氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)

真木 輝

イルバーナ帝国⑤

「ふぁー、いい湯ねー」

ウルカは浴槽に浸かっていた

「ウルカお姉様、身体を流さずに入るのははしたないですよ」

エルは身体を念入りに流している

「まぁまぁ、細かいことはいいじゃないエル」

「そんなに、まじめにしてたら、いい男ができないわよ」

ウルカはニタァっとしながら冗談っぽく言った

「よ、余計なお世話です!」

エルはシャワーを置いて、浴槽に向かった

「ん?アリス?どうかしたの?顔赤いけど」

「へぇっ?いや何でもないわお姉様」

アリスはあははと笑ってごまかしているが事態はそれ以上に深刻だ

もし見つかりでもしたら、ウルカさんはともかく、エルに殺されるだろう

それにしても・・・

「あ、アリス、当たってる」

秋風は小声でアリスに話しかける

そう、豊満な二つの胸が、秋風の顔を覆い尽くしているのだ

「ちょ、ちょっと喋らないでよ、こそばいでしょ!」

「ごめん・・・」

まぁこれはこれである意味天国だ

「アリス?なんか言った?」

「な、何でもないわ、独り言よ」

「そう?それより、もっとこっちへ来なさいよ、久しぶりに3人で入るんだから」

いえ、ウルカさん、4人です・・・

「え、いや、私はこっちの方が気持ちいいの」

「お姉様?ずっと背中を向けてますが、どうかなされたのですか?」

エルも不思議そうに見ている

「い、いやあのね、久しぶりに故郷の景色を見ようと思って・・・」

「そうですか、では私も一緒に・・・」

エルはそう言うとアリスの方へ向かっていく

「私も私も〜」

ウルカも向かってきた

「ちょ、ちょっとまずいわ、秋風、お風呂に潜って」

「無茶を言うなよ、そんな長時間無理だ」

「いいから潜るのよ!」

アリスは秋風を無理やり水の中に押し込んだ

「んー、んー、んー」

秋風は抵抗しているが、もう2人はすぐ近くまで来ていた

「わぁ、確かに今日は綺麗ですね」

「そりゃ、アリスが帰ってきているから、街も大盛り上がりよ」

2人はどうやら、まだ気づいていないらしい

その時、ウルカはアリスの方を見た

「ちょっと、ありすぅー」

そう言ってウルカは笑いながら近寄ってくる

そして

「まーた、胸大きくなったんじゃない?」

ウルカはアリスの胸に手を伸ばし揉みしだく

「ちょ、お姉様!?」

ウルカは慣れた手つきでやめようとしない

「・・・んっ、お、お姉様、か、変わってません・・・よ」

アリスも必死に抵抗するが、なかなか振りほどけない

「お、お姉様、エルも大きくなってます・・・」

なにぃ、と言うと

ウルカは次はエルに飛びかかった

「エルゥ〜、あなたもまだ発展途上だけど、いいじゃなーい」

「う、ウルカお姉様、や、やめて・・・」

「エルはまだCくらいね、まぁ、中学生にしては上出来じゃない」

「お、お姉様、もうそろそ、んっ・・・、い、いいかげんに・・・」

エルはそう言うと光の短剣を作り出した

「氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く