転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします

白猫ゼロ

3話 転生その三

エリスから転生先のことを長々と聞かされた。
 

はぁ...とっとと転生したいわ


みんなもそう思うだろ?


だが説明なしではどうにもこうにもならないので仕方がない。説明を聞く限りファンタジー系のゲームの世界をそのまま現実にしたようなわくわくする世界のようだ。

「んで俺は勇者となって魔王を倒す...いやぁこりゃあ楽しみだわあ」
おっといけない妄想の世界に入ってしまうとこだった。


「勇者とは限りませんよ、もしかしたら魔物やモンスターや奴隷かも知れませんよ」
モンスターや魔物は論外として、せっかく転生したのに奴隷はやだなぁ....。



「運ゲーですね」



「そうですね」



しばらく沈黙があり...本来の目的を思い出す



「あの....そろそろ転生させて貰いません?」 


「そ、そうでしたね」

いや、本来の目的忘れてるってどんな駄女神様だよ



「それでは良い人生をまた自殺したらしばきますよ?」


「あ、はい」


あれ?神様たちって俺らに罰与えないんじゃなかったの?
そんなことを思った瞬間目の前が真っ白になった。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
目を開けると真っ黒な煙に覆われていた。
ええ..そこは綺麗な景色でお願いしますよ~と思っているとなんだか人の声がする。

「なんだこれは!?」


「すごい煙ゲホゲホ」


「なにが起きたの!?」


「もうなんなのよ!?」


「なんか凄いの出てきそう」


「なーんだろー」


「強いの出てきて強いの出てきて....」



「これ程の煙...嫌な予感がするぞ」

皆さんパニックのようです。俺だってパニックってるよ、てっきり花畑とかで目覚めると思ってたのに...。そして霧が晴れた時SAN値がゼロに近くなった。
うん、俺が病んでるとか関係なしに多分普通の人なら何が何だかだよ?

なんなんだよこれ...


少女7人となんか豪華そうな装備をしたイケメン男がいた。
少女はみんな傷だらけでペタリと座っている。
とりあえず俺は一番近くの銀髪の小さい少女の耳元でささやく

「ねぇ...どんな状況なん?」


「え、っとっととととぉなななななんというかうわあああ!!」

ダメだ、会話にすらならん
するとイケメン男が俺に剣を向けてきた。

「お主よ今すぐこの女どもを置いてここから立ち去れ、さもなくばこの剣がお前の胴体を二分割にするぞ」
いや、こいつ悪者だったんかい
装備的に俺は死ぬ前のジャージ姿、相手はいかにもな超豪華装備。

どうするよこれ?
ここで選択肢は2つ
一つ、少女たちを見捨てて俺は逃げる
二つ、少女を助けて玉砕する

しばらく悩む、せっかく貰った命だし、即効で死ぬのはさすがに怒られるだろうなぁ...。
だがしかし、ここで少女たちを見捨てれば一生後悔するだろう、しかも相手はイケメンの癖に少女を襲っている。  

結論:イケメン男ゆるすまじ

俺は少女が使っていたであろう剣をもってイケメン男に襲いかかった。

「哀れなやつよ、せめて苦しまず一瞬で終わらせtグハッ」 
いやまってダメもとで襲いかかったがまさか倒してしまうどころか一瞬で消し飛ばしちゃったんだけど...

____________________________________________________

やっと転生しましたね


本当に作者適当ですみません


「転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く