転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします

白猫ゼロ

26話 エルフの国その三

しばらく歩いていると『冒険者ギルドフェニラクス支部』と書いてある普通の家より少し大きめの建物が見えた。


「着いたよ!!」


「ここが冒険者ギルドというやつでございますか...」


ギルドの扉を開けるやいなやエルフの少女がリアスに抱きついてきた。


「久しぶり〜リア!もー連絡くれないから心配してたんだぞ〜プゥー」


頬を膨らませながらリアスに抱きついてる 。


「久しぶり〜ルナ!ごめんねーちょっといろいろあったから来るの遅くなっちゃった」テヘペロ


という感じにルナと呼ばれる少女の頭を撫でている。傍から見たら仲の良い姉妹、またはシスコン姉妹に見えていただろう。
いや、でも俺からみて似てるだけでエルフの皆さんからすると仲良い友達ぐらいなのかもね。


「それで、リア!そこのハーレムなお方は?もしかしてリアもハーレムメンバー!?キャー!!もう男連れてきちゃってぇ〜お母さんにめっちゃ怒られるぞぉ」


「ち、違うわよ!それにどっちにしろママゲフンゲフンお母さんには怒られるわよ...」


「あ、どうもカミジョウカズトと申します」


「詳しい情報は中で聞くよ、どうせ変装したリアと一緒にいるってことは訳あり確定だもん♪」


俺らはルナとともにギルド内に入り、奥の部屋に案内された。


名前:ルナ・エルメロイ[偽装]
年齢:16歳
性別:女
種族:エルフ
職業:ギルド職員
身長:161.2cm
体重:49.6㎏

Lv50

体力:150/150
攻撃:150
防御:150
すばやさ:最大速度,時速20km
魔力:150/150

使用可能魔法:Bランク以下全魔法可能(風)、ヒール

固有スキル:乙女の秘密

称号:ドS、信頼王、ギルドマスター

説明:最年少ギルドマスター。国からも民衆からも信頼されている。ドSなのがたまに傷




偽装...なんだこれは?


A:これは固有スキル、ステータス偽装でしょう。魔眼系のスキルで見るステータスの情報を自由に変えられます。
自分だけでなく他人のステータスも偽装できるので結構厄介です。
対処方法は真眼系のスキルホルダーじゃないと偽装を見抜けないどころか偽装されてるのにすら気付きません。
ちなみにマスターの邪王真眼は真眼系のスキルも入ってるので看破できますよ、偽装の部分を長押ししてください。


こうか?


言われるがままに[偽装]と書いてあるところを長押しする。


するとさっきとは全然違う数値が出てきた。

名前:ルナ・エルメロイ
年齢:16歳
性別:女
種族:エルフ
職業:ギルド職員
身長:161.2cm
体重:49.6㎏

LvMAX

体力:MAX+10/MAX+10
攻撃:MAX
防御:MAX
すばやさ:最大速度,時速120km
魔力:MAX/MAX

使用可能魔法:Sランク:エアグラビティ、レジェンドヒール
以下Aランク魔法長押し

固有スキル:危険察知、気配察知、超絶勘、偽装プロテクト、乙女の秘密

称号:ドS、王女の親友、信頼王、ギルドマスター

説明:最年少ギルドマスター。国からも民衆からも信頼されていて、リアス王女の親友でもあり、実力はエルフ界でも指折り。ドSなのがたまに傷


すげぇ、全然違う...まぁ、ギルドマスターがそんな弱いわけがないのは事実。
確かに隠蔽で隠すよりも遥かに厄介だ。情報を教えないのと嘘の情報を教えるのとでは圧倒的に嘘の情報を教えられた方が困るに決まってる。いや、困りすらしないだろう。さすがドSと言うべきかなんというべきか...


「んでリアのことだからこの部屋貸してって言うんだろうけど生憎この人数じゃ無理があるんじゃないか?」


「それもそうね....どうしよ」


ちょっとリアスさん!?そこは考えて来たんじゃないの!?


「なぁ...俺外で寝ようか?」


「君が外に行ったってこの部屋に8人も入らない、せいぜい4人が限界よ」


そんなもんか....部屋の広さは6畳分ぐらい。ものがほとんどないから少し広く見えるが、ここで寝るとなるとどうしても不可能だ。


「まぁテントを使って外で寝れば大丈夫だと思うぜ」


「それは辞めといた方がいいよ、ここは獣人族のエリアから程遠いのはわかってるけど一応念の為外で寝るのは厳禁よ」


「それまたなんでですか?」


「君、エルフなのにそんなことも分からないの...」


「え、あーその...」


「....なるほどねリアの連れだから訳ありだとは思ってたけど君たちも変装してたんだね」


「そうゆうこと、それで何とかなりそうルナ?」


「そうだね、あとの3人が隣の物置で寝てもらって、リアスとかずとくんが薄暗い屋根裏部屋で2人っきりで寝てもらえば解決するんだけど。
別に夜は誰もいないから声のボリューム気にしなくていいよ♡」


「ちょっとリアスそれどうゆう意味!?」


「さぁ、リアスはどうゆう意味だと思った?」


「そ、それは...そのなんというか」


「んーなになに聞こえないなぁ〜一体何をかんがえてたのかなぁ?」


「うぅ...」


俯くリアス、さらに煽りまくるルナ、ドSの名は伊達じゃない...


