選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜

アキ・焔

お約束と驚き

ゴブリンの集落を消し飛ばした(比喩ではない)後しばらく歩いているとついに街の外周が見えた

「ようやくついたな~マリン」
「そうなの~」
「一ヶ月って言われてたのに二十日ぐらいでついたな」
「多分ステータスが上がってるからなの~」
「なるほどな~
疲れにくいとは思ってたし」

と会話しながら歩いていると門が見えてそこに列があったので並ぶことにした
十分くらい並ぶと門番の人に

「身分証をみせてくれ」
と言われたので
「冒険者ギルドのカードでいいですか?」
と聞くと肯定されたのでギルドカードを渡した
「問題ないな
ところでそこのスライムは君の従魔か?
もしそうならギルドに言いにいくといいギルドカードに従魔が書かれるからな」
「ありがとうございます」
といって街に入った

「あの門番いい人だったな」
「そうなの~それにいいことも教えてくれたの~」
「そうだな、なら先にギルドにいこうか」

街の人達に聞きながらギルドに向かうとそこそこ大きな建物があり剣と盾のマークがあったのでそこに入った

中は入って正面に受付があり、そこの左側に依頼書のようなものがある右は酒場になっているようだ
もう登録はしてあるのだが一応ここのギルドのことを聞くために受付に行った

「すみません、ここのギルドについて聞きたいんですけど」
「よろしいですよ」
そういったのはそこそこ綺麗なお姉さんだった
今はその人しかいなかったのでまずそこから聞いてみた
すると
「お昼頃はほとんどの人が依頼をしているので一人で回せるんですよ」
「そうなんですか、あとこのギルドの依頼受注について教えてください」
「はい、ここのギルドというより全てのギルドで統一されてますが自分のランクの一つ上までとなっていま
す」
「わかりました、ありがとうございます
度々申し訳ないのですが従魔登録もしたいんですけど」
「わかりました、そこのスライムでよろしいでしょうか」
「はい、お願いします」

そういった後紙を渡されそこにマリンの一部が触れた状態で自分の血を一滴垂らすと完了らしい
すぐに終わらせ従魔登録をするとギルドカードに従魔欄ができていた

「これでおしまいです
もし増えた場合でも同じように言っていただければ大丈夫です」
「ありがとうございます」

そうして依頼を見にいこうとすると後ろから
「おいそこの雑魚連れたガキ」
あぁこういうテンプレいらないわぁ
そう思いながら無視してると
「おいそこのテメェだ」
というので
「なんですかぁ?」
「ちょいと面貸せや」
「嫌ですけど」

「まじかあいつ断りやがったぞ」
「Bランク冒険者って知ってのことか?」
「ヤバイな、あのヴァイアンは素行が悪いことで有名だしな」

なんて聞こえてきた
「テメェに拒否権なんてねぇーんだよ」
「そうですか、ならギルドの人ー」
「なんでしょうか」
「ここに戦える場所ってありますか?」
「はい、地下にありますよ」
「ありがとうございます
ならそこで戦いませんか?」
「いいだろう
だけどよぉただ戦うのもつまんねぇだろぉ
だから賭けるものでも決めねぇか
そうだなぁ負けたら奴隷になるってことでいいか」
「わかりました」

そういうとギルドの人が紙を持ってきた
「ここに名前を書いてください
これはギルドロールといって決闘が行われる際の取り決めや賭け事の誓約書です」

その紙に二人はサインした
その後地下へ移動して闘技場にあがった

「マリンは待っててくれ、すぐに戻って来るから」
「わかったなの~」

そういってお互いある程度離れたところにたち
「これから決闘を始める
ルールは殺人なし、外からの乱入もなし
まずこれらを破った場合冒険者資格永久剥奪とする
そして賭けるものはお互いが奴隷になるということだ
異論はないな?
ではここにギルドマスターが承認する」

まじかあの人誰だって思ってたらギルドマスターだったのか
そんな風に思ってると

「では、始め!」
と開始の合図がでたと同時にヴァイアンは突っ込んで剣を振り下ろしてきた
それを普通にかわして腹に回し蹴りを放つとそこそこ吹っ飛んでいった
「すまん、軽くやったつもりだったんだ」
と決して煽ってるつもりで言ったわけでではなかったのだが
ヴァイアンはキレたようで
「調子にのってんじゃねぇーーー」
とまたも突っ込んできた
その後先程とは違い横からの凪ぎ払いをしてきたのでその剣をつまんで・・・・止めた
「なっ
そんな馬鹿なテメェ何をしやがった」
と怒っていたので
「普通に見てつまんだだけだが?」
そう答えたあとに顔面を今度は力加減を抑えて殴ると先程よりも飛んでって気絶していた

「勝者アキ
規定に乗っ取りヴァイアンはアキの奴隷となる」
「まぁ俺はいらないんで後で奴隷商にでも売ります」
これはこの街に来たときに見つけていたので最初から売るつもりだった
「それも自由だ」

そうギルドマスターが言ったと同時にものすごい拍手が湧いた
「ありがとなヴァイアンを倒してくれて」
「俺らも困っていたんだありがとー」

などと感謝された
ヴァイアンは相当悪いやつのようだ
なので武器や防具、お金をすべてとった状態で奴隷商に行こうと決めた
てかBランクって全然強くなくね?と思ったアキであった




今回はここまでです
対人戦闘は初めて書いたのでなにかおかしな点あったらコメントお願いします!



「選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー310507

    武器、金等々奪い男は奴隷商へ…素行が悪い男は買われることなく体を酷使する場で使われる存在に…そして死に至る…うん…主人公が悪役に見えてきた…

    1
  • ノベルバユーザー297118

    できれば相手のステータス表示して欲しかった

    1
  • ノベルバユーザー275924

    それは確かに(笑)

    0
  • ノベルバユーザー254249

    どうせなら最初に鑑定してからとかじゃなきゃホイホイ戦わない気がする。
    そして強奪してほしい

    1
コメントを書く