転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします

白猫ゼロ

17話 初めてのダンジョン攻略その一

さて、首輪を外してあげないとな

「『スキル創作』物質分解」

とてとてとリアスに近づく俺...どんどん顔が引き攣る銀髪の彼女。


「ヒイイィ!やめてぇぇええええ!!」


首輪壊すだけなんだけど.....

「ヒィイ!」

目を瞑るリアス

ごめん。俺が悪いっていう要素ほとんどないけどごめん。

とりあえず首輪に触る...スキル発動物質分解!

首輪が鎖とともに塵になった。このスキル使い方間違えるとやべぇ...

ついでに状態異常回復の魔法も掛けておく。


「え?」


キョトンとしたリアスは首輪が外れたことに気づいて涙をポロポロこぼした。
そしてしばらくして俺の方に気づいた。


「疑ってごめんなさい!そして、ほ、本当にありがとうございます!!」


といいながら彼女は土下座した。


「いえいえ...大丈夫ですよ、頭を上げて下さい」


「で、でも!ほ、本当に危ないところをありがとうございました!」


「そんなのお安い御用ですって、でもなんで捕まっていたんですか?リアスさんのステータスならあの誘拐犯にも一人で圧勝出来たと思いますが...」


まぁ、恐らく麻痺だろうがここはコミュニケーションを優先。


「いえ、タメ口で大丈夫ですよ!リアスって呼んでください!」


いや、あなた一応エルフの国の王女様だから敬語にしてるんだけど...しかも質問と答えが噛み合ってないよ!?


「分かった。それでリアスなんで捕まってたの?」


「エルフ界の一番南にあるドラゴニア平原っていう名前によらずドラゴンどころかモンスターすら出ない日当たりの良い平原なので、ちょっと行ってみたら眠くなって、寝てしまい...気づいたら捕まって麻痺薬でも打たれたのか麻痺状態になってて...」


王女様が警護なしで、出かけて無防備で昼寝してるところから特大ハリセンを用意したいな...。


「うん、警護ぐらいつけなよ王女様なんだから」


「な、なんで私が王女様って!?」


「魔眼系のスキルホルダーだから...」


リアスのステータスのことを話してる時点で気づいて?


「凄いです!私の邪眼でも見えない強力な隠蔽スキルを持っている上にデュエットなんて!」


「デュエットって?」


「知らないんですか?デュエットっていうのは魔眼系のスキルと隠蔽系のスキルを二つとも持っている非常に珍しい人のことを言うんです!」


言えない、この娘に実は邪神でしかも魔眼系のスキルで唯一無二の最強スキル邪王真眼のスキルホルダーです。なんて言えない...


「と、とりあえず俺もエルフ界に行くつもりだったから送っていくよ」


「あ、ありがとうございます...///」


照れてるの可愛い...

「べ、別にタメ口と呼び捨てでいいよ。私もか、か、かじゅとって呼ぶから!」


俺の名前を噛んだやつ初めて見たぞ...


「お、おうリアス」


「と、ところでか、か、かじゅとはエルフ界に何にか用があるの?」 


噛むなぁあああ!!


「いや、ちょっと人を探してて」


そいえばこの娘魔王の親族ならしいけどどうして魔族じゃないのだろうか?


「あの...か、かずとって本当に魔族なの?」


「一応なんでこうなったかは知らないけど魔族です」


「もしかして....探してるのってレムリアちゃん?」


「やっぱり知り合いなんだな」


「知り合いどころか私はレムリアちゃんの従姉妹」


「親戚なのになんでリアスは魔族じゃないの?」


「私のお母さんは魔王...いや、先代魔王の妹で、お父さんは純血のエルフで私はハーフエルフ、正確にはダークエルフだけど」


「ダークエルフってのはエルフと魔族のハーフなのか」


「まぁ、それでもダークエルフが産まれる確率は5割なんだけどね」


へぇ、そりゃあ珍しい訳だわ


かれこれ2時間ほど話しながらエルフ界に向かっていると、なにか洞窟のようなものを見つけた。


「あっ!あれ私が連れてこられた場所だ!」


「てことはここがエルフ界のドラゴニアダンジョンの5層に繋がっているってことだよな?」


「うん、そうゆことだね、でも私たちは別に悪いことしてないから普通に関所通って...やっぱダメだ」


いやダメなんかい!


