氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)

真木 輝

海合宿⑥

「おい、ミルちょっとこい」

「何でしょうか?」

魔人の女が奥から出てきた

「予定変更だ、明日アカデミーを襲撃しろ」

「明日ですか?ずいぶんと急ですね」

「あぁ、ちょっと手配した餓鬼が曲者でな、明日じゃないと手伝わないと言い出しやがった」

「あら、援軍などいりませんのに」

「いちよう保険だ、お前には期待している」

「期待に応えてみせましょう」

そう言って女は去っていった

「東山 秋風、絶対殺す」




その日の夜は疲れのせいか安眠だった

明日遊ぶか遊ばないかは、だいぶ迷ったが結局遊ぶことにした

そして次の日・・・・

「海だぁー」

仁が叫びながら海に飛び込んでいく

「海は毎日見てたけどな」

その後に秋風も続いて海に入る

「まぁまぁ、今日は楽しもうぜ」

仁が激しく泳ぎだした

「あー、足つった、秋風、助けてくれ」

「バカだなお前」

秋風は仁を浜まで運んで、足をのばす

「よぉー、仁、相変わらずダサいな」

来たのはアリスと優樹菜だ

「「「「おぉー」」」」

砂浜中の視線が集まる

「・・・・」

思わず見惚れてしまった、アリスの水着に

白のビキニだ

けど、アリスなら黒も赤も青も似合うな

「アリスちゃん、いいね、似合ってるよ」

しまった、仁に先越されてしまった

「うん、ありがと」

「ちょっと、私のはノーコメントなの?」

優樹菜がちょっと怒り気味に言う

「うん、まぁ似合ってんじゃね」

仁が胸を見てから適当に言う

「殺すわよ?」

優樹菜が怒りのオーラをまとっている

「は、はい、とても似合っていて、美しゅうございます」

「よろしい」

その時、アリスが近寄ってきた

そして秋風の腹らへんを指でツンツンとして

少し上目遣いで

「・・・似合ってるかな?」

と言ってくる

本当に可愛いなぁ

「うん、似合いすぎて見惚れちゃったよ」

「そ、そう・・・」

アリスは恥ずかしそうだ

「さ、泳ぎに行こう、アリス」

「うん、行きましょ」

秋風はアリスの手を引っ張って海に向かう

「いやいや、春ですなぁ、優樹菜さん」

「そうですなぁ、眩しいですなぁ」

仁と優樹菜は2人をからかうように言う

「2人も早くこいよ、馬鹿なこと言ってないで」

「へいへーい」

そう返事して、仁たちも海に向かう

まず最初は、海でバレーをした

「行くぞ、アリス」

「ええ、かかってきなさい」

秋風はおもいっきり、アリスに向かってボールを打つ

それをアリスは綺麗に優樹菜のところへあげた

「優樹菜、最後お願い」

「まかせて」

「跳躍、腕力  ×5」

そう言って、優樹菜は高く飛び、バレーボールをおもいっきり打った

そのボールが向かった先は、仁の顔面だ

仁はそのボールを顔面に受け、海に倒れこむ

「よっしゃ」

「やったわね」

アリスと優樹菜がハイタッチする

「おい、仁、しっかり取れよ」

「なんで、俺責められてるの⁈ 少しは心配してよ」

仁が顔をおさえながら言う

その次は、もちろん仁を砂浜に埋めた

胸とかもつけて、完璧に仕上げた後

仁を置いて、昼飯を食べに行った

「お、おい、待ってくれ、置いてかないでくれ」

と仁は叫んでいた

仁は、植物を使って砂浜から抜け出したらしい

「お前ら、勘弁してくれよ」

仁はかなり疲れている

「お前も早く食えよ」

「おお、なんか頼んでくるわ」

仁がそう言って、食事を頼みに行った瞬間

「きゃーー、魔人よ、魔人が襲ってきたわ」

女子生徒の声が響き渡った



「氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く