氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)

真木 輝

初めての・・・

「・・・・」

「・・・・」

2人ともお風呂からあがって、ベッドに並んで座っているが、一言と喋らない

やばい、どうすればいいんだ!
さっきまでの大胆な俺はどこに行った⁈

どうしよう、なんか緊張して話せないわ
とにかくなんか話しかけないと・・・

「あ、秋風・・・」

「は、はい!」

「その、いい身体してるわね・・・」

アリスはその言葉を言った途端顔を赤くする

なんで、そんなこと言っちゃったの、私のバカ

「あ、ありがとう・・・」

秋風もどう反応すればいいのかわからない様子だ

「・・・・・」

「・・・・・」

また静寂がうまれる

「本当に、今日はいろいろあったな」

「そ、そうね」

「俺さ、さっき考えたんだ」

「このままじゃアリスに置いて行かれるんじゃないかって」

「俺は今日、アリスを守れなかったから・・・」

秋風は少し寂しそうに言う

「そ、そんなことないわよ!」

「私だって、秋風が本当に強いから隣に立ってられるか心配だったの」

「だからね、私、もっともっと強くなるわ」

「それで絶対秋風の隣に立ってられるようにするんだから」

「アリス・・・」

「俺は本当にアリスに出会えてよかったよ」

「生まれてきてくれてありがとう」

そう言うと秋風はアリスをそのままベッドに押し倒す

そしてアリスの唇に唇を重ねる

それをアリスはなんの抵抗もせず受け入れる

舌と舌が深くからまりあっている

そして、秋風はキスをやめて

アリスの羽織っているタオルをゆっくりとった

するとそこには、白く大きな胸があった

アリスの身体は大きな胸を持ちながらも、
細く程よく筋肉がついていた

「・・・あんまり見ないで・・・」

アリスは顔を赤らめて恥ずかしそうに言う

「いや、綺麗だなと思って・・・」

「もう、秋風のばか・・・」

アリスが少し控えめに言った

その言葉が秋風の理性を飛ばした

秋風はそのままアリスの胸に手を持っていき、そのまま
少し強めに揉んだ

「・・あっ・・・・」

アリスの声が少し漏れている

その声も本当に愛おしい

そしてそのまま、アリスの胸に吸い付いた

最初は優しく、乳首を舐めまわす感じだったが

後から少し噛んでみた

「あっ、あきかぜ、それはダメっ・・・」

アリスは少し気持ちよさそうに言う

次に秋風は少しずつ手を下に下げていく

すると、アリスの陰部はかなり湿っていた

「・・・・」

アリスは恥ずかしいのか、手で顔を隠している

「アリス、いれるよ?」

アリスは言葉を発さずに、コクリとだけうなづいた

秋風のも十分元気らしい

そして秋風はアリスの陰部まで自分のを運ぶ

だがその時、アリスが口を開いた

「ま、まって、避妊はしてるの?」

あ・・・・

アリスの身体に夢中になりすぎて忘れていた

「ご、ごめん、忘れてた・・・」

「そうだと思ったわ・・・」

「はいこれ」

アリスはそう言って、四角いビニールを秋風に渡す

「か、勘違いしないでね、優樹菜にもらったのよ・・」

「し、してないから」

秋風はそれだけ言うと、ビニールを開け、それを着ける

「次こそは大丈夫」

「うん・・・」

アリスも再び横になる

「じゃ、じゃあ、いれるよ」

そう言って秋風はアリスの陰部に自分のを近づける

「そ、そこじゃないわ、多分もう少し上よ・・」

「わ、わかった・・・」

秋風は言われた通りの場所まで運ぶ

「な、なら、いれるよ・・・」

そしてゆっくりとアリスの中に入っていく

濡れは十分なので、先はすぐに入った

しかし

「い、痛い」

アリスがかなり痛そうにしている

「大丈夫? もうやめるか?」

「だ、大丈夫だから、続けて」

アリスは痛みを我慢して言う

「じゃあ、本当に無理だったら言って」

アリスはコクリとうなづいた

そして秋風はもう一度いれる

「っっ!」

アリスはシーツを握りしめて痛みに耐えている

そして、ついに奥まで届いた

「動いても大丈夫?」

「ちょっとだけ待って、まだ痛いから」

アリスはそう言うと、少し軽めに深呼吸して

「いいわよ・・・」

と言って、秋風の背中に手を回した

「じゃあ、動くよ・・・」

秋風はそのまま動きだした

アリスは相変わらず痛そうな表情をしている

けど、痛くても必死に耐えてくれているアリスが愛おしい

そしてそのまま秋風はすぐに終わってしまった

一度アリスの中から抜くも、まだまだ元気だ

2人ともかなり息があがっている

「・・・もう一回、いいわよ・・・・」

アリスは秋風のを見て小声で言った

「けど、まだ痛いだろ?」

「大丈夫、だいぶ慣れたから、気にしないで」

もう一回したい、けど、避妊具がない・・・

「けどアリス、避妊具が・・・・」

その時ふと秋風は思い出した

男子会終了後、仁に箱を渡されたことを

秋風はすぐさまその箱を拾い中を開ける

中身は10枚入っていた

秋風はその中の1枚をすぐに着けて、ベッドに戻る

そして、そのまま愛の第2ラウンドが始まった









「氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く