転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします

白猫ゼロ

38話 エルフの国その四

エルフ界王都『アルブヘイム』


そこは異世界でも有数の超巨大都市。直径約150kmの外側をなぞる様に高さ50メートルを超える壁が連なっている。壁には360度全方位に大砲があり、守備の万全さを感じさせる。


「久しぶりに見たけど相変わらず迫力があるわね」


「私は王城アルブヘイムとフェニラクスをしょっちゅう行き来しているからあんまり感動しないわね」


「私達は3年ぶりですね」


王都の南門前に虚ろな目をしながら覇気のない会話を交わしている少女達9人とそれを馬車の上でロリコ...もとい青年が、馬車の上で擬態化しながら土下座しているという第三者視点から見ると実にシュールな光景が映っている。現在時刻は午前8時。東西南北全ての門が開放される時間だ。長蛇の様な行商人らの列の横を豪華な馬車が通り過ぎていく。国の重要人物は実に楽をしているのだが、肝心の本人達は並んでいる人々の列に加わりたいとばかりに行列を凝視している。そして検問も何事もなく、颯爽とスルーされそのまま王都に入る。ここで土下座していた少年────かずとは街の賑やかさに土下座体勢から胡座体勢になり、エルフの国の王都こと『アルブヘイム』の景色を脳裏に焼き付ける。まず目に入るのは多くの人々、朝日が金髪に反射して実に眩しい実に眩しい雰囲気もとい眩しさを醸し出していた。そして何より迫力を出しているのはここからでも見える、シルエットなら山と見間違えてもおかしくないぐらい大きな城だ。壁の何から何までが純白で、三角の屋根は全て黄金色に輝き、それが本能的に否応なく純金だと認識させる。かずとはこの世界に来てからまだ、大都市というものに行ったことがない(フェ二ラクスは一般的には中都市とされている)ので周りの賑やかさに前世の東京を思い出す。東京の23区程の人口密度は無くともかなりの数の人々が朝からバーゲンに並ぶおばちゃん軍団の様に色んな店に殺到している。以前にリアスから「王都に出てる店は一部を除いてほとんどの店が一級品を扱っている」というのだが、きっと住宅街の人々が休日に原宿や六本木などに行く感覚なのだろう。見る人一人ひとりが嬉々とした表情で女性はアクセサリーや服、男性は武器や靴などをそれぞれ買い漁っている光景は無性に懐かしくなる。しかし、そんな様子は知った事かと言わんばかりの雰囲気が馬車の中で漂っていた。無理もないだろう。これから彼女らは地獄のお仕置きを受けるのだから...
彼女らにとって王都の賑やかさは、まるで公開処刑される時に台に連行されて行く時の民衆のざわめきと似たように受け取る。そして一人ひとり(特にリアスは)絶望して、そしてしばらくして現実逃避し始めるのだった。


「あはは、さすが王都賑やかだねぇ~」


「本当ですね、買い物したいですね...生きてたらボソッ」


(ごめんなさいごめんなさいごめんなさい....)


「お嬢様方もうすぐ城に着きますのでそろそろお降りの際、お忘れ物ないよう準備をお願いします」


『はい....』


(というかどんだけ怖いんだよ。リアスなんかマジで放心状態だし、ルナはもう泣いてるし)


◆❖◇◇❖◆


あの後、城に着いて、すぐにリアス達が連こ────案内されて行った。無論俺も何事も無かったかのようにリアスと騎士達の後ろをついているのだが、状況がよく伝わってなかった家臣やメイドが押しかけるハプニングがあったり、緊張でリアスのお漏らしハプニングという貴重なシーンがあったりしたが、どれも騎士達の完璧な対応で危なげなく、呆気なく片付いたのだった。いくら神も恐れるチート能力を持っていたとしてとこういうスキルのは自分で学ばなければならないので要参考だ。(そんな一朝一夕で身に付く技術ではないのでなんとも言えないが)


ついに王妃の部屋に着いたようだ。


(あれ?普通王妃より先に王様に報告するんじゃ...)


しかし、魔王の妹であり、ここまでリアス達が恐るのだからきっと王様も尻に敷かれているのだろう。そして大きな音と共に扉が開かれる。


「どうぞお入りください」


中に入るとそこにはリアスの姉と言われてもおかしくない若い女性が座っていて、その脇に気を付けをしながら小刻みに震えている世話係が居た。


(というか世話係にも怖がられているんかい)


「まぁ、ダフネちゃん達じゃないの!とても大変な状況だったけど何とか生き延びて来られたのね。今日は祝賀会をしなければなりませんね」


「は、はい。命からがら生き延びることが出来ました」


(あれ?この人そこまで怖くないんじゃないか?)


そう思っていた時期が俺にもあった。ダフネちゃん達と一通り話をして、一喜一憂したりした後にリアスとルナの方に顔を向けた。笑顔はそのまま。しかし、目が笑っていない。とても殺意とドSな目をしているのが分かってしまう。


「さて、リアス。ここ二週間ぐらい見当たら無かったのだけれとどうしたのかしら?」


「...」


「ねぇ、ルナちゃんうちの騎士からの報告によると貴方がリアスのお友達としていろいろ協力くれたみたいだね。時にルナちゃん、友達と助け合うのはとても友情的に良いと思うだけど、友達が間違っていたらそれを正すのも友情だと思わない?」


「あははは...」


「二人ともうつ伏せになり、お尻を突き出しなさい」


「「.....はい」」


王妃にお尻を向けるような形でうつ伏せになり、上半身は床にベッタリ着き、膝を立ててお尻を高く突き上げる。そしてスカートを託しあげるよう命じられ、さらにパンツも下ろさせられる。(男のかずとが生理現象に負けたのは言うまでもない)


いつの間に取り出したのか、右手には戦闘用の鞭が握られており、バチンっという音を立てて床を叩き「ひいっ」と二人はたまらず尿液を出してしまう。そんな様子を知った事かと二人のお尻に容赦なく鞭を振り下ろす。


バチィイインという床よりヤバい音が響き悲鳴が聞こえる。


「っひいいいいぃああああああ!!」


「いだいいいいいぃいいぃぃ!!」


一発一発が風魔法のウインドカッターが掠ったかのように二人のお尻を傷を付けていく。鞭を振るう姿はまさに鬼。いくら許しを乞いたとしてもその手は止まらず。余りの激痛にお尻が下がれば、そのまま背中を叩き、カウントをしないというえげつなさは拷問と言っても差し支えないレベルだ。そのうち皮膚が破れ、血が飛び散りそれでも尚お仕置きは続き、二人の意識が5回飛ぶまで続いた。お仕置きの際に王妃様が笑っていたのは決して気のせいではないだろう。


その後部屋に案内されたリアス達の元に突然現れた俺は『100回何でも言う事をきく刑』に処されるのだった。






二週間ぶりです。遅くなってすみません。おそらく次も二週間後です。テストです。ヤベぇです。申し訳ないです(´・ω・`)(´-ω-`)) ペコリ


追伸

少し設定変更をしました。ギルドのランクと通貨なんですが、「分かりずらい」と指摘を受けて改めて考えたのですが、どちらも「こんな要らなくね?」という結論に達したのでコンパクトにしました。

「転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く