選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜

アキ・焔

昇格と試験②そして進化

勢いのままに答えた訳だが、その幻獣についての説明を聞くことにした

「その幻獣についての特徴は少ししかありません、何分偵察に行ったほとんどの人物が殺されてしまったので…」

そう前置きした後に色々と説明してくれた
まず獣型らしい、ウルフの大きい感じを思い出せばいいらしい
そして、技は今では人間が使うことのできないとされている雷魔法を使うらしい
ステータス面もSランクパーティーが全滅したとのことだ

「マリン、フレア久しぶりに本気で戦えそうだな!」
「本気で戦って見たいの~」
「最近弱い敵ばかりだったのよ、だから少しは嬉しいと感じてるのよ」

そんな感じでワクワクしながら準備をすることにした
大体の荷物はアイテムボックスに入れてあるため少しの時間で準備が終わった
だが、念のために黒焔を武器やで研いでもらうことにした
今日の夜には終わるとのことなので明日の早朝家を出ることにする

武器屋に武器を渡して家に帰った
すぐに今回の試験のことを伝えると、

「幻獣討伐とはね、中々に厳しいなギルドは」
「そうですよSランクパーティーですら勝てなかったのに…」
「無理だと思ったらすぐに帰って来ていいんだぞ!」
「そうよ~、二人が悲しんでしまうからね」

とバルトさん、リオナ、ローナ、ヴィオナさんと次々に心配してもらった
皆負けると思ってんのかな?
まぁ強奪を使ってしまえば楽なんだけどなぁ今回は使わないことにした
理由はまぁ戦うのが楽しみだからだ
さすがに危なくなったら使うかもしれないが使わずに倒したい

「分かりました、ですが出来る限り頑張ります」

と、とりあえず当たり障りのないことを言っておいた
その後、夜になり武器を取りに行って帰ってきて、明日のために少し早めに寝た
朝早く起きてマリンとフレアと共に家を出発した
他の人達は寝ていたが、ミーニャさんだけは起きていた

「行ってらっしゃいませ、後武運をお祈りしています」
「ありがとうございます!ミーニャさん」

その後門から出て幻獣のいる方角に向かった
ここから10日程の距離にある洞窟の最奥にいるらしい
途中の道では蛇型の魔物や蠍型の魔物、ハチ型の魔物もいた
気持ち悪いのでほとんどを瞬殺した
楽だなぁと思って歩いていると目の前にゴリラが降ってきた
ゴリラが降ってきた
大事なことだから二度言っておく
ちなみに上にはなんにもない、だからこそ驚いているのだ

少しキョロキョロした後にあろうことかそのゴリラは俺に抱きついてこようとしてきた
まぁ全力で逃げたが
その間に珍しいスキルの瞬歩というスキル(こんな体のデカイゴリラが持っているとは)と怪力というスキルを見ることができた
だが、普通に倒すことにした
強奪レベルが上がったことで死体からでもあまり時間が経っていなければ奪えるらしい

まだ、ゴリラが追っかけてくるのでそろそろイラついてきている
そのため、振り向き様に抜刀するとまっぷたつになったその速さはマリンとフレアにすら見えなかった

その後も雑魚の魔物許倒していきついに発見した洞窟を
といっても遠くから一番上のでっぱりがなんだけどね
長いなぁと思っていたが、途中で倒したフォースラビットのことを思い出した
このウサギは、ものすごくすばしっこいのだがものすごく美味しいらしいそのため、ご飯の時間に味付けをせずに食べてみると…
ものすごく旨かった、A5ランクの肉は日本では食べたことはあるが比較にならなかった
だが、美味しすぎるせいで中毒のようになりそうだったが何とか抑えることができた

そんな事故?のようなものもありながら魔物をどんどん倒していった
すると、突然マリンの体が光だした
先程から少しずつ明るくなっていたが一気に光った

「マリン大丈夫か!?」
「多分進化だと思うのよ、こんな感じに光ってた気がするのよ」
「なんだぁびっくりしたー」
「本当にビックリしてるのよ!主様の周りは進化しすぎなのよ」

そうこう言ってると光がだんだんおさまっていった
するとそこにはまるで宝石のような青色のスライムがいた

「マスター進化したの~、あんまり強くなってない気がするの~」

と言われたので鑑定してみると、

種族名はサファイアスライムとなっていて、フレアですら聞いたことがないらしい
ステータスはほぼ変わりない、ほんの少し上がっているだけだ
スキルの方はすごい上がっているレベルが2~3程度上がっている
新しいスキルに飛翔(Lv3)というものがある
ユニークスキルでは溶解というものもあった

内容は飛翔は高く飛ぶことができる数メートル飛べるため、そこから魔法を放てば奇襲も可能だ
ユニークスキルの溶解は一時的に液体化になり動くことが出来る
これは、相手の後ろに行くことが出きるため強い海辺なら水に溶けてその繋がっている所ならどこまでも移動できるようだ
なんで知っているのかって?鑑定スキルのレベルのお蔭だよ!

マリンにスキルのことを伝えると早速遊んでいた
と、言っても飛んでは魔法を放って周りの敵を皆殺しにしていたのだが…
可哀想なのでそろそろ止めさせて先に進むことにした




今回はここまでです
次辺りでバトルに突入したいかなぁ
感想や指摘等ありましたらコメントお願いします!

「選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー254249

    こくえんはもう鑑定できるんじゃ?

    1
  • 名無し

    マリンが主人公よりもチート

    3
コメントを書く