選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜

アキ・焔

お土産選び

エリーナさんに事情を説明して俺達はギルドを出た
その前にルミアさんに依頼があるか聞いたが「無いです」とのことだったので「なら明日はダンジョンに潜ります」と言うと明日また来てくださいと凄い勢いでお願いされた
そんなに素材の鑑定が面倒臭いのか

依頼も終わったので今度はスレッド家の皆にプレゼントを選ぶことにした
買う先には検討をいくつか付けておいたのでそこを回るつもりだ
皆には内緒にしているが、従魔の皆のプレゼントは昨日までに買っておいた
スノーのは今日ばれないように買うことにした

まず、一件目ここはヴィオナさんへのプレゼントを買おうとしている場所だ
重要なことだが、買う人の順番はギルドから近い順のためやましいことは何もない
ここに売っているものはアクセサリー類だ
流石にネックレスなどは買うのが躊躇われたため、ブレスレットを買うつもりだ
色は髪と同じ青色にするつもりだ
この中でも特に気に入っているのがマリンと同じサファイアが中に入っているブレスレットだ
従魔の皆賛成だった(スノーは綺麗と言っていたので賛成票として扱った)
お値段はまぁまぁするがこれは感謝の気持ちなので気にしない

次の二件目は、リオナの物だ
ここの店には小物類が売っている
熊のぬいぐるみやウサギのぬいぐるみなどを持っていたので可愛い物を買うつもりだ
その条件の中での候補が二つあり、一つ目がスノードームの中に熊が手を上下に動かして雪で遊んでいるような物だ
もう一つが手で使うカイロでウサギのデザインの物だこれは使い捨てではなく火魔法さえ使えれば何度でも使える物だ、リオナは火魔法を使えるので心配はいらない
票ではスノードームの賛成多数のためこちらにすることにした
理由としては冬まで3ヶ月もあるためまだ必要ないだろうとのことだ

三件目はローナの物だ
この店では音楽関係の物が売っている
ローナは意外なことに(失礼だが)楽器を演奏するのが趣味なようだ
実際に聞いてみたらとても上手かった
そして、「もう少ししたらいいヴァイオリンを買いたい」と言っていたのでこの際に俺が買うことにしたのだ
とは言っても俺の耳では良いヴァイオリンがどれか分からないため店員に聞いておいた三つのなかから選ぶことにした
店員に音を出していいか聞いて、「いいぞ」と言われたので三つとも軽く弾いてみた
値段は見せない状態で音だけで判断してもらったら全員一致で一番高い楽器だった
こいつら俺よりも良い耳をしてやがるのか!?
というわけで購入した

四人目はバルトさんの物だ
バルトさんへの物は剣にした、とは言っても売っている物ではなく素材は自分達で集めた物でのオーダーメイトだ
素材はこの前倒したドラゴンの物にした
ここでの問題は作れる人がいなかったことだ
俺の合成魔法で作ろうとしたのだがレベルが圧倒的に足りないため断念
しかし、ある鍛冶屋の人が「あの人なら」と言っていたのでその人に依頼すると

「俺は一度だけだがドラゴンの防具を作ったことがある、失敗する可能性があるがそれでもいいのなら引き受けよう」

と言ってくれたのだ
ドラゴンの素材なんてたくさんあるため失敗しても気にしないがな、そういう意味も込めて二つ分の素材を渡した
鍛冶屋に到着すると親方さんがいた
俺達を見て

「片方は出来たが、もう片方は形がおかしくなってしまった」

見ると、刀のようになっていた
これはこれで正解なのでは?と思った
両刃の方はバルトさんに贈り刀の方は俺が持っておくことにした
こちらの世界では刀は失敗作のようだからなぁ

最後はミーニャさんの物だ
はまっていることは植物観察だそうなので、赤、青、黄、緑などの種類の花と種を買った
種はこちらの世界だとそこそこの値段がする
日本とは違い種はあまり取れないようなのだ、てかめしべとおしべが~何て考えがそもそもないっぽい
それは置いといてミーニャさんも種から育てたことは無いそうなので色々な種類の種を買っておいた

皆の分のプレゼントも買い終えたので帰ることにした
途中でトイレに行くと言って皆から離れた隙にスノーへの贈り物も買った

トイレもといプレゼント買いが終わったので皆の所に戻った
そして、家に変える前に皆に渡すことにした

渡したものは皆同じでネックレスにした
魔力で出来た物なのでマリンでも装着できる
そして、落ちないように自動でフィットする機能がある
それを皆に渡すとそれぞれに感謝された

「ありがとうなの~、宝物にするの~」
「あ、ありがとなのよ、大事にするのよ」
「アキよ贈り物を貰うのは妾は初めてなのじゃがとても嬉しいものじゃな!」
「アキ様、これら私の一生の家宝にいたします」

皆に感謝されて渡してよかったと思った
でも、スノーは大袈裟すぎではないだろうか
そんなことを思っていると今度は従魔の皆が

「これは妾達からのプレゼントじゃ」
「皆で選んだの~」
「そうなのよ、大切にしてほしいのよ」
「今さっき買ったので私も選ばせてもらいました」

え、いつの間に
もしかして、俺と同じタイミングだったり?
皆に貰ったのはお守りだった

「それには妾達の思いを詰めたのじゃ、内容は教えぬのじゃ」

と言うことだった
何かは気になるがここで聞いてた野暮だろう

「ありがとな、とても嬉しいよ」

てかヤバイ、少し嬉しくて泣きそうなんだが
これからも皆と一緒に入られればいいなと改めて思った




今回はここまでです!
ブックマークやグッドありがとうございます!
感想や、指摘等ありましたらコメントお願いします!

「選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く