氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)

真木 輝

告白計画②

「よ、よう秋風お待たせ」

「ずいぶん長かったな、何を話してたんだ?」

「い、いやぁー、なんでもないぞ」

明らかに怪しい

「まぁ、いいけどさ、早く食べろよ、俺もう食べ終わるぜ」

「お、おう」

仁は超速でご飯を食ったら、

「ごちそうさん、じゃあな秋風」

はやっ!

俺の方が遅いじゃねぇーか

なんかあったのか?

まぁ疲れてるから、あんま考えたくないや

部屋に戻ることにした


その頃、仁は

「す、すまん待たせたな」

「遅いぞ!」

そこには、秋風の部屋の男子全員と、アリスの部屋の女子全員が集まっていた(秋風とアリスはいないが)

優樹菜が前に出た

「作戦の決行は、今日の8時よ!」

「女子の部屋に、秋風くんを、誘き寄せるわ」

「「「イエス、マム!」」」

こうして、アリスと秋風が何も知らないところで、重大な計画が始動した


秋風は風呂を済ませて部屋でくつろいでいた

魔力の過使用のせいで身体が重いのだ

「明日の遺跡での魔法具、どんなのがいいだろ」

にしてもおかしい

そう、部屋に誰もいないのだ

みんなどこ行ったんだ?

その時

コンコン、扉が叩かれた

「秋風くん居る?」

優樹菜の声だ

「いるけど、どうした?」

「女子部屋に男子も集まってるから、早く来て」

あいつら女子部屋にいたのか

「わかった〜」


かかったわ、ちょろいわね

「1個目クリアよ」

「ラジャー」


秋風は、女子部屋に向かうことにした

女子部屋は1階上の階にある

階段を登ったら、すぐ女子部屋だ

女子部屋についた

「お、お邪魔しまーす」

扉を開けて中に入る

・・・・・・・

なんだ、めっちゃ静かだ

ドッキリか何かか?

部屋の奥まで進んでみる

誰もいない・・・

クローゼットの中もどこにもいない・・・

まさか・・・

やっぱりか

扉が開かないのだ

はめられた・・・

ってことは、風呂に入っているのは・・・

「優樹菜ー、バスタオルがきれてるみたい、取ってくれない?」

やっぱり、アリスだ

どうしようか・・・

「優樹菜ー?」

ひとまず事情を説明しよう

「あ、アリス?」

ガタっと音がした

「あ、あ、あ、秋風⁈」

かなり慌ててるみたいだ

ガタガタ音がする

「あ、秋風、あの、バスタオルが欲しいんだけど」

見たら殺されるやつだな

「ドアから手出してくれ」

「わかったわ」

ドアからアリスの細い手が、ひょこっと出てきた

「秋風?まだ?」

「ちょっと待ってくれ」

「はい、どうぞ」

「あ、ありが・・・・うわっ!」

アリスが滑ってこけた


「氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く