一級建築士の俺が貧弱国家を軍事国家に育て上げる。

konoha

産業革命到来 第6話 アイリス、汽車に乗る

「リュウさん!私、汽車に乗りたいです!!」

と、とんでもなく可愛い笑顔を俺に見せ機関車の建築依頼を注文した。汽車は産業革命で生まれた交通機関の一つで色々な分野での活躍が期待されている。

「な、なんでだ?」

「私、海を見ながら汽車の車窓から外を見たいのす!だから、お願いできますか?」

まぁ確かにアイリスの様に旅をしたい住人も沢山居るとアイリスから前に聞いていた。それに、アイリスは女の子だ、旅をしたり遊んだりする事は当然だからな。

「分かった。良いよ」

「やった!ありがとうございます!」

ミッション『首都から海岸沿いに沿って線路を牽き汽車を通せ』

首都フェールシュタットから東に五〇㌔に海がある。まだ名前は決めてないが太平洋の様に広いと言う事は知ってる。まだ彼処は未開拓地で何も手を付けてないので汽車を通して街を作るのも良いだろう。それに、海は国の戦略として重要な役割を果たすのでレベルを上げたら造船所と海軍基地を建設するのも良いだろう。近い未来に起こりゆる戦争に備えた準備も出来る。
線路を首都から東海岸まで牽くのに一○○○万円掛かるが予算的に特に気にする必要は無いので存分に牽く。

場所は変わり『未開拓東海岸』草木生える場所は今から生まれ変わる。アイリス他、護衛の騎士兵を付け到着したのは今後、住宅地となる場所だ。

「海風が気持ちいいですね」

「あぁ、そうだな。ここもやがては賑やかになるよ」

「ショッピングモールお願いしますね!」

「おう!任せとけ」

俺は"魔導建築の書"を開きこの地に一○○軒の家の建設を開始した。海岸に沿って道路を牽き道を挟むと汽車が通る形だけど、やがて自動車が通るから事故らないか心配な面もあるが事故らない事を祈る。
取り敢えず、仮設道路を首都と繋ぎ駅を建設した。駅はドーム状でいかにも産業革命時の駅と感じさせられる。まだ線路は一線だけだがもっと路線を伸ばす予定だ。

「おぉ!やりましたね!東海岸の人口は二○○○人です」

「んじゃ名前は、『ロングアイランドシー』にしよっと」

「ロングアイランドシー………可愛い名前ですね」

ロングアイランドシー東海岸は第二首都にしそれにあたり防衛部隊を設立した。この国、初めてとなる騎士兵東海岸管区は平時一○○○人を配置し海を越えた仮想敵国からの侵攻を守る役割を果たす部隊だ。
アイリスは可愛い名前と言ったが戦争になったら此処が地獄となるのは心悲しい事だ。

「後に此処に海軍基地を建設してしまう事になってしまうけど…すまないアイリス…」

俺はこの現状をアイリスに謝った。

「……大丈夫ですよ、戦争は必ず起きてしまいます…だから、リュウさんにはこの国の発展と国防をしっかりとして下さいね」

「あぁ、ホントにすまない」

「じゃあー、私は早速、汽車に乗って楽しみますね」

「行ってらっしゃいアイリス!」

アイリスはメイド服から美しい白色のドレスに着替え化粧を整え念願の汽車に乗車した。
フェールシュタット駅に到着したこの国初めての汽車「ブルーホワイト」は客車の上がブルーで下がホワイトとアイリスをイメージした塗装で施した。そして、アイリスを乗せた汽車は新都市ロングアイランドシーに向け出発した。
煙突から煙を勢い良く噴出し広い草原に伸びる線路を駆け抜ける。間もなく汽車は目的地のロングアイランドシー駅に到着した。

「海が綺麗」

アイリスの長髪は海風に靡いていた。

「一級建築士の俺が貧弱国家を軍事国家に育て上げる。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く