転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします

白猫ゼロ

8話 侵略☆邪神様その一

さて、あんなこと言ったものの世界を滅ぼす勇気はおれにはねぇんだよなぁ....。

そんなことを考えながらゆっくりベッドから起きる。そしてカーテンを開けて太陽の光を浴び....っておいおい嘘だろ...。

目の前で少女達がいかにも勇者や騎士って感じの人達に囲まれてる。ヤバいやつやん...。とりまダッシュで玄関に向かう

~5分前~
朝早く少女達はおきて外に出て遊んでいた。またこんなに愉快に遊べる日が来るなんて誰もが願ってもなかった。
そこへ空気を読まずに魔族討伐軍がやってきた。

「さて、愉快なお遊びは終了だ」

「「「「「「「!!!」」」」」」」

この状況、少女達にはまず勝ち目はないだろう。しかし、少女達の思いは一致していた。

「例え死んでもこれ以上カズトさんに迷惑をかける訳にはいかない....」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「さて、誰から死ぬのか決まったかい?」

「うわ可愛い、魔族じゃなかったら俺の嫁にしてたんだけどなぁ」

「このゲス野郎あんたそれだから女に嫌われんのよ」

「まぁまぁ落ち着いて。君たち正義の為だ死んでもらうよ」

「おいおい、実戦経験のない少女を殺そうとすんなんてそれでも勇者または騎士様かよ」

「その声は!?」
少女達は聞き覚えのありまくる声を耳にした。

「誰だ貴様!」

「人の名前を聞く時は自分の名前を先に名乗れっててめぇは習わなかったのか?」

「貴様ごときに誇り高き騎士の名前を名乗るものか!」

「はぁ...騙し討ちに、初対面の相手を見下すか...。何が騎士の誇りだ?そんな騎士は騎士じゃなくてただのクズだ」

「貴様!この私を愚弄するつもりか!!貴様などすぐに殺してやるわ!」

「愚弄するつもりどころかすでに軽蔑してるんですけど、ついでに言うとその発言フラグですよ?」

「なら、そのフラグとやらごと叩き切るまでだ!」

「カズトさんもう逃げてください!こんな人数相手に勝てるわけがありません!」

「馬鹿かお前ら...お前らが死んだらそこの屋敷も燃やされて俺も死ぬだろうが。
それにお前らが死ぬと....その...なんつーか寂しいだろ?」

「かずとさん....」

「ふははは...お前、気に入ったぞ!特別に私の名を教えてやろう。私の名はアルベルト・ランスロット、エルドビア王国騎士団副団長および魔族討伐軍将軍だ。地獄行っても覚えてるが良い」

まぁ...邪王真眼で全部見てるから意味無いんだけどねぇ...そして残念、この世に地獄はないんです。


名前:アルベルト・ランスロット
年齢:21歳
性別:男
種族:人族
職業:騎士
身長:176.6cm
体重:70.5㎏

LvMAX+70

体力:MAX+70/MAX+70
攻撃:MAX+70
防御:MAX+70
魔力:MAX+70 /MAX+70

使用可能魔法:ランクA:ハイヒール(聖)、炎の纏い(炎)、光の纏い(聖)、雷の纏い(雷)、ファイヤーアロー、シャイングアロー、サンダーアロー、迅速ステップ(風)
ランクB以下の魔法は使用可能魔法長押しで見れます。

 固有スキル:隠蔽、超魔族キラー、超闇属性キラー、騎士のプライド

称号:副騎士団長、魔族討伐軍将軍、次期騎士団長候補、信頼の王、プライドの王、超剣豪

説明:ランスロット家の息子。最年少騎士団入団、最年少副騎士団長および幹部に就任、剣の腕はルシフェルに続いて世界第二位と称されている。プライドが騎士の中でもとりわけ高く少し短気だが、部下の信頼は厚い。

