間であろう?それならば空は飛べないはずだが」

「まぁ、手の内は晒さないが空を飛んで来たのは確かだ、それでお願いがあるんだがここの巨大樹の一部の枝を貰っていいか?」

「何故ここの枝がほしい?」

「この剣を昇華させるのにそれが必要だからだ、信頼していい情報だから嘘ではないぞ」

「確かにその剣からは普通の物とは違う何かがあるようだな、もし本当に欲しいのならば契約してもらおう、ここの場所と我のことは秘匿する、迷路の攻略法も教えない、これを契約するのなら別に与えてもよい」

「分かった」

その場で契約して巨大樹の枝はゲットした
てかあの人なんだったんだろう…?
まぁそれは置いといて次は火山だ、名前は業火の火山で必要なのは業火結晶というものらしい
早速行こうとしたのだがここから大分距離があるので今度はベルモンドに送ってもらうことにした

「ベルモンド、業火の火山に行ったことないか?そこにある素材が欲しいんだが」

「残念ながら行ったことはありませんが、そこの近くにある町になら行ったことはありますのでそこまで送りましょう」

「ありがとな」

その後送ってもらった場所から走って五分くらいでついた
中に入ってすぐに外に出た、これは暑すぎる
そのため、最初に水魔法の温度を下げるイメージをして体に付着させるように展開した
所謂保冷剤を体に貼り付けるみたいな感じだ
その後入ると少し暑いが耐えられない程ではなくなったのでそのまま進むことにした

内部構造は山の山頂から中に入り階段を降りていくという感じだ
途中階段が途中で無くなったり、壁から針が出てきたり、テンプレみたいになってる巨大岩が落ちてきたりした
そして、一番下まで着くと先程と同じような感じの人がいた、髪は赤く尻尾も赤い

「人間がどうやってここまで来た」

「え?普通に降りてきたよ」

「まず、ここで耐えられる筈は…魔法で体を覆っているのか、ふむ面白いなして用件はなんだ?」

「業火結晶というものが欲しくてきた」

「何に使うつもりだ?」

「この剣を昇華させるのに使うつもりだ」

ここからはほぼ同じ会話をして契約したら貰えた、見た目とは違い素手で触れたが衝撃を加えると爆発するらしいので気を付けよう
最後の素材は何故か俺の血だが、まぁこれは集まっているようなものなのでいいだろう

全ての素材が集まったので黒焔を強化することにした
早速合成魔法を使い黒焔に巨大樹の枝と業火結晶、そして俺の血を合成していった
すると光だし収まると素材はなくなっており黒焔だけが残った

変わったかどうか確かめるために鑑定を使おうとすると急に黒焔から煙が出て煙の中から何かが飛んで来た

それを避けると壁に衝撃音がして振り替えると謎の女が頭をおさえて痛がっていた…




今回はここまでです
感想や指摘等ありましたらコメントお願いします!

「選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く