転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします

白猫ゼロ

33話 初めてのクエストその七

「よし、全てできることはやりましたね」


明日の準備が一通り終わった時には既に夕焼けが出ていた。詳しい準備を内容を説明すると、少女が服屋で値段交渉無しで即効で大金を使って最高級の服を買って行ったという伝説級の出来事があったあとすぐに美容院に行き、その後家に帰りマヤによるクルトの食べ方と喋り方や世間話についていろいろ指導があり、しっかりとクルトは貴族の嗜みを覚えたのだった。
ベルちゃんの方も貴族か貴族じゃないかと言われたら貴族の部類なのだが、魔族である故になかなか世論に関してはほとんど分からない。


「明日は朝7時30分に三丁目の馬車店ということで」


「「はい!師匠」


「・・・」


確かに少女の知識量は師匠と呼ばれても申し分ないのだが、何の師匠かハッキリしない上に弟子が自分よりかなり年上なので少し困惑している。


「でも師匠、家柄と年収はどうしたら良いのでしょうか?」


「家柄に関しては仕方がないですね、一つぐらい欠けていても問題はないです。年収に関しては資金で誤魔化せます」


「...師匠への借金がどんどん増えていく」


勝手に払うって言っている癖に借金が増えると思い悩むという矛盾を指摘せず、そのままスルーする。


「明日は早いです、マヤさんおやすみなさい」


「おやすみなさいクルト、師匠」


目をつぶった彼女の顔の上に手を被せ、スキル『睡魔』を発動した。ゼロコンマレベルのスピードで強制的に交感神経を沈静化させ、副交感神経を刺激された彼女は夢(トラウマ)を見る間もなく眠りに落ちた。


「師匠今のはいったい...」


「私の固有スキルですーこうゆう時しかー使い道はありませんが」


あたかも戦闘スキルではないと言っていて、それも嘘ではないのだが、このスキルは言わば相手を強制的に眠らすということ。本来これは戦闘スキルではないのだが...戦闘中にスキルが発動して1秒未満で眠りに落とすことができる、戦闘中に寝ることすなわち死を意味する。
まさに最強であり、また相手にとって最凶の催眠術ということなのだが、幸いこの2人にはその事は気付かれなかった。(そもそも戦闘をするということ自体一般的には思いつかないだろうが)


「ではクルトさんもー明日早いですしーそろそろ帰りましょー」


「あ、俺とマヤ同居ですから、というか
言ってませんでした?」


「全く持って初耳です」


冷静に考えれば駆け落ちして、しかも資金が足りない状態、わざわざ二人で別々に住むより同棲した方がはるかに合理的なのは当たり前だ。


「そーですかーでは私はこれで」


そのまま頭を下げ、少女の姿は扉が閉じると共に青年の視点から消えた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~3日目~

「起きてください!あと10分で馬車来ちゃいますよ!!」


「むにゃあ...まだ起きたくないの〜」


「あ、おはようございます師匠!ほら、マヤもそろそろ起きないと遅刻するよ」


「いやもうすぐ馬車行っちゃいますよ!?」


さすがにベルもこの二人がここまで手間が掛かるとは思わなかった。「帰ったらギルドに報酬上げてもらうようにしよう」と心に誓い、今は目の前の事態に対する収拾に徹する。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~5分後~
「待ってぇぇえええ!!」


馬車が既に待ちかねて出発しようとしていた。ギリギリ間に合わないと感じ、土魔法ではなく闇魔法の『摩擦変化フリクショナレータ』を発動する。馬車が急に動かなく、否、進まなくなっている。これは馬車の車輪と地面の間の摩擦を増大させた結果だ。『摩擦変化 』は直接戦闘には向かない魔法だが、その用途は多様性を極めていて非戦闘高位魔法として使える者はこの世界において三桁を上回らない。無論魔力消費は決して少ないとは言えない上に摩擦との緻密な計算が必要不可欠だ。単純に考えれば土魔法の『地盤変形グランドチート』を応用して車輪の部分を沈下させればいいと思うが、その後魔法を行使したのがバレて営業妨害(この世界の法律でも商業などの活動を正当な理由を持たずに妨害した場合、犯罪として町内会で処罰される)となり、間に合ううんぬんどころか結婚なんていってる場合ではなくなってしまう。証拠を消す方法もあるのだがその場合闇魔法の『魔法消滅グラムロスト 』を使わなくてはならない。どちらも『摩擦変化』以上にそれぞれ魔力、集中力が必要で、結局手っ取り早く『摩擦変化 』を使用した方がいいのだ。
馬車の運転手は降りて状況を確認する。そこへ駆けつけたベルちゃん達に他の乗客から冷たい眼差しと疑いの眼差しが向けられたことは言うまでもない。


