選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜

アキ・焔

驚き×2

ギルドのことが一段落して帰ろうとすると

「あ、そうそうSSランクになったら爵位が貰えるぞ」

なんてエリーナさんが言ってきた
何だろう、今度飲みいこうぜ的なノリだった気がしたんだが…

「えーっと縛られるのは好きじゃないんでお断りしますね」
「おっと、勘違いしないでくれ一代限りの名誉職で領地とかもないぞ、そして逆にお金が入ってくるんだよSSランクなんて英雄のような人物がいるだけで皆に安心感を与えられるしな」
「ただで金を貰えるのはいいんですが、今は国家に縛られたくないんですよ」
「あぁそれに関しても大丈夫だ、冒険者で貴族になった場合国は口出しできない但し子爵以上はそうはいかないがな」

つまり、デメリットはほとんどないのかまぁいずれはリオナとローナと結婚する可能性もあるんだしまぁいいか

「分かりました、では受けますね」
「ありがとう、国王にはそう伝えておく爵位授与の日程は後で言うから今は気にしないでいい」

いやー、SSランクになっていきなり爵位が与えられるとは思わなくて正直驚いている
まぁなるならなるでリオナ達にはちゃんと報告しよう

その後、エリーナさんと挨拶して家に帰ることにした
家の前に着き、門番の人に軽くおじぎをして中に入った
玄関の扉を開いて「ただいまー」と言うと途端に階段からバタバタと音が聞こえミーニャさんに「走らないでください」とリオナは真顔で言われて小走りぐらいになっていた
俺の前まで着くと

「お帰りなさいアキ」

と、笑顔で言われた
その後ミーニャさんもリオナの後から来ていたようでお帰りなさいと言ってもらった

「ただいま、リオナ、ミーニャさんところでローナは?」

そうなのだいつもならここでローナも一緒に来ているはずなのだ
自惚れているわけではないぞ!

「ローナなら今は訓練中ですよ」
「あぁそっかなら報告はご飯の時に言うことにするよ」
「待ち遠しいですが分かりました」

夜まで暇になってしまった…
そうだ、この前レベルが100越えた時に新しいスキルを手に入れたんだった
そのスキルは合成魔法
ユニークスキルで、アイテムや武器、防具を作れる物だ
だが、レベルが1のため出来ても弱いものだけなのだが
こればっかりはユニークスキルなので強奪でもどうにもならない
そのため、これから暇なときは出きるだけ作ることにする

合成魔法は魔力を使い作りたい物に必要な材料を合成する魔法だ
アイテムボックスに沢山の魔物の死体があるため、それを使うことにした
まずはゴブリンの皮から防具を作った
ざっと200個ぐらいだろうか、何故こんなに作れたのか
それは、合成魔法を発動したらすぐに出来るからだ
とは言っても魔力の調節をしないで多く入れたり少なすぎたりすると、歪で脆いものが出来てしまう
それを克服しようとしたら魔力操作なんてスキルも取れてしまった
そんな感じで夜まで続けているとレベル2まで上がった

片付けを終え夜ご飯を食べに向かった
先にバルトさんとヴィオナさん、リオナにローナがいた
最後に来て座り皆でご飯を食べ始めた

「アキくん、今回の依頼はどうだったのかな?」

バルトさんが凄い気になるオーラ全開で聞いてきた
リオナとローナも目をキラキラさせてこっちを見ている
ヴィオナさんはそんな三人を見て笑っていた

「はい、結論から言うと依頼を達成しました」

すると、三人は「幻獣を討伐するとはな」、「さすがアキね」、「やはりアキは強いな」と一同誉めてきた

「これには続きがあるんですが内緒にしてもらえると助かります」
「わかった、約束しよう」
「もちろんですわ」
「私も約束します」
「私もそう約束するわね」

と一瞬で約束してもらえた、まぁ信頼してもらえてるからかな?そう考えれば嬉しいな

「では話します、ダンジョンの三階層で幻獣を討伐したあと次の扉を開くとそこは報酬ではなく、ドラゴンがいました」

すると、

「なっドラゴンだと!これは国にとっても一大事だぞ、でも約束したし」
「あなた、最後まで聞きましょうアキさんがこれだけなら口止めなんてしないでしょうし」

あら?ヴィオナさんには気づかれてるのかな?

「続けますね、その扉に入ると前とは違いその扉が完全にしまってしまいました、まぁドラゴンを倒す以外に出られないという感じですね、最初は苦戦して負けそうになったんですが何とか渾身の一撃が入ったので勝つことが出来ましたその後の扉は魔導書が二冊あって、それを読んで帰ってきました」

短く纏めて今回の出来事を言うと皆の反応は
バルトさん→ポカンとした顔
リオナ、ローナも同じ
ヴィオナさん→わかっていたのか微笑んでいる

その後とてつもなく驚かれたのだった
あれ、まだ貴族になったこと言えてないなぁ…




今回はここまでです
ブックマークありがとうございます!
これからもこのペースで書いていけるよう頑張ります!
感想や指摘等ありましたらコメントお願いします!


「選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く