転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします

白猫ゼロ

29話 初めてのクエストその三

~かずと住民お手伝いクエストその二~
~一日目~
俺は午前の木こりクエストが終わり昼食を取ったあと2時集合のお掃除クエストに向かった。


二丁目のお屋敷の掃除って奴なのだがまぁ正直だるかった。

何故かっていうとスキルや魔法がガンガン使用出来ないんだよ...

せいぜい汚れた雑巾を浄化魔法で綺麗にして、濯ぐ手間を省く程度だ。

俺の他には誰もこのクエストを受けてる人はいなくて、さらにめっちゃ埃まみれだった。

依頼主のおじいさんが「お前さん一人だけだから報酬は高いぞ」と言っていたがここまで広い屋敷になるとかなり時間がかかる。
一応ドラゴが手伝ってくれているが、まぁなんというかスキルや魔法が浄化魔法以外役に立たないとめんどくさいなぁ...ってまてよ、屋敷全体に浄化魔法をかければいいんじゃん!!だが既に半分以上を掃除してしまっていた。
もっと早く思いつけば良かったああ!!


A:...ップププ


ねぇGREEさんGREEさんや、あなた気付いてて無視してたんじゃないの?


A:いやぁ...あまりにも面白いから(笑)


腹抱えて笑ってるのが想像出来るぐらい笑い声が聞こえ俺は溜息を漏らす。


とりあえず屋敷の外に出て屋敷全体に浄化魔法をかける。


「あ、終わりましたんで」


「おおっ!一人でこんなにも早く終わるとは、是非ともお茶でも飲んでって下さいな」


「わざわざありがとうございます」


時間はまだまだあるのでお茶を頂くことになったのだが...


名前:ダークネス・アサシン
種類:アサシン
属性:闇
危険度:A
レア度:SS


Lv100000

体力:80000/80000
攻撃:100000
防御:60000
すばやさ:最大速度,時速210km

使用可能魔法:影縫い、影潜り、闇纏い、シャドーソード

固有スキル:隠蔽

説明:元大富豪の家に住み、悪質なイタズラをしているエルフ界No.1の極悪非道のモンスター。
アサシンの中でも嫌われているが実力故、地位は高い。


爺さん切れて脳卒中起こすぞ!?


「貴様か!せっかくオイラがこのジジイの金庫の鍵を隠したり、掃除の奴が来たあと即効で汚してやってりしてたのに!浄化魔法なんて初心者が使うもんじゃねーだろ!あーもう仕方ねぇなぁ、10年間ぐらい住んでたけどおさらばかよ、せめててめぇだけでm(ry」


「グハッ」


アサシンは体を斬られ後方に転がっていく。

いつの間に剣を取ってきたのかものすごい形相で爺さんが剣を構えてる。


「お前のせいで...お前のせいで!汗と涙の財産を奪われ、妻は逃げ、息子は仕方なく騎士団に入り私と娘を養ってる...許さんぞ!この人でなし!!」


あーこりゃアサシンの生命終わった感じですね...


「いや、人じゃないんだけどね!?まじすいません調子乗ってました許してくだ...」


「ライトソード!」


爺さんはそのままモンスターをギタギタに切り刻んだ。

ギャァァァァァァという断末魔とともにアサシンは肉片になった。
アサシンの元には大きな鍵があり、爺さんがそれを拾う。


「もっと早く見つかれば....」


「ありがとう!かずとくんと言ったかな?是非我が財産を心行くまで持って行ってほしい」


「いえいえそんなせっかく見つかったのに悪いですよ...」


まぁ、これは建前で本当はスキル『マネーブースト』をさっき創ったばっかりで正直資金もらったって嬉しくも何ともないからなのだが...
だが、何度言っても御礼をしたいと言うので仕方なく金庫に向かう。


でっかい扉に爺さんが鍵を差し込む。扉を開けるとそこはこの爺さんが実はギルガメッシュだって言われても信じてしまいそうなぐらい財宝で溢れかえっていた。

とりあえず部屋の資金以外のものを調べて行く、結局俺が手にしたのは一番レアそうな武器とネックレスだった。

レジェンドガバメント
種類:〖武器〗・[片手銃]・魔法の銃
総合評価:SSS
レア度
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
素材:不明
定価:不明
重さ:1kg
耐久性:SSS
連射力:SSS
射程:無限
エイム:ハイパーオートエイムあり
使い心地:SSS
説明:2000年年前に作られた最初で最強の魔法武器、魔王でも実力不足ゆえ適合せず、適合者がいない故今ではお飾りになっている。


直感的に俺なら使えると悟ったのと、魔法銃めっちゃ憧れてたってのがある。
にしても2000年前の人のセンスにマジ感謝!この世界魔法か剣か槍かで銃がなかったんだよおお!


