選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜

アキ・焔

思わぬ所で

まず、ヴァイアンを奴隷商に連れていく前に宿を見つけることにした 
理由は簡単で夕方になると泊まれる宿がなくなってしまうからだ
まぁ宿は空いてることは空いてるのだが従魔は従魔用の小屋でないとだめなところばかりだったので遠慮しておいた
そのため一旦ギルドに戻り従魔と一緒でも大丈夫なところを聞いてみた

「それならこのギルドでて右に5分ぐらい行ったところにあるマーメイドって宿ならあるよ」
「ありがとな、どの宿もダメだったから助かる」
「気にすんな」

とギルドの冒険者が教えてくれた
ヴァイアンが特別だっただけでギルドの奴らはいいやつだった
教えてもらった場所に行くとマーメイドと書いてある看板が見えたので入ることにした

「いらっしゃい、宿かい?それとも食事かい?」
「宿に泊まりに来ました、ここなら従魔と一緒でも大丈夫と聞いたので」
「あぁ大丈夫だよ何泊泊まる?ここは一泊大銅貨五枚だよ、ちなみに従魔の分はいらないからね」
「わかりました、とりあえず五泊泊まります」
「わかった、追加で泊まるならその時に声をかけてくれ」

返事をし、もらった鍵の場所に向かった
少し話しただけだがここの女将はいい人そうだ

宿も見つけたため、ギルドに戻りヴァイアンを売りに行くことにした
奴隷商に着くと入り口にいた男の人に声をかけられた

「ここは初めてかい?」
「はい、そうです」
「本日は売る方と買う方どちらをご利用に?」
「とりあえず売る方です」
「あいよ」

中に通されて奥の部屋に入った
そこには30代ぐらいの男性がいた

「本日は奴隷を売るとの事でしたがどのような顛末ででしょうか」
「はい、ギルドで正式に賭けをして俺が勝ったからです」

そういってギルドをでた時にもらった誓約書を見せた

「確認しました、では拝見させてもらいます」
「わかりました」

少しして部屋に呼ばれたので入ると

「この人は労働力として活躍出来そうなのでそうですね初めてということもありますし大銀貨五枚で買い取ります」

相場は分からないがまぁ五十万もらえるならいいかと思い

「お願いします」

と答えた少し経ってお金を渡された時に

「あなたは召喚魔法を使えるのですか?」
「使えますよ」
「ならここにいる従魔を見ていきませんか?」

説明していなかったがここにいる奴隷は皆借金や犯罪者などの奴隷だけで仮に奴隷を買っても乱暴や性的な暴力はできないらしい
そして借金奴隷の中で従魔を売った人の分がいるらしい
他にも犯罪奴隷を捕まえた時に捕獲していた従魔などもいるらしい
少し気になったので見に行くことにした

「こちらになります、気に入った従魔がいたのなら声をかけてください」
「わかりました」

従魔を見ていくとスライムや鳥の魔物、ウルフなどがいた
少し奥に行くとオークやトロールがいて従魔にしていた人がいることに驚いた
特にピンとく魔物はいなかったので引き返そうとすると奥に別の扉があったため入ってみることにした

するとその牢屋には狐の魔物がいた
鑑定してみると種族は火狐らしいステータスは平均1000程度だった
中にいた狐と目が合う何故だろうマリンとは違うがなんか気になるのだ
そのため狐に

「俺と一緒に来るか?」

とマリンの時と同じように聞いてみた
すると

「キャン」

と言ったどっちか分からなかったがマリンが

「行くって言ってるなの~」
「マリンはあの火狐が言ってることが分かるのか?」
「わかるの~」

そのためこの火狐とを買おうと人を呼びに行った

「何かいい魔物はいましたか?」
「奥の部屋にいた火狐を買おうかと思います」
「奥の部屋にはいったんですか!?」
「入ってはダメでしたか?」
「いえ、ですが危険な魔物で、あの火狐はAランク指定の魔物で…今は子供なのでAランクほどではないですが、あの扉の内側に入ると普通にあちらから襲うことができるので」
「そうだったんですね、それで買うことは出来るのでしょうか?」
「はい、出来るならばしてほしいぐらいです、餌をあげるときなど恐くてしかたないので」
「わかりました、それで値段の方は」
「一応Aランクの魔物ですので金貨二枚くらいが相場なのですがこちらとしても売れない魔物を置いておくのは損なので金貨一枚になります」
「そうですか、今手持ちは先程もらった大銀貨五枚と先程の冒険者が持っていた大銀貨三枚しかないので少し待っていただいてもいいですか?
先程売った冒険者の装備を売って来たいので」
「わかりました」

そう言ったあと急いで装備を売りにいったところ合計で大銀貨三枚になったため急いで奴隷商に戻った

「お金が貯まったので買いに来ました」
「わかりましたでは金貨一枚になります」

お金を払ったあと自分で行くといって先程の扉に入った
そして火狐に召喚魔法を使い無事従魔にした

「これからよろしくな!」

そういって奴隷商を出たのであった 




今回はここまでです
次回は名前付けをするつもりです!
感想や指摘等ありましたらお願いします
コメント待ってます






「選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー297118

    モンスターの ランクは ローマ字表記なのか 数字なのか どちらですか❓

    0
  • ノベルバユーザー275924

    exぐらいありそう

    0
  • ノベルバユーザー254249

    これは面白くなってきた!
    モンスターは何ランクまであるんですか?

    0
コメントを書く