転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします

白猫ゼロ

15話 旅立ちその二

たしか勇者を瞬殺したあと俺はダフネちゃんたちが七つの大罪の高位魔族だと知ったんだっけな

名前:テュフォン・ルシファー
年齢:13歳
性別:女
種族:魔族
職業:大罪悪魔[傲慢]
身長:148.9cm
体重:41.3㎏

LvMAX+50


体力:MAX+50/MAX+50
攻撃:MAX+50
防御:MAX+50
すばやさ:最大速度,時速500km
魔力:MAX+50/MAX+50

使用可能魔法:全魔法可能(闇・雷)

固有スキル:邪眼、究極交渉術、暗視、堕天の力、超光属性キラー、乙女の秘密

称号:七つの大罪、傲慢、ごり押しの神、プライドの神、堕天の王、自己中娘、ツンデレ娘

説明:ルシファー家の現当主。とにかく傲慢の悪魔だけあってプライドが高い。じつは心が柔くてツンデレ


説明に書いてある通りとにかくツンデレ、わざとボケて罵声を貰い、たまにいじわるして困らせるのがとっても可愛い。




名前:セクメト・ベルツェゴール
年齢:12歳
性別:女 
種族:魔族
職業:大罪悪魔[怠惰]
身長152.3cm
体重39.8㎏

LvMAX+50

体力MAX+50/MAX+50
攻撃:MAX+50
防御:MAX+50
すばやさ:最大速度,時速150km
魔力:MAX+50/MAX+50

使用可能魔法:全魔法可能(闇・土)

固有スキル:邪眼、絶対睡眠、睡魔、暗視、超光属性キラー、乙女の秘密

称号:七つの大罪、怠惰、睡眠の神、休憩の神、ゆっくりトーク、のんびり娘

説明:ベルツェゴール家の現当主。とにかくのんびりしている。しかし、言うことは結構的確でしっかりしている。


俺はこの娘がテキパキ動いているところを未だに見たことがない...でもとにかく寝顔と無防備な眠りっぷりが可愛い...。



名前:ダフネ・ベルゼバブ
年齢:13歳
性別:女
種族:魔族
職業:大罪悪魔[暴食]
身長:154.3cm
体重:40.5㎏

Lv9MAX+50

体力:MAX+50/MAX+50
攻撃:MAX+50
防御:MAX+50
すばやさ:最大速度,200km
魔力:MAX+50/MAX+50

使用可能魔法:全魔法可能(闇・草)

固有スキル:邪眼、何でも捕食、無限消化、究極自動解毒、暗視、乙女の秘密

称号:七つの大罪、暴食、食の神、解毒の神、食通、ドジっ娘

説明:ベルゼバブ家の現当主。食べ物だろうと無かろうといくらでも食べてしまうが本人は食通。魔族一のドジっ娘でみんなのマスコットキャラクターになっている。


俺はこの中で一番ダフネちゃんと話したような気がするなぁ...とにかく発達段階のお胸とちょっとプリっとしたお尻に、萌えボイスこれは男なら惚れて当たり前ですね。
....どうしてこの娘が暴食の大罪悪魔なの?それは未だに謎である。


名前:サテラ・レヴァイアタン
年齢:13歳
性別:女
種族:魔族
職業:大罪悪魔[嫉妬]
身長:151.8cm
体重:40.3㎏

LvMAX+50

体力:MAX+50/MAX+50
攻撃:MAX+50
防御:MAX+50
すばやさ:最大速度,時速250km
魔力:MAX+50/MAX+50

使用可能魔法:全魔法可能(闇・水)

固有スキル:邪眼、スキル封印、魔力吸収、超光属性キラー、暗視、乙女の秘密

称号:七つの大罪、嫉妬、妬みの神、呪いの神、メンヘラ少女、ヤンデレ娘、歪んだ心、メガネっ娘

説明:レヴァイアタン家の現当主。嫉妬深いメンヘラちゃん。じつは人見知り。

三つ編みの髪とメガネからthe優等生女子みたいな感じ満載だがとにかく嫉妬深いがヤンデレも悪くない...。



名前:エキドナ・マモン
年齢:13歳
性別:女
種族:魔族
職業:大罪悪魔[強欲]
身長:149.8cm
体重:40.1㎏

LvMAX+50

体力:MAX+50/MAX+50
攻撃:MAX+50
防御:MAX+50
すばやさ:最大速度,時速180km
魔力:MAX+50/MAX+50

使用可能魔法:全魔法可能(闇・風)