A:ちなみに作られた当時は銃という認識ではなく、一部の攻撃魔法を魔法陣を敷かずに高速で放てる武器という感じで、魔法補助道具のような認識だったんだってー。
これはモデルにならなかったのですが、後に転生者から銃が伝わってきて、学者が研究したところ世界で最初の魔法武器であることが分かったんだってよー


なるほど、2000年前って言ったら日本は縄文時代だな....この世界は昔は文明が進んでたのになんでこうも街が俺がいた世界みたいに豪華じゃないのだろうか?


A:逆にマスターはこの世界が前の世界みたいになって欲しいの?


んーせっかく転生したんだし、前の世界みたいなのはやだな、トラウマだし...


A:トラウマどうこうは置いといてまず前の世界にわざわざ揃えたいって人はあんまりいないんだよ。


なるほどねぇ...


奇跡の腕輪
種類:〖道具〗・[腕輪]・魔法の腕輪
総合評価:SSS
レア度
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
素材:神邪石
定価:ダイヤモンド貨×10枚
重さ:2kg
耐久性:SSS
美しさ:SSS
説明:1度だけ奇跡を起こせるという、かなり凄いやつ。奇跡はここぞという時しか発動しない


なんか役に立ちそうだったので貰っていこう。


「本当にこれだけでいいのかい?」


「これだけでも充分過ぎますよ」


「またなにかあったら力になるよ、今日は本当にありがとう!」


俺手抜いて浄化魔法使っただけなんだけどな(笑)


A:まっいいじゃないの、結果オーライ


そして俺は爺さんに別れを告げそのままギルドに帰った。


名前:ライグァ・グラフィティ
年齢:58歳
性別:男達
種族:エルフ族
職業:事業アドバイザー
身長:169.2cm
体重:51.0

LvMAX


体力:100000000/10000000
攻撃:10000000
防御:10000000
すばやさ:最大速度,時速14km
魔力:MAX+40/MAX+40

使用可能魔法:Sランク:エアグラビティ、シャイニングフォース
以下Aランク長押し

固有スキル:究極闇属性キラー、究極商業、究極交渉術

称号:元大富豪、商道マスター

説明:若くして商業で大成功、世界指折りの大富豪となったが魔物のイタズラによりドン底に叩き落とされたが、商業アドバイザーとして名を馳せている。


にしてもこの爺さん偉いなぁ、てかすげぇなぁ。まぁなんと言いますか、良かったな爺さん!


俺いいことしたって実感全然湧かないけど...


~2日目~

俺は木こりの手伝いクエストが終わったあとギルドの向かいのレストランでカレーを食べる。
なかなか美味しいのだが個人的にはちょっと辛すぎるかなぁ...舌がヒリヒリする。


するとさりげなーく向かいにリアス(変装した)が座ってきた。


「おっはー!というかこんちゃー!かずとクエスト終わった?」


「おう、午前中のは終わった。これから別のクエスト行く予定なんだが、リアスはこのあとどうするんだ?」


「私はさっき討伐クエストで結構GPとか報酬稼いできて疲れたから午後は昼寝して暇になったら適当にブラブラしてるつもり〜」


「一応バレないように気を付けろよ?」


「分かってるって!」


よく分からないがリアスから感じる違和感はどうもダフネちゃん達といないと感じられない。
しかしこれと言ってリアスとダフネちゃん達の間になにか悪い因縁のようなものは感じられなかった。
というより俺らはリアスに関してなにか見落としているような気がしてならない。


