選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜

アキ・焔

何故こうなった?

今こうしてバルトさんの前に立っているのは何故だろう
それも剣を持った状態で
断ろうにも回りの兵達の盛り上がりやリオナとローナのワクワクしている顔を見ると断れなくなってしまった
これの原因は数時間前


アキは目を覚ました
見慣れない天井だったので驚いたがリオナの家で寝た時のことを思い出した
回りを見るとマリンとフレアはまだ寝ていた
魔物はほとんど寝なくても生活できるが、暇な時は寝るらしい
その二人をとりあえず起こした

「おはようなの~マスタ~」
「起きてたのよ!」

フレアは恥ずかしいのか起きたと言っていた

「分かってる分かってる、フレアは起きてたよ」
「絶対分かってないのよ?」

と、認めたのに少し語調を強められた
まぁとりあえずそのことは置いておき、扉を開けることにした
そうして、外に出たはいいものの勝手にどこかに行ってもいいものか?と思ったのでここから一番近こて、さらに一度行ったことのある食堂に行ってみることにした

そうして、食堂の扉を開くとメイドさんがいた
顔が合うとメイドさんから

「アキ様おはようございます、すぐにお食事の準備を致しますので少々お待ち下さい」
「様付けはしなくていいから、背中がむず痒くて」
「いえ、お客様に対しては様付けをしなければならない決まりですので、申し訳ございませんがご了承下さい」
「分かりました」

と、少しばかりの不満はあったが別段気を悪くするようなものではなかった
食事まで少し時間がかかるそうなのでその間は待つことにした
食事を待っている間にリオナが食堂にやって来た

「おはようございます、アキ」
「おはよう、リオナ今ミーニャさんに頼んで皆のご飯の用意をしてもらってる所だ」
「ありがとうございます」

ミーニャさんとはメイドの名前である
その会話の直後今度はローナとバルトさん、ヴィオナさんが続いて入ってきた

「おはよう、アキ」
「おはようローナ、バルトさんとヴィオナさんもおはようございます」
「おはようアキくん、よく眠れたかな?」
「お陰さまでありがとうございます」

その後ミーニャさんが料理を運んでくれたので談笑しながら食べていった
すると、不意にリオナがこんなことを言ってきた

「父様とアキはどっちが強いんだろう?試して見てはいかがでしょうか?」
「ちょっ、リオナ!」

急な爆弾発言に場がシンとしてしまった
そして、少し経つと突然

「ハッハッハ、そうだなぁ俺も気になっていた所だ、よしアキくん俺と戦おう!」
「バルトさんまで乗り気!?」

そうして、ご飯を食べてから三時間後裏のコロシアム的な場所(真ん中で戦い回りに観客席がある)で、戦うことになった

ルールは
・殺すことを禁ずる(致命傷や欠損等の攻撃も禁ずる)
・投擲を禁ずる
・片方が負けを認めるか気絶した場合決着とする
・魔術を禁ずる(剣術のぶつけ合いのみとする)

これらのルールに基づき試合をすることになった
そして、冒頭に戻る
皆が嬉々としているため覚悟を決めて対峙することにした
そうそう、目の前にいるバルトさんはSランクの冒険者だったらしい
ちなみに従魔は使わないことにした
バルトさんに何度かそれで本当にいいのか?と聞かれたが問題ないと答えた

そして、準備がお互いに整ったタイミングでこのイベントを最初に思い付いたリオナが初めの合図をすることになった

「では、初め!!」

そのタイミングでバルトさんは一瞬で距離を詰めて上段から振り下ろしをしてきた
動きに無駄はなく、しかも目に終えないくらい早い攻撃、しかしそれはアキや従魔達ではない場合であり、実質この三人は遅いとさえ感じていた
そのため、バルトさんの上段振り下ろしを難なくかわし、がら空きになった銅に蹴りを放った
一、二メートルほど吹き飛んですぐに立ち上がってきた
その後また先程と同じ攻撃をしようとしていた
そのため俺も先程と同じ行動をしようと思っていたがその攻撃は先程も同じように見せて途中で軌道を変えて横凪ぎをしてきた
だが、それすらも見てから対処可能であったためジャンプでかわしその首もとへ刃がついていない方を叩き付けて気絶させた

気絶をさせるぐらいの力だったが、叩いても死なない程度の力だと信じたいですね

それから数十分した後にバルトさんは目を覚ました
そして、俺の顔を見ると

「君の実力は見た、本気すら引き出すことはできないくらいに俺が負けるくらいは強いと言うことだね、有り体にいってしまえば君は俺が思っているのよりも遥かに強いと言うことだ」
「ありがとうございます!」

こうして、無事バルトさんとの決闘は終わったのであった 




今回はバトル回
何とか間に合って良かった~
指摘やコメントありましたらお願いします

「選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く