道化師の心を解いたのは

chocolat

転校生

 
「ことり、早くー!」

「ちょっと待って!」
 

 山に囲まれて自然豊かな田舎の小学校に通うことりは、クラスの男子たちと遊ぶのが日課。晴れの日は外でサッカーか遊具で遊び、雨の日は体育館でドッヂボール、冬は外でソリ滑り。運動が大好きで、いつも男子と一緒にいた。


 ある時、クラスに転校生がやってきた。全校集会で校長先生から紹介があったものの、あまり話を聞いていなかった私は、その子の名前がわからなかった。同じ学年だったらしく、教室でもう一度自己紹介をした。


「東小学校から転校してきました。大谷葉月(おおや はづき) です。よろしくお願いします!」


そして先生に


「席はことりちゃんの隣ね。ことりちゃん、しっかりしてるから大丈夫だよね。よろしくね!」


と言われ、隣にやってきた可愛い女の子。


「ことりちゃん、よろしくね!」

「うん、よろしく!…えっと、名前なんだっけ?」

「葉月だよ。さっき、聞いてなかったのー?」

「ごめんごめん。じゃあ、葉月よろしくね!」


「道化師の心を解いたのは」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く