氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)

真木 輝

イルバーナ帝国⑦

秋風は目を覚ました、時刻は午前6時、イルバーナ帝国の朝はかなり暑い

「・・・むにゃぁ、あきかぜ〜、そこはダメ〜」

アリスは秋風の腕に抱きついて寝言を言っている

「こいつ、どんな夢見てるんだ・・・」

アリスはかなり強く秋風を抱きしめているので、なかなか抜けられない

起こすしかないか・・・

「アリス、アリス、起きろ、朝だぞ」

秋風はかなり大声でアリスに呼びかけるが、疲れもあるのだろう、起きない

ちょっといたずらしてやるか

秋風はニヤリと笑うと、手のひらに氷を纏わせる

そして・・・

「アリス、起きないといたずらするぞっ・・・、やべっ」

秋風はアリスに抱きつかれていたため、立ち上がろうとして体勢を崩した

「うう、うわっ!」

むにゅっ

柔らかい感触が秋風の手の中にはあった

「むにゅっ?」

秋風はすぐにその感触の正体がわかった

「・・・ひゃっ!」

だが、秋風が気付いた時にはもう手遅れだった

秋風の手のひらの氷が、アリスの胸にあたっていたのだ

アリスは起き上がると胸を押さえながら光の剣を創り出した

「あ、アリス、おはよう・・・」

「おはよう秋風、おかげさまで素晴らしい目覚めだわ」

「ち、違うんだアリス、俺はアリスの顔を氷を・・・」

アリスは離した手をもう一度胸に当てる

「なら、なんで、胸が冷えてるのぉ?」

「は、ははっ・・・」

「おやすみなさい」

「あ、はい・・・」

アリスが光の剣を振り下ろそうとした時

「あんたたち、おもしろすぎよ」

秋風とアリスの目線が1人の人に集中する

そう、そこにはウルカが立っていた

「お姉様⁈ いつのまに」

「秋風くんが揉んだ時からよ」

ウルカはニヤリと笑いながら言った

アリスはまたすぐに胸を押さえて隠している

「ウルカさん、勘弁してください」

「ごめんごめん」

あはは、と笑いながらウルカは反省してなさそうに言った

「それじゃ、戻るわー」

ウルカは扉に手をかける

「あ、7時から朝食だから」

「あと、避妊具なら、メイドに頼めばもらえるわよ」

ウルカは口元に手を当てて、ニヤついていた

「自前のがあるので!」

秋風は冗談に乗ってそう言った

「すごいこだわりね、さすがだわ」

「けど、うちのモノは最高級よ?」

「是非後でもらえますか?」

「ぁ、あきかぜ?や、や・・・・」

アリスはもじもじしながら言った

「え、なんて?」

「なんでもないわよ、そ、それよりシャワー浴びて来るわ」

そう言ってアリスは走っていった

「かわいいわね」

「自慢の嫁ですから」

「まだあげたわけじゃないわよ?」

「は、はい・・・」

「氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー319497

    更新はよ

    0
コメントを書く