「かずと、おーい!か・ず・と!!」


「お、おう!すまん、ボーッとしてた」


「もぉー!まったくかずとはいっつもボーッとしてるの何とかならないの?」


「悪い悪い」


「明日でちょうど私たちが出会って1週間だねって話♪」


「そいえばそうだな、なんかパーティでもするか?」


「いいよそんな大げさな」

 
そんな会話をした後、俺とリアスはレストランの出口で別れて俺はそのまま次のクエスト『一丁目の荒地を耕す』に向かう。


まぁ、世間は狭いな...改めてそう思った。


「あれ?かずとじゃん!もしかしてかずともこのクエスト受けるの?」


木こりの手伝いクエストで知り合った少女の一人とばったりクエストの場所で会った。


「うんそうだよ、世間は狭いね(笑)」


「同じ街だからよくあるわよ(笑)」


「そういうもんか」


依頼主からとりあえず二人だけで大変だろうが頑張ってくれと言われ鍬を渡されたが残念ながら俺は最初っから正直にやるつもりはないんだな〜


『想像召喚』自動耕し機!

荒地にでっかい作業車が現れリモコンが俺の手の上に召喚される


「「ちょっと何やってんの!?」」


依頼主と少女2人して口を揃えて奇声に近い言葉を発した。


「まぁ、見てくださいよ」


俺がリモコン操作をしてそのまま自動耕し機が動き、通ったあとがしっかり耕されているのを依頼主が見ると感嘆の声を上げた。


「なんと!これならわしでも簡単に作業ができる!これほど便利なものをわざわざ、なんと御礼を言えばいいものか!!


「御礼なんていいですよ」


どうせタダだし...


だが言うよりも遅いか早いかで依頼主はすぐに御礼を持ってきてくれた。


「これは『銀のグリザイアの果実』といって金のグリザイアの果実ほどではありませんがとても美味しい上にステータスがなにかいい固有スキルが一つ手に入るそうですよ」


「ありがとうございます!」


「お嬢ちゃんもどうぞ」


「わ、私なにもしてないのにいいんですか!?」


「おまけだけどいいよ、ちょうど2つ残ってたし」


「あ、ありがとうございます!」


グリザイアの果実[銀]
種類:〖果物〗・[林檎]・グリザイアの果実
総合評価:SS
レア度
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
素材:不明
定価:エメラルド貨5枚
耐久性:S
役立ち:SS
説明:神話に出てくるグリザイアの果実の格安レプリカ。
レプリカながら食べると美味しい上に一つだけ固有スキルが追加される。


美味しいものとしては嬉しいのだが、正直『スキル創作』で創れてしまうからあまりアイテムとしての役割はいらない。


そいえば木こりの手伝いクエストでも一緒だったこの少女、実は昨日のおじいさんの娘らしかった。


「そいえばあんたこんな凄い魔法使ってて農業やってたってのやっぱり嘘でしょ!?」


とりあえず男達に説明したように正直にも同じように説明する。
だが、少しまだ疑いが残っているようだが俺はあまり気にしなかった。


名前:レイ・グラフィティ
年齢:18歳
性別:女
種族:エルフ族
職業:冒険者
身長:157.2cm
体重:48.8㎏

Lv50


体力:150/150
攻撃:50
防御:50
すばやさ:最大速度,時速19km
魔力:1000/1000

使用可能魔法:ヒール

固有スキル:嘘看破、乙女の秘密

称号:しっかり娘、人見知り、ミニS、双児のエルフ

説明:元大富豪ライグァ・グラフィティの娘、しっかりしていて少しSだが、意外と人見知り。
平凡ながらそれなりに努力家で、同い年の騎士の兄に憧れている。


~今日~

ンア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙!!

そいえばステータスにしっかり兄が騎士だ的なこと書いてあったじゃん!


A:ププッ


あれ?GREEさん?もしかして分かってて知らないふりしてたんじゃないの!?


A:あそこでマスターが気づいていたとしてもどっちにしろ詰んでましたし、別にどうでもいいかと?


ンア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙なんかムカつくぅぅぅ!!


飲み会のあと心の中で2人で漫才をしていた俺は傍から見たらちょっと悲しい奴だったかもしれない...


_____________________________________________________
今回は切りいい所までええってやってたら5000文字超えちゃうほど長くなっちゃいました(笑)
なんかもうアレなんで更新ペース2日に1話をベースにしますね!


読者「語彙力身につけような?」

「転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く