氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)

真木 輝

告白計画①

「し、死ぬ」

みんな、魔力を使い果たして、倒れている

なんとか、立てているのは、アリスと俺ぐらいだ

魔力を限界ギリギリまで使ったのは初めてだ

「みんな、お疲れ」

「次は飯を食って、1時から遺跡の講習だ」

「解散!」

みんな、疲れ果てて動けていない

「あ、秋風、飯にいこうか・・・」

仁もおじいちゃんみたいになっている

「歩けるのか?」

「大丈夫だ・・・」

仁の歩くペースに合わせていたら、食堂まで20分かかった

昼飯は、驚くほどの量を食べることができた

ちなみに、魔力を回復させる1番の方法は、とにかくご飯を多く食べることだ

「昼から講習かぁ〜」

「けどなんで、合宿まで来て講習なんだろうな」

なんか、裏があるはずだ

「ひとまず、ミーティングルームに行こうぜ」

「そうだな」

その後俺たちは、1時から6時までみっちり、遺跡について叩き込まれた

「講習はこれで終わりだ、おつかれ」

「明日の日程を話したら解散だ」

ここまではいつも通りだ

「明日は、遺跡に行ってもらう」

ミーティングルームが騒つく

「静かにしろ」

「遺跡には、魔法具が眠っている」

「そこで、お前らは自分のスタイルにあった、魔法具を手に入れてこい」

「同じ魔法具はない、早いもん勝ちだ」

魔法具は同じものがないのだ

現代の技術で研究は進んでいるが

レプリカしか、作れていない

レプリカだと、性能がガタ落ちするのだ

「こん中で、すでに魔法具を持ってるやつは手をあげろ」

アリスと秋風が手を挙げた

「お前ら2人だけか」

「わかった」

「遺跡での班は明日の朝発表だ」

「それじゃ、解散だ」

だから遺跡の講習を受けていたのか

「秋風、遺跡ってやばくねぇーか」

「そうだな、下手したら死ぬかもな」

秋風が笑いながら言う

「最悪だぜ・・・」

仁はかなりテンションが低い

「ちょっと、仁、話したいことがあるんだけど」

仁に話しかけたのは、優樹菜だ

「どうした?」

「ここじゃ、話せないからこっち来て」

仁はどこかへ連れ出された

「先にご飯食べてしまうか」


場面は変わって、仁と優樹菜だ

「実はね、今女子で、アリスっちの秋風くんへの告白計画を実行してるんだけどさ」

「あぁ、それなら男子でも、秋風がアリスちゃんに告白するように誘導したぞ」

「えっ?  まさか両思い ︎」

「そうゆうことになるな」

「じゃあ、計画の詳細を話し合いましょうか」

「そうですな」

仁と優樹菜は気味悪く笑っていた


「氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く