「ところでルナさん、俺らギルド登録したいですけど...」


しばらく考えてからルナさんはこう言った。


「ギルド登録もいいけど、その前に私もさんざん協力してあげたんだから二つ言うことを聞いてもらうよ」


「な、なんでしょう...」


ドSの言うことを聞かすというのは結構怖いのだ...うん怖い、分かる人には分かるよね?


「まずは、リア以外のみんな変装を一旦解いて正体を教えて」


ということで、みな変装を一回解く、それで今までの状況を全て(ドラゴのことは伏せて)話した。


「なるほど、こりゃたまげたよ。七つの大罪のお偉いさんに噂の『深淵の黄金アビスムーン』が目の前にいるとは」


「『深淵の黄金アビスムーン』?」


ゴールドブラックというのは聞いたことがない一体何なのだろうか?


「予想通りね、『深淵の黄金アビスムーン』ってのはあんたの二つ名よ。由来は左右違目のことだそうね、まさか本当に金眼を見られるとは、しかも黒眼黒髪だけでも珍しいのに違目なんて。
そんなのは歴史上君一人だね」


「そんなに俺有名だったんだ...」


二つ名だから仕方ないんだろうけどこれはちょっと恥ずかしい


「そりゃそうよ魔族を救った英雄様よ、少なくとも私たち親魔派はそう呼んでいるわよ」


英雄とか勇者とは真逆の邪神なんだけどね(笑)


「マジっすか」


「にしても転生者って私の勘は当たってたのね」


「まぁ...超絶勘だもんな」ボソッ


「今なんて!?」


「い、いえなんでもないっすよ」


「そ、そう...ごめんなさいね」


「いえいえ...」


ふぅ...危ない危ない思ったことがつい口に出てしまった。
少し怪しまれたがなんとか誤魔化すことが出来た。
もし邪王真眼の存在が知られると大騒ぎになりかねないので隠し通したい。

真眼と邪眼のスキルを両方持ってるんだと言えばいいじゃないかと思ったが、GREE曰く、『魔眼系スキルと真眼系のスキルを両方持ってる人は存在しません。
どっちにしろ大騒ぎになります。』
だそうだ。いろいろとめんどくさいな...


「んでもう一つは....」


全員にゴクリと息を呑む。


「全員リアみたいに私のことルナって呼ぶかルナちゃんって呼んで!」


『ふぅ...』


全員安堵した。しかしこのあとリアスに悲劇が待っていた。


「んでリアはなんもお願い聞いてないからみんなの前で公開Pーーーーーーーーーーね♪」

んん?

「え!?ちょっとそれはないんじゃない!?」 


聞き間違いだと祈る俺。そしてあっさり裏切られるeto....


「え〜なんで〜リア毎回泊めてもらう代わりに私の前でPーーーーーーーーーーして貰ってたじゃん」


言っちゃダメそれは放送禁止用語、R18指定の単語だから!!というかリアス一人でPーーーしてたんだね...


「そ、それはあんただけだったけど、今は違うの!この娘たちもいるし、なによりか、かずとがいるんだもん!」


ああ、認めっちゃった。これはもう幻滅確定ですな。うん。


「大罪ちゃん達は私の勘だともう処女捨ててると思うんだよねー」


『まぁそうです』


ルナ腹を抱えて笑い転げ、言った。


「いやぁ...噂の『深淵の黄金アビスムーン』さんが実はロリコ...」


「それ以上言うなぁああ!!」


「確かに冗談です」


「ちょっと笑えないから辞めてくれ...」


「でも、かずとさんさえ良ければ私は何時でも受け入れますよ♡」


「...」

なんだかんだで俺をいじりまくったルナは30分ぐらいして、やっとギルド登録の話をしてくれた。


「基本魔族はダメなんだけどねぇ〜まぁここは親魔派だからいいけど、それまたなんで魔族の君たちがギルドに入るんだい?」


「交通費削減が一番ですね」


またもやルナは腹を抱えて笑い転げる。


「そ、そんなに面白いんですか?」


「交通費削減が目的でギルド登録する人初めて見たんだもん(笑)」


結局なんだかんだで変装をまたして、受付に行った。


まぁなんだか宿に関しては解決したけどこれからどうするんだろ?


そんなことを思いながら受付に俺らは並んだ。



_____________________________________________________

昨日忙しくて投稿出来ませんでした。すみませんm(*_ _)m



作者からのお願いなんですけど、前にも言ったんですけど、アンチコメントするのは別に悪いことじゃないと思うんですけど出来ればなにが悪かったのか書いて欲しいですね。
ただ「つまんない」とかだとなにが悪いのか分からないから修正も出来ないからちょっとスッキリしないんですよ...
悪いところはなるべく早く修正するつもりですし、実際読者さんの意見でステータス変えたりもしているので、つまんねーなぁって思ったら口調悪くてもいいのでどこが悪かったか、出来ればどうゆう風にすればいいかとか書いていただくか、それが出来ないならただ不快なだけなのでコメント控えてください。

「転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 成田まりも

    普通にっていうかむちゃくちゃ面白いです

    4
  • ビイムちくわ

    面白いよ

    4
コメントを書く