転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします

白猫ゼロ

プロローグ

俺こと上條和斗(かみじょうかずと)は地獄と言っても過言ではない人生を送ってきました。

5歳の時両親と右眼を無くして、親戚のおじさんに遺産と共に引き取られたのだが

「責任を持って育てます」
とか言いながら即効で施設に送られた。

当時5、6歳ぐらいの俺は遺産だとか法律違反だとか分からなかった。

施設に入れられた俺は小学生6年間ずっと親がいないことで差別され生徒や先生にいじめられていた。



なんで俺は親がいないのだろうか?...なんで自分だけ...。



中学生になっても俺はいじめられた。


右眼が潰れているので眼帯を付けていたら中二病と言われいじめられた。


あぁ...なんで失うのが目なの?....。


今年に入り高校生になった。



義眼を付け、眼帯を外したけれども同じ中学の奴らが俺のことを言いふらしたせいで結局友人は人生で一人もできなかった。



世間のリア充共はクリスマスだのバレンタインで大騒ぎだ。


「リア充なんでたった一握りしかなれないんだ」
そう自分に言い聞かせて我慢する。


俺はバイトでも片目が見えないせいか死角が多い俺は遅れをとっていた。

先輩はそんな俺を冷やかな目で見て無視していく。



ああ、青春って綺麗事だね



平和だの自由だの綺麗事を言ってる奴に『世界はこんなに醜い』
って叫んでみたい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
俺はネットカフェで遺書を書き、いろんなサイトにアップした。

身体にはバイト代で密かに買っていた爆弾を巻き付けており、コーヒーを飲みながら人生最後の時を過ごす。

ネットユーザの反応は


「かまちょ乙www」

「死にたいなら勝手に氏ねよ」

などと言っていることから俺が自殺できないと思っているようだ。
ここまでは計算通り、これからきたねぇ花火をドカンとあげてやるんだ。
  
さてとなんかのイベントか知らないがとても人が集まっているところを見つけたぜ。

俺がするのはただの自殺じゃない。

ただの自殺なら、新聞やニュースにさえ載らないだろう。だから俺は人混みで自分ごと爆発して大事件にする事によって、俺の悲劇と醜いこの世の実態を1人でも多くの人に知ってもらいたかった。


人混みの中に無理やり入り込んで、起爆スイッチを押す。


5、4、...

車椅子に乗っている少女が隣にいた。
た。

罪悪感に駆られたので爆発する直前に言っておく。





「ごめんな」





少女は振り向いた瞬間、俺の身体に巻き付けている爆弾が一斉に爆発した。

「転生して邪神になったのでとりま世界滅ぼします」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • リューズ

    ゴミ作決

    3
コメントを書く