選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜

アキ・焔

sideフレア

奴隷商に来る前私は独りだった
母は冒険者に殺されたその時逃げるよう言われて逃げたが捕まってしまった
子供の火狐は殺す依頼ではなかったのだろう
そうでなければ殺されていたはずだからだ
人間は皆私を見て怯えるか、殺そうとするか、そういう人しかいなかった

最初は奴隷商では檻の中から私達を買おうとしている人を見ていた
しかし、どの人も私達を道具のように話していた
コレ、アレなど私達は人の言葉は話せないが意味はわかる
その言葉を発した瞬間この人達は敵だと判断して買われそうになれば攻撃する
そうすることで凶暴と判断すれば買われなくなるからだ

しばらくして奥にある厳重な牢屋に入れられた
その後は一切人が来なくなったため安心することができた
だが、たまに牢屋ご飯を届けに来る人達の話でもう少しで処分されることがわかった
死ぬのは怖い、でも悪い人間なんかに従いたいとは思えなかったため仕方がないと思っていた

それから何日が経っただろう?
ご飯の時間には早すぎるなぁと思い牢屋の扉を確認するとスライムを連れた人間がいた
不思議なことに今まで感じていた人間に対する印象を感じなかった
スライムを見てさらに確信した
大切にされている、そう感じた
そしてその人間…アキが言った言葉で確信した


≪この人間は私達を対等だと思ってくれてる≫


私はこの人間いや、主様なら一緒に歩いていきたいと心から思えた
そして、主様を守れる存在になりたいと

その後従魔契約を終えて宿に行った
そこで驚くことがたくさん起きた

まず一つ目
先程は主様の言葉に喜んで忘れていたが主様は私よりもMPが高いということ
母と私は冒険者に負けたが、それは襲ってきた冒険者が多かったからだ数は16人ぐらいはいただろう
そのため主様一人で私よりもステータスが高いことに驚いた

二つ目は、名前付け普通魔物に名前を付けることはできない
理由はまぁ相性が本当にあっていないとダメだからだ
そんな魔物に会えることがまず無いのに一番目の従魔のマリンにも名前が付いている
やはりおかしなことだと思う 

三つ目は、進化について
名前を付けることは確かに格を上げられる
例えば同じレベルのスライムだとしても名前付きとそうでないスライムなら名前付きの方が少し強い
そのため少し強くなると言うなら分かるが進化するのはありえないくらいのことだ
もしそんなことが可能なら間違えなく人類は滅びているだろう
理由は簡単だその種族のトップが名前を付けるとしてそのトップに近い上位種族には名前を付ける
その上位種族がトップの種族になれば言わなくても分かるだろう
人間などすぐに滅ぼされてしまう
そういう意味でも名付けによる進化は異常だと言える


会ったその日にこんなに驚いたんだからこれからもっと驚かされるだろう
主様はある意味異質な存在だろう
でも私の夢、炎狐になることを叶えてくれた
そうでなくても私は主様を守れる存在になりたいと願う
理由は、これからも主様と居たいと私自身が思ってるから!!


私は主様の従魔になれて幸せです




今回はフレアsideの内容です
ブックマーク100人到達しましたありがとうございます!
これからもどんどん投稿していくつもりです!
感想や指摘等のコメントお願いします

「選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー254249

    Monster sideのストーリーめっちゃ好きです!
    作者様本人もmonsterを対等に思ってるから見ててほんわかするのかもです。

    0
コメントを書く