ステータスで言うならあの娘たちより強いけどキレた俺を倒すには100年早いぞ。

「さて、貴様の名前を聞かせて貰おうか」

「俺の名前は上條和斗、こいつらの保護者だ」

いつから保護者になったんだ俺...。まぁいいやとりあえずこのクソ腹立つイケメンを潰してやろうじゃないか。

「保護者何だそれは?まぁいい、いざ勝負と行こうか」

「『想像召喚』魔剣グラム!!」

すると足元から魔法陣が出て禍々しいオーラを纏いながなら刀身まで漆黒の剣が出てきた。

「馬鹿な!?魔剣グラムは神話上の魔剣、そんなものがあるわけがない!」

俺はグラムを手に取りアルベルトに向けながらちょいと鑑定してみた。

名前:グラム
種類:〖武器〗.[剣].魔剣
総合評価:SSS[神話級]
レア度☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
素材:不明
重さ:30㎏
刀身:120cm
定価:不明
斬れ味:SSS
説明:邪神の想像召喚スキルによって創られた魔剣。この世で最も良質な剣で邪神しか使用出来ず、魔族以外の種族が触れると呪いに掛かってしまう。


すっげえぇぇぇぇ、俺もう中二病でいいや最高だろ!
と心の中では今にも飛び跳ねたい気分だった。それにしても重量が30㎏もある割にほとんど重さを感じない、やはりステータスのおかげだろう。

「ふっ...そんな偽物で俺が騙せると思ったか!」

これ本物っすよ?まぁ、向こうが油断してくれるならそっちの方がいいか。
 
「とっととやろうぜこっちは朝飯もまだなんだ」

「ふん、威勢だけはいいんだな、よし、ではいざ尋常に参る!」

アルベルトは剣を強く握りしめ正面から斬りかかって来た。
あれ?遅くね?俺が動き出すと急に周りがすんげぇスローモーションになった。

A:勝手に出てきてすみません。これは戦闘時にマスターのステータスに合わせてマスターの周りの時間軸をずらしています。そうすることによって調節無しでも普通に戦えます。

なるほど...サンキューGREE!

A:はい!お役に立ててなによりです。それではご健闘を祈ります。

俺は直ぐにアルベルトの右側に回り込む。

「なに!?速い...ならばこちらも『迅速ステップ』!!」

少しアルベルトの動きが速くなったがそれでもステータスの差は大きい。カズトにとってはナマケモノと剣で戦っているような感覚だ。
カズトは剣を払いグラムでアルベルトの胴体を斬った。

「アルベルトさんよ、いいこと教えてやるぜ、この世に地獄も天国もねぇよ」

グラムの刀身は音もせず抵抗ゼロでアルベルトの胴体を通り抜け、次の瞬間アルベルトの胴体は勢いよく血を吹きながら上半身と下半身に分かれた状態になり呻き声すら挙げず息を引き取った。
みな絶句している。無理もない目の前で将軍が身も知らぬ青年に一瞬で殺されたのだ。

「そんな....アルベルト様...」

「嘘だろ...」

「おいまさかアンドレス様を殺ったのって...」

「こんな化け物聞いたことねぇぞ!?」

「さぁてみなさん、偏見満載の大義名分で正義語ってた奴は死にましたとさ。
俺がこれから本当の正義を教えてやるよ」


_____________________________________________________

さて、今作初の戦闘シーン(正確には2回目)いかがだったでしょうか?個人的にはとてもカッコイイシーンが書けたと思います!
ぜひぜひ感想や意見お願いします!!








※真面目な謝罪その二
誠に勝手ながらいくつか変更させて頂きました。

一、ステータス欄に種族の追加
二、ステータスのLvの下にステータスと書いてありましたが、色々紛らわしいので消しました。
三、7話   『七つの大罪その三』の内容を一部変更しました。

変更多くて本当に申し訳ございません
陳謝m(_ _)m

「転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー204569

    カッコイイし魔剣もいいけどさぁ!
    服、学校のジャージっていってたよね?そこ変えようよ!魔神らしい服にしよ!!!

    1
コメントを書く