一級建築士の俺が貧弱国家を軍事国家に育て上げる。

konoha

中世ヨーロッパ時代 第1話 チュートリアル

「では、リュウさん。今からチュートリアルを始めます」

と、可愛らしい少女の声が唐突にチュートリアル開始を宣言した。俺が辺りを見渡してもその少女は何処にも居ない。俺は何処だかも分からない草原のど真ん中で立っていた。

「………チュートリアル?」

「そうですよ、これからリュウさんは建築と魔術を活かして国を建国します。その為のチュートリアルです」

「はぁ…」

まだ完全に理解してきれてない俺は曖昧に返事した。可愛らしい少女はそれに動じず話を始めた。

「問題ありませんね。では、貴方に"魔導建築の書"を与えます。この書は、建築や建物の全てが記録されています。建築するにはこの書が必要不可欠です」

そう言うと、空中からポンッと煙が湧き中から例の"魔導建築の書"と書かれている分厚い辞典の様な本が一冊落ちてきた。中を開くと魔導建築に関する説明欄や建造物の分類欄が書かれていた。

「その本の最初のページに貴方が決めた国の名前を書きましょう。何でも構いません」

「う~ん、そうだなぁ。やっぱり、いい名前が良いよな…」

そう思い考えた名前を本に記入した。

「大栄ディアトリア…ですか、分かりました。最初は王国となります。レベルを上げていくと共和国、帝国、連邦と国は進化して行きます」

少女は俺が決めた名前にあまり反応を示さなかったが取り敢えず現時点の国の君主制は王国、つまり王を中心とした国造りが始まる事を意味する。

「次に、魔導建築の書を使い基本的な建築、道路を牽きましょう。貴方が牽いたこの道路がこの国の門となり国境となります。基本的に道路工事は無料で牽けます。国家予算は関係ありません」

俺は言われた通り魔導建築の書を開き建築蘭の道路工事を選択し範囲を決めすぐさま道路工事が始まった。青い光のオーラが出現すると光の中から道路が出てくる。建設し終えると光は消えた。
最初の道路は補整されてない土の道路で如何にも昔感漂う道路だ。

「出来ましたね。道路もレベルを上げるとコンクリートの道路となります。では、次に住民が暮らす家の建設です。この国の今年度国家予算は五億円となります。家は一軒、一〇万円で建築出来ますので範囲を設定し建てましょう!」

魔導建築の書で範囲を選択し家の建設が始まった。最初に建設した家はヨーロッパでよく見られる二階建ての家で中から住人が出てくる。

「住人は、貴方を国王と認識してるので挨拶してきますよ」

「凄いな…まるでゲームみたいだ」

「ふふ、そうですね。では、家を建設し終えたので次にこの国を守る為に必要な軍隊の創設と城壁を建設します。魔導建築の書に城壁と兵舎があります。建設しましょう!」

城壁は中世ヨーロッパ時代の石材を使用した城壁で一定の距離間隔で監視塔が設けられている。建設費は五〇万円と値段はまぁ安く簡単に建設出来る初歩的な防御壁だ。兵舎はレンガ造りの二階建てで兵舎を建設すると同時に出現する兵隊は鎧を身にまとい建設された城壁の監視塔で監視を開始した。

「これで敵国やモンスター、アンデッドの攻撃を防ぐ事が可能となりました。では、これでチュートリアルを終了します。今から貴方をご奉仕する専属メイドを貴方に送ります」

次の瞬間、神々しい光が発生し思わず俺は目を閉じる。光が収まると俺の目の前に長髪黒髪でメイド服の少女が立っていた。少女はクスっと微笑んだ後、自己紹介した。

「どうもはじめまして、リュウさんの専属メイドとなりましたアイリスと申します。宜しくお願いします」

「ど、どうも…宜しくお願いします…」

緊張してる俺にアイリスは再びニッコリと微笑み可愛らしい表情が俺の目を刺激した。

「一級建築士の俺が貧弱国家を軍事国家に育て上げる。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く