選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜

アキ・焔

うちの従魔は

「・スター・・て」

ちょっと待ってと思って二度寝しようとすると今度は先程よりも大きい声で

「マスター起きてーー」

と言われて

「はいっ!」

と返事して起きた。
少し頭が冴えてくると、ん?と思うことがある。
そう、誰が声をかけてきたのかということである。
周りを見るとスライム以外にはいなかったからである。
しかも少しだけ先程よりも明るい色になったスライムである。

そして暫く考えていると再び声が聞こえてきた。

「マスター起きたの~」

声のした方を向くとそこにはスライムがいた
そのスライムとはマリンのことである。

「マリンまさか喋れるのか?」

すると

「そうなの~マスターが名前をくれた時に体がチクチクしてそのあと喋れるようになったの~」

そこで、少し鑑定してみると、いろいろ変わっていた。


名前  マリン

種族  ブルースライム

レベル2

性別  メス

ステータス

HP167(+123)
MP201(+154)
攻撃101(+80)
防御155(+110)
素早さ181(+124)
魔攻198(+163)
魔防158(+110)

スキル

火魔法Lv3
水魔法Lv6
土魔法Lv4 NEW!
言語理解 NEW!
念話 NEW!

固有スキル

吸収
分解

称号

アキの従魔
進化した者


となっていた。
そして自分のことも鑑定してみたところMPが1割を下回っていたための魔力欠乏が起きたのだと思われる。
というよりスライム進化してものすごい強くなってね。
そして魔法特化になってる、これに関してはラッキーだな今は俺が魔法を使えないため前衛と後衛ができる。
そして土魔法が新しくあるがLvが火魔法よりも高くなってる。

とりあえずスライムに聞きたいことを聞こうと思い

「なんか体に異常とか違和感とかあるか?ステータスが大幅に上がってるからなんかあったら言ってくれ」

すると、

「大丈夫なの~体が軽くなって動きやすくなったの~」

「それは良かった。あともう一つはなんで最初にステータスが他のスライムよりも高かったのか分かるか?」

「前に別の水場が狼の群れに教われたときに他のスライムが死んじゃったの~暫くしたらいなくなったの~その時私は隠れてていたから無事だったの~そして仲間の核を食べてたら少し強くなったの~」

「そうかありがとう辛いこと聞いて悪かったな」

「大丈夫なの~スライム同士はあまり仲良くないの~だから大丈夫なの~」

「つまり核を食べると強くなるのか?」

「多分そうなの~」

多分吸収と分解のスキルのおかげだろう。

「よし、今まで荷物になるから取ってなかったが次から倒した核は食べていこう」

「わかったなの~」


現在のステータス

現在のアキのステータス

名前  アキ・シンドウ 18歳

種族  人間 

レベル11 

性別  男

ステータス

HP637 
MP86 
攻撃632 
防御635 
素早さ641 
魔攻84 
魔防88 

スキル

召喚魔法(Lv8)  従魔 スライム
鑑定(Lv5)  
棍棒術(Lv4)  
剣術(Lv5)  

ユニークスキル

強奪(Lv3)  

称号

神に選ばれしもの
遊び人
従魔を連れし者
進化させし者 NEW!

所持金

47000円(銀貨4枚大銅貨7枚)


名前  マリン

種族  ブルースライム

レベル2

性別  メス

ステータス

HP167
MP201
攻撃101
防御155
素早さ181
魔攻198
魔防158

スキル

火魔法Lv3
水魔法Lv6
土魔法Lv4
言語理解
念話

固有スキル

吸収
分解

称号

アキの従魔
進化した者




2本投稿できました。
今週中にもう1本投稿するつもりです。
さてさてマリンはどうなっていくのか!
コメントや指摘お願いします!

追記 アイテムボックスがあるのに魔物の核を捨てていたのはアイテムボックスがMP依存のため初期容量が少なかったからです。これからはステータスも上がったので取っていく予定です。

「選択権〜3つの選択肢から選ぶチートは!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • 貴島白

    教われたじゃあなくて襲われたじゃないの?

    0
  • ノベルバユーザー254249

    これはかなり面白い!
    これからも期待しながら見ちゃいます!
    3つの選択肢が他にもあったりするのだろうかー?とか、楽しみ!

    0
コメントを書く