氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)

真木 輝

騎士王戦 予選 ⑦

「す、すいません、遅れました」

アリスと秋風が到着した

「やあ、2人とも、おはよう」

「おはようございます」

秋風とアリスが到着した頃には、もう1回戦最後の試合が始まるところだった

「次の試合はよくみといた方がいい」

あの最上先輩が珍しく真剣な顔をしている

「あのチームまさか」

「そう、今大会の第1シードだ」

堂々と入場してきたのは、血原 血奈津 率いるチームだ

チーム構成は、序列2位の血原、序列3位の狩屋、
序列4位の氷山の3人だ

「とくに、血原をよく見ておけ」

「あいつは俺にないものを全部もってる化け物だ」

最上先輩がそんだけ言うほど強いのか・・・

そして、バトルが始まった

最初は血原で行くらしい

だが、血原 血奈津は一歩も動かず立ち尽くしたままだ

相手は血原に向かって、走り出した

その時

バタッ

そう、相手選手がいきなり倒れたのだ

その相手選手はすぐに医務室へ運ばれた

「な、何がおこったんだ?」

秋風も驚きを隠せない

「血原の固有魔法は『血』だ」

「どんな手段でもいい、奴の身体の一部が触れた相手の血を自在に操れる、もちろん自分の血もだ」

な、なんてデタラメな能力だ

「けど、なんで相手選手はたおれたんですか?」

「あれは奴が、誰にも見えない血の膜をフィールドに張ったからだ」

そんなことまでできるのか

「そうか、血も身体の一部だから、あの選手は血を操られて・・・」

「その通りだ」

アリスはさすがの推察力だ

「さぁ、もたもたしていられない」

「次は僕たちの試合だ」

そう、話しているうちに次の試合も終わっていたのだ

血原 血奈津、なんて化け物だ

そして、秋風とアリスはフィールドについた

「それでは、両者揃ったので試合を始めます」

「1番登録の人は前へ」

「やっと僕の番か」

オーダーは1番最上、2番秋風、3番アリスの順にした

「それでは、バトルスタート!」

「よっと」

最上が空中を蹴った

その刹那、蹴った勢いの爆風で敵がフィールドの壁にぶちあたる

「しょ、勝者 最上」

ウォー

会場が歓声に包まれている

「まじかよ、決勝トーナメントだぞ」

「強すぎだろ」

観客も興奮を抑えられない様子だ

「で、では次の人は前へ」

秋風が前へ出る

「それでは、バトルスタート」

合図の瞬間、動いたのは秋風だ

「氷よ・・・凍てつけ」

その瞬間、フィールド全体が凍った、凍っていないのは秋風のいるところだけだ

「し、勝者 東山」

ウォー

会場全体がさらにざわつく

そして秋風はハイタッチでアリスと出番を変わる

「よろしく」

「まかせて」

アリスはかなり集中しているようだ

「そ、それでは最終試合スタート!」

その瞬間、動いたのはアリスだ

光の速さで移動し、敵を切り裂く

敵は数秒で倒れた

「しょ、勝者 最上チーム」

ウォーーー

会場は最高の盛り上がりを見せている

「見せつけてくれるじゃない」

「へっ、勝つのは俺たちだ」

「お前ら次の試合に集中しろ」

話しているのは、血原チームのメンバーだ

「決勝が楽しみね」

血原は笑いながら、そう言った


「氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く