選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜

アキ・焔

聖女

聖女を迎えに行く従魔はリアンにしようと思っていたので確認を取ると

「べつにかまないのじゃ、もし何かしてきようものならやり返せばいいだけなのじゃ、聖国が本気で攻めてきても妾達には勝てないのじゃ」

「言い方はよくありませんが…私もその意見には賛成です、まず戦争にもならないかと、一方的な攻撃ですね」

「え?今の俺達ってそんなに強いのか?ドラゴンは倒せても対国家だと負けると思っていたんだが」

「そんなわけないのじゃ、ドラゴンにも物凄い犠牲を払ってようやく勝てるといったぐらいじゃろう、そんな相手に負けないのじゃ」

え、まじか俺達で国家を滅ぼせるか…
まぁポジティブに考えよう、仲間がやられそうになっても救えるとね
背後に国がいようが関係ないってことだ、よしそう思うことにしよう!

当日、準備も終わらせ三人で一旦王城に行った、ちなみに十分前行動だ
着いて国王に挨拶すると

「やはりお主に任せて安心だ、高ランクになっても時間に余裕を持って行動出来るのは素晴らしいことだからな、大抵は自分に自信を持って調子に乗り相手を待たせて当然と思うようになるからな」

「いえ、当然の事をしたまでです」

その後、時間になったので出発することにした
目指すは聖女のいるところである
馬車は必要か聞かれたが断った
ま、理由は馬車に乗るより早いからだが、それを言うのはなぁと思ったので護るときに判断が遅れると言うと納得してくれた

目的地には予定の30分前に着いた
流石にまだ聖女は来ていないためのんびり待つことにしようとした…が、リアンとスノーが襲ってきた
血気盛んだと思ったが丁度暇なので相手することにした
ちなみにバレてはまずいので少し森の中に移動してすることにした

そこそこ時間が経ち予定の時間まで残り3分だったので行くことにした
ん?勝ったのかだって?もちろん無傷だよ
今回は自分に縛りをかけて魔法は身体強化のみにしていたが、それでも勝てた
二人ともダウンしていたが、声をかけるとすぐに追いかけてきた

ほぼ同じタイミングで数十メートル先に豪家な馬車がやってきた
残り十メートルといった所で止まり

「そなたらは何者だ」

「国王より命を受け馳せ参じたアキというものだ、この手紙が証拠となる」

その後手紙を受け取り読むと、ホッとした顔で、

「本当のようですね、すみません最後まで気が抜けなかったのででは、改めまして私は聖国近衛騎士隊長のローズと言います、これからよろしくお願いします」

「いえ、気にしないで下さい何かあったことは察することが出来ますから、私は王都でSS級冒険者に任命され貴族職を拝命しておりますアキです、こちらこそよろしくお願いします」

「ところで、後ろの方々は一体…一人と従魔二人とよくわからないことがこの手紙には書いてあるので」

「この二人は私の従魔です、人化できるため間違われることが多いんですよ、国王からの手紙に書いてある通りです」

「な、人化出来る魔物が二体ですか…いえ、すみません驚いてしまって、でしたらお願いがあります」

ローズさん達は全員傷ついており、戦闘があったのは目に見えて分かった
そのことから考えるに何かに今も追われてるのではないだろうか
理由は後ろを度々振り返っていることや、俺達の顔を見て少し安堵しているからだ
既に降りきっている可能性もあるが、このタイミングのお願いなど分かりきっているだろう

「私達は今盗賊、それも聖国の中で一番大きな盗賊グループが襲ってきたのです、何とか聖女様をお守りしながら逃げていますが直に追い付かれてしまいます、ですから聖女様を連れて王都まで連れていってほしいのです」

どうしようか、今二つの事で悩んでいる
一つ目は素直に彼女(ローズさんは女性)の言うことを聞き王都まで逃がす
二つ目はその盗賊グループを消す
ま、二つ目の方が楽だしここで人が良さそうなこの人を見捨てるのも後味悪そうだしなぁ
スノーとリアンはそのことに察して

「アキの好きなようにするといいのじゃ、妾もちと暴れさせてもらうのじゃ」

「私もアキ様に付いていくだけです」

決まったようだな

「ローズさん、提案があります」

そして、こう伝えた
ローズさん達はここで聖女を死守
俺達は盗賊グループを壊滅させる(全ては暇なときにでもやればいいので、今は近くにいる奴らのみ)
その事を伝えると 

「ですが、それでは流石に危険すぎます、聖女様もですがアキ殿や従魔の皆さんに被害が及んでしまいます!」

「ま、護衛するために来ていますから敵になるなら倒すまでですよ、それに負けることはないので安心してください」

そう言って俺達はその場を後にして久し振りの戦闘を始めることにした
俺は正直楽しみだ、近衛騎士達をあそこまでしたのだから面白いスキルがありそうだからな、だが数だけで攻めた結果というだけならばその時は八つ当たりでもすればいいか
リアンとスノーもやる気なので相手の方が可哀想だが…気にしないでおこう




今回はここまでです
何とか早めに投稿出来てよかったです
急にエラーが来てログイン出来なかったので驚きましたが何とかなって本当によかったー
感想や指摘等ありましたらコメントお願いします!

「選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • 輪廻転生

    蹂躙せよ‼️

    0
コメントを書く