「な、なんで?」


するとリアスは涙目になって言った。


「ママに怒られちゃう!!」


ママって...


「そりゃ仕方ないでしょ」


「見捨てないで~!このままだと護衛付けないで出掛けて誘拐されかけて勝手に界境越えちゃったし、これはもうお尻に鞭打ち100回ぐらいじゃ済まないよ...」


鬼畜なお母様ですなぁ...お尻に鞭打ちかぁ...


「今変な想像したでしょ」


気づいたら目の前にリアスの顔があった。


「うわあぁ!?してないしてない!断じてしておりません!」


「本当?」ジー


女の勘って怖すぎ...


「えーと...」


「まぁ...いいよ、そうゆうお年頃なんだからね」


息子のエロ本見つけた時の母親みたいな反応すんのやめてくれ、妙に虚しくなる。


「んで要するに関所通らずにダンジョン通ってエルフ界に戻ろうってことだな?」


「そゆこと!」


「ならお前だけダンジョンから行けばいいだろ?俺はわざわざめんどくさいのやだよ」


「関所の通行料銀貨一枚払わなくて済むんだよ?」


「リアス...お前仮にも王女様だろ?犯罪推奨すんなよ...」


「でもかずと一文無しみたいじゃん」


「あ.....」


そもそもの問題で俺は一文無しどころか見たこともないんだった。


『ヘルプGREE』通貨について教えてくれ


A:はい、通貨は全世界共通で銅貨、銀貨、金貨、白金貨、黒金貨、白黒金貨、エメラルド貨、ダイヤモンド貨がありそれぞれ日本円に置き換えると一枚、10円、100円、1000円、1万円、10万円、100万円、1000万円、1億円になります。
ちなみにマスターの所持金はZEROですね


分かってるわ!!というかさっきから思ってたけど...もしかしてGREEってSなの?


A:Sかどうかはわかりませんがマスターをいじるのはとても楽しいです。


Sじゃねぇかあああ!


なんだかんだで俺とリアスはダンジョンからエルフ界に向かって行くことにして、二人で並んで洞窟に入った。
隣のリアスを見ると物凄くわくわくしているのだが....
俺にはとてもじゃないがリアスが王女様になんて見えない...

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「ダンジョンキター!!」

初めての俺よりはしゃぎまくっているリアス...エルフ界の未来が重んじられる...


「ここ一応ダンジョンなんだから気をつけろよ...」


「ここはまだ5層だし、私のレベルなら余裕だよ!もちろんかずとも大丈夫だと思うよ!」


「はぁ...こうゆうことを言って死んでいく奴を俺は何度も見ているんだが...」(生前に見たアニメ)


するとリアスは猛スピードで俺に近寄り、背中にしがみついた。


「こ、怖いこと言わないでよ~」


「じ、冗談だからな?」


「ふぅ...よかった」


でも念の為モンスターでも召喚するか...と思ったがふっと頭にダフネちゃんたちが浮かんだ。

ダフネちゃんたちでも呼ぶか...さてと『スキル創作』ゲート!

からの~


「ゲートオープン!」


この時の俺はまだ、このあと壮絶な修羅場になるとは予想してなかった...


_____________________________________________________

たった今グアムから日本に帰ってきました!
いやぁー日本はさみぃなぁ...

さて今回はダンジョン攻略って言うよりもリアスちゃんとお話回みたいな感じになっちゃいました。
まぁいいっか!細かいことは気にしない!


読者「だからフォロワー全然増えねーんだよ!」



「転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー204569

    通貨の単位がめんどいな

    1
  • ドラコン

    めちゃくちゃ好きです(^^)

    5
  • Runa

    面白いです!!
    これからも頑張ってください´`*
    でもステータスなどがオーバーすぎて
    よく分からなくなります(´`;)

    7
コメントを書く