氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)

真木 輝

合宿②

教室についた

もう半分くらいが揃っていた

「秋風、おはよう、仁もな」

「秋風、さっきバトルしてただろ」

「しかも、あの風紀委員の潔城さんでしょ?」

「それで、勝ったのか?」

みんなの視線が秋風に集まる

「勝ったけど」

おおー

教室が、ざわめく

「凄いな」

「あの人かなり有名だぜ」

「秋風もついにランクインかよ」

え?

「何だ、ランクインって?」

「えっ、秋風、お前知らないで勝負挑んだのか?」

その後、みんなから、この学校の序列システムについて聞いた

どうやら俺はその潔城とか言う人に勝って
序列16位にランクインしたらしい

「そうだったのか」

本当に知らなかったのだ

ガラッ、教室のドアが開いた

「うるせーぞ、お前ら、早く席につけ」

一瞬にして静かになった

「今から合宿に向かう、全員、アカデミーの航空場まで向かうぞ」

仁が立ち上がった

「先生、行き先はどこですか?」

「WKU本部だ」

「「「「えーーー」」」」

まじかよ、アメリカじゃねぇーか

「言ってなかったか、すまんな」

「合宿は4泊5日だ、気を引き締めて行くように」

「それじゃ、向かうぞ」

その後、航空場に向かった

何なんだ、1クラス一機って

金ありすぎかよ

「秋風〜、早く乗ろうぜ」

「そうだな」

その後、飛行機で何時間かかけて、アメリカに向かった

もちろんみんな寝ていた

「アメリカだーい」

「仁、うるさい、寝起きなんだ」

クラスのみんなが、仁に言う

「へーい」

こいつはなんでいつもこんなテンションなんだ

「合宿所へ行って、荷物を置いた後、ミーティングルームに集合だ、遅れるなよ」

時差ボケがひどい

その後、部屋に向かった

どうやら1部屋6人ずつランダムに分けられているらしい

俺の部屋は、仁、影山、岩田、潮見、風木の6人だ

「着替えて早めに行こうぜ」

「めんどくさいなー」

「本当にそれな」

「なんか、地獄が始まりそうな予感」

みんな個性豊かだな

「早く、行くぞ、お前ら」

「へいへーい」

そのままミーティングルームに向かった

ミーティングルームでは、合宿のスケジュール、ルールなどいろんなことを聞かされた

その後は、各自部屋に戻り明日に備えることになった

「5時起き・・・・・つらいな」

「辛すぎだよ」

「就寝10時・・・・はしゃげないな」

「それな」

「スケジュール・・・・鬼だな」

「本当にな」

「がぁー、もうなんなんだよ」

「明日は早速、固有魔法の使い方の練習とか地獄なのか」

「仁、潮見、愚痴言ってないで寝ようぜ」

「なんで、お前寝れるんだ?時差ボケは?」

「俺飛行機の中で寝てないから」

「ずるいぞ」

「ブーブー」

なんか非難されてるが、まぁ、いいか

「おやすみ」

うるさいので、イヤホンして寝た




「氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く