氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)

真木 輝

騎士王戦 予選 個人の部 ④

「こっからだぜぇ、東山秋風」      

狩屋の猛攻が始まる

秋風は、魔法士モードだ

近接戦に弱い

その猛攻を氷の盾でなんとか防ぐ

「くっ」

秋風の劣勢だ

一回距離を取りたいな・・・

「『落氷弾』」 

その瞬間、狩屋の真上から巨大な氷の塊が落ちてくる

だが・・・

「甘いぞ、東山ー」

そう言うと、狩屋は右手に巨大なナイフをつくりだす

そして

その巨大な氷を物ともせず二等分した

なっ、なんて切れ味だよ

だけど、距離は稼げた

「ここからだ」

秋風は、『蒼凍』と『紅炎』を取りだす

「いいねぇ、そうこないとなぁ」

「フル アームド」

その瞬間、狩屋の身体の表面がナイフで覆われ硬質化される

そして、激しい剣の打ち合いが始まった

金属音が鳴り響いている

だが、押しているのは、狩屋だ

それもそのはず、狩屋は両手をナイフにしているので

動きが速いのだ

秋風がだんだん押されていく

「きついな」

しかも剣が通らないのだ

近接戦は不利だ

なら・・・

「こい、『蒼炎華』」

そう言って取り出したのは、遺跡探索で見つけた、もう1つの銃だ

そして秋風は、『紅炎』だけ残し、『蒼凍』を地面に突き刺した

「形状変更  日本刀」

『蒼炎華』が日本刀の形状になる

「おいおいおい、それ日本刀にもなるのかよ、チートかよ」

狩屋も驚いているようだ

「さぁ、終わりにしましょう」

秋風が飛び出した

そして、魔法を『紅炎』に纏わせた

「『蒼紅炎華』!」

秋風が剣を振り切る

その刹那、狩屋を中心に蒼紅2色の炎の渦ができる

「おいおい、どんな魔力量だよ」

「半端じゃない規模だぞ」

秋風がその炎の渦に飛び込んだ

そして・・・

「はぁっ」

狩屋を斬りつけた

鮮血が宙を舞う

「まさか、そうくるとはな・・・」

炎の渦が消え去ると同時に狩屋が倒れた

「し、勝者、東山 秋風!」

ウォーーー

「すげぇ、まじかよ」

「序列4位を倒しやがった」

「強すぎる」

会場は盛り上がりをみせている

「さ、さぁ次の試合に参りましょう」

「両者、準備してください」

出てきたのは、アリスと氷山だ

「ここも、注目のカードだね」

そうのんびり観戦しているのは、最上だ

「余裕そうですね、先輩」

「いやいや、そんなことはないよ、なんせ次は君だからね」

やっぱり、余裕そうに見える

「さぁ、そんなことより、アリスくんの試合が始まるよ」



「さぁ、始めましょ」

「ふっ、調子にのるな」

「え、えっと、試合始めたいんですけど・・・」

「いいわよ、もう始めて」

「早く始めろ」

「え、それでは、バトルスタート」

・・・・・

2人とも動かない

「お前は嫌いだ、合わない」

「あら、私もよ」

「早くかかってきなさいよ」

氷山がキレている

「そんなに、きて欲しいなら行ってやるよ」

氷山が飛び出した

だが

「『光一閃』」

アリスは一瞬にして、氷山の間合いに入り

そして、氷山を斬った

「挑発に乗りすぎよ、氷山先輩」

「くそがぁ、まだだ」

だが、氷山はまだ諦めていない

「『大氷山』」

アリスの足元から巨大な氷山が出てくる

アリスはそれを軽く避ける

そして

「『ホーリー アロー』」

光の矢を天に放った

矢が分散し、氷山に向かって落ちてくる

氷山は手負いだ、ギリギリでなんとか避ける

だが、アリスはその隙を見逃さない

「はっ!」

「『氷盾』」

かろうじて、氷山がこれを防ぐ

「終わりよ」

アリスが剣を氷山の喉に突きつける

「し、勝者  イルバーナ」

会場がざわつく

「おい、ベスト4じゃないのかよ」

「なんで、負けてばっかなんだよ」

氷山たちを非難する声であふれている

「外野は言いたい放題のようだな、血原」

「ええ、私たちがやるしかないわね、本気で」

「そうだな」

「氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く