「いやぁ〜なんとかなりましたね、それにしても何で馬車止まったんでしょうね?」


そこでわざわざ「私がやりました」と言うほど少女は迂闊ではない。颯爽とスルーして話題をもっとこれからのことに変える。


「時間がなく、着替える暇がありませんでしたが、馬車から降りたらすぐに着替えましょう。それと今のうちに昨日のおさらいをしておいてください」


「は、はい!」


ベルはマナーなどに関しては問題なく、それはマヤにも言えることだ。マナーの確認が終わったあと着くまでまだしばらく時間があったので馬車に揺らされながらそのまま睡眠をとる。



「もう帰ろうかな...」そう少女が思うのは無理もないことだ。視線を向ける先にはカップルの寝顔がある、これから本番だと言うのにこの有様というのもなかなかな問題だがそこではない。


「不眠症治ってるやないかい!!」


ここまで来たら大船に乗った。いや、乗せられた気分でしぶしぶ覚悟を決めるのだった。
街に着き、馬車を降りるとそのまま30分、同じような街並みを見ながらマヤの案内の元歩いていく。すると小さな家ばかり並んでいる所に一際大きい屋敷にたどり着いた。二人とも息を呑んであからさまに緊張している。マヤの呼び出しのベルを鳴らそうとしている手は紙すら掴めるか心配なほどに震えていた。勇気を振り絞ってベルの音を流した。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「「本当にありがとうございました!!」」

深々とお辞儀をする新婚夫婦を前にただ少女は疲労感とそれに匹敵する達成感を味わいながら二人の後ろの夕焼けを眺めていた。年収や身分はほぼでっち上げなので最後までかなり疑っていたが、両親は娘が無事に帰って来たことだけで胸がいっぱいだったらしく、意外とすんなり話は進んだ。なんというか、心配を掛けたことが逆に幸になるとは世の中はかなり理不尽なようだ。無事家に着いた新婚夫婦は早速ベッドで...なのでとりあえず放っておこくとして、フェニラクスの街に帰ってきた時には既に丑三つ時を回っている。これは今のうちに言い訳をまとめて置かないといけないような気がしてきたのでまた疲れがどっと来るのであった。既にこの歳で経験済みの彼女(たち)だが、一応かずとも欲望が理性を凌駕したとはいえ、彼女らから女性の(最も重要な)貞操は守ることにして、接吻だけで済ましたのだ。彼女自身にもまだ早いと分かっているが、これからその本番をやろうとしているペアを見るとなんともスッキリしない気分なのである。二、三重のストレスを胃に貯めて渋々それでも猛スピードでギルド支部に向かうのであった。
そして彼女がギルドからお金をありったけ踏んだ食ってやろうと思ったのは言うまでもない。




_____________________________________________________

皆さんすっごくお久しぶりですm(_ _)mソシテゴメンナサイ


えーと何があったかと言うといろいろあるんですけど大雑把に説明すると3月上旬に行われた期末テストが終わったあと成績がヤバかったもので少しスマホ差し押さえされていて、その後3月下旬頃にスマホが解放されたのですが...。
ちょっとエ〇動画みてたらあれにスマホがやられまして.....すんごい大騒ぎになってつい四日前にやっと新しいのが届きました。その後3日ほど何か忘れてるなー....ってなって思い出して今に至ります。



皆さんマジすみませんでした!!!



        m(_ _)m



あと更新ペースのお話しで、残念ながら僕の成績があまり(にも)よろしくないので、かなり今猛勉強中ですので更新ペースは1週間に1回またはそれより遅くなるのでよろしくお願いします。それとあとこれとは別になんか新しい小説でも書こうかなーなんて思ってるのでコメントで意見下さい。


さて話題は今回『初めてのクエストその七』ですが今回で一旦『初めてのクエスト編』は終了したいと思ってます。何故かというと単純に読者の皆様がいつまでもダラダラやってると飽きてしまわれそうなのとなにより作者が飽きているからでございます(笑)
『初めてのクエスト編』の続きはまた気が向いた時に残りの5人分を書こうかなと思ってます。
あと今回本当は、マヤの両親との対面シーンも書こうと思ったのですが、なかなか上手くいかないし、結果はぶっちゃけベルちゃんがいる時点で見えているので辞めにしました。もし対面シーン書いて欲しいってコメントがいくつか来たら初めてのクエスト編の続き同様、気が向いた時に書こうと思ってます。
それと今回初めて『ルビ』の機能を知ったので使用して見ました。そのお陰でなんか厨二チックな魔法名とか出せたので個人的には感激しております。今まで魔法名を詳しく出していなかったのでかなり違和感を持った方多いと思いますので、厨二病見たいな魔法名出したり変な説明するのヤダヨーって方は遠慮なくコメントしてください。数によってはこれは今回限りにする予定です。

「転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 破壊神フラン

    作者が私と同じ状況だァー

    0
  • ゼロ

    面白いので楽しみにしてます!

    1
  • ドラコン

    勉強頑張ってください(`・ω・´)

    2
コメントを書く