固有スキル:邪眼、スキル略奪、体力吸収、超光属性キラー、暗視、乙女の秘密

称号:七つの大罪、強欲、欲望の神、強奪の神、わがまま娘、甘えん坊


本当にこの娘甘えん坊だが...なかなか断ることができない。しつこい上に上目遣いでこちらを屈服させてくる...なんか娘に欲しいタイプだな


名前:ミネルヴァ・サタン
年齢:12歳
性別:女
種族:魔族
職業:大罪悪魔[憤怒]
身長:149.3cm
体重:39.1㎏

LvMAX+50

体力:MAX+50/MAX+50
攻撃:MAX+50
防御:MAX+50
すばやさ:最大速度,時速160km
魔力:MAX+50/MAX+50

使用可能魔法:全魔法可能(闇・火)

固有スキル:邪眼、バーサーク、感情コントロール、暗視、超光属性キラー、乙女の秘密

称号:七つの大罪、憤怒、怒りの神、禁忌のスキルホルダー、溜め込みタイプ

説明:サタン家の現当主。禁断の力を使えば魔王をも超える力を発揮する。普段は穏やかで大人しく、滅多に怒らない

本当に大人しい、だけどこうゆう娘ってガチギレすると本当に手がつけられなくなっちゃうんだよなぁ...バーサークって言うスキルも怖いしなんとも言えないけど、可愛いから大丈夫でしょ(謎理論)


名前:カーミラ・アスモデウス
年齢:14歳
性別:女
種族:魔族
職業:大罪悪魔[色欲]
身長:155.2cm
体重:41.0

LvMAX+50


体力:MAX+50/MAX+50
攻撃:MAX+50
防御:MAX+50
すばやさ:最大速度,時速300km
魔力:MAX+50/MAX+50

使用可能魔法:全魔法可能(闇・聖)

固有スキル:邪眼、色気、究極男性キラー、超光属性キラー、暗視、乙女の秘密

称号:七つの大罪、色欲、色気の神、性欲の神、ビッチ

説明:アスモデウス家の現当主。七つの大罪の中で一番年上でかなりエロい。実はそこまで男に興味はない。


たしか一番最初に仕掛けてきたのもあの娘だったなぁ....。いやぁ年も俺と近いし結構エロいし、俺好みだね。

と言った感じに俺は彼女たちと仲良くなることが出来た。(それどころか一線超えっちゃったけど...)

それにしても彼女たちの置かれている状況は酷いものだった。
両親が騙し討ちされ、お姉さん的な存在だった魔王(レムリア)を人質に取られた上に約束を破って攻めてきたのだから、ここまで少女を苦しめるとはこの俺が許さん、俺じゃなくても許さないだろうけどな...。


出会って次の日の朝にダフネちゃんたちが囲まれていたのは驚いたなぁ...。
七つの大罪としてのプライドはみな高いみたいで自分で何とかしようとしちゃったんだよな...その後お仕置きという名目でお尻を叩けたから良かったんだが、プライドがほぼゼロの俺にとっては理解できない行動だった。

昨日、侵略(領土奪還)作戦を実行した。俺は画面上でしかほとんど見ていないのだが討伐軍を壊滅状態まで追い込んだ。
話を聞いたり、状況から察するに魔族は個々の能力はどの種族よりも上回っているが作戦も何も考えず戦って来てなんとかなってきたのだが今回ばかりは何とかならなかったという訳だ。
だが、今回の戦いはそれが勝因でもあった。なぜなら討伐軍は魔族が作戦を立てずにアルヘイムに攻め込むというのを大前提とした陣形だった。
そのおかげもあって圧勝したのだが、あのおっさん結構強かったなぁ...名前なんだっけ....。



なんだかんだでひとまずダフネちゃんが安全になったのだが、俺にはやらなければならないことがある。

・囚われの魔王の捜索および救出

・この世界のことをすみずみまで理解する

どちらも俺がいくらチートでも難しい...。


ここまでいろいろあったがこんなのはまだプロローグなのだ。

_____________________________________________________
さて、今回は前回同様今までの復習と言った感じですね。
本編でも言った通り、ここまでは正直長いプロローグだと思ってください。(カッコつけてるけど、物語の進め方下手なだけなんだけどね...)


プロフィール画像ですがとりあえず編集ソフトで頑張って作ってみました。いかかでしょうか?
結構頑張ったんだよボソッ


グアムで今日は日焼けしすぎて皮むけました(泣)
個人的な感想としては乾季のグアムは真夏の都心みたいに暑すぎず暖かく、それに海がありえないほど綺麗でしたね。写真毎話載せれるなら見せたいです。
ちょっと残念だったのは韓国人と中国人ばっかりで英語より韓国語とかの方が飛び交っていてあまり英語が上手くなった感覚がありませんね(笑